乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

ルミナールBの晩期再発

[管理番号:6953]

術後から7年半経過し恐怖心が年々薄れてきたところ、最近になって再びものすごく恐怖が襲ってきます。

というのも、田澤先生は、サブタイプは予後を占うものではないとたくさん書かれてますが
なぜ、ルミナールBの乳がんだけ、10年、15年を経てなお、再発転移の不安と隣り合わせなのだろうかという乳腺外科専門医の今年の記事を見つけました。

ホルモン陽性HER2陰性タイプではない乳がんは、術後10年を超えて再発の不安を抱えるということはほぼないが
ルミナールBは、5年目以降も潜在的に再発するリスクを抱えている可能性があり、閉経前でタモキシフェンを服用する場合は10年服用が推奨。

ルミナールAは、必要とされたホルモン治療5年を終えれば、術後10~15年経ってから再発してくる可能性はほとんどない。

という内容です。

ルミナールBは、スピードが速いならもっと早い時期に出てきそうですが、どうして10年もゆっくり経ってから再発するのでしょうか?

再発した場合のがん細胞は、ルミナールBとは限らず、以前の結果と種類が変わったり、違いが出たりするのでしょうか?

田澤先生の回答で
〇実際はステージは正直なものです。

1期は「95%無再発生存」ですが、(逆にいうと)「5%は遠隔転移再発する」のです。

→10年の生存率だとするとこの5%は、ホルモン陽性HER2陰性ルミナールBタイプがほとんどということなのでしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後1年半後の首のリンパ線の腫れ

[管理番号:6952]

術前化学療法6ヶ月後、全摘リンパ郭清手術を1年半前にして、その後半年ハーセプチンをしました。

トリプルポジティブの2B期でしたが術前化学療法で奏功しました。

1ヶ月ほど前、術側の顎の下数センチの首にしこりを発見。
1cmくらいの丸くコリコリ動く痛みのないしこりです。

耳鼻科に行ったところ痛みがないので炎症性ではないと言われました。

(ここ1週間ほど前から首リンパがつまってるような感覚有り)
2ヶ月前に鎖骨周辺のエコーをしてもらっていて異常ありませんでした。
(首はしてもらっていません。)

そこで質問なのですが、首のしこりがガン細胞なら首リンパより先に鎖骨周辺に転移しますよね?
2ヶ月前の鎖骨周辺が異常無しなら首リンパのしこりはガンではないですよね?
ちなみにその時の腫瘍マーカー(CA15-3、CEA)は正常でした。

病院に一応連絡したら1月の予約診察まで様子をみて大丈夫、との事なのですが早めに受診した方が良いのでしょうか?
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がん治療と乳房再建手術について

[管理番号:6951]

昨日、結果を踏まえて治療方針の説明を受けました。
ステージはⅢa、針生検の結果では小葉がんで
あるか悪性リンパ腫も否定できないので、別の検査に出しているため当日にがんの性質が確定できませんでした。
そのため、一般的な乳がん治療と悪性リンパ腫であった場合の治療方法の説明でした。

質問1:乳がんで悪性リンパ腫にかかる確率はどれくらいでしょうか?
質問2:治療方針の説明の中で、ステージⅢaなので手術は全摘。
再建については、Ⅲaでは同時再建が保険適用にならないのでしない。
術後落ち着いてから、乳房を再建したいと思ったら手術すればいいと言われました。
私は再建は是非に思っていたのですが、諦め気味に聞こえた主治医の言葉に言葉を失いました。
再建手術は難しいのでしょうか?
■症状:胸のしこり
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


血乳?

[管理番号:6950]

先月卒乳しました。

まだ絞ると母乳が出るのでパットを当てています。

昨日パットを見てみるとほんの少しだけ茶色のシミ(もしかしたらゴミ
だったのかも知れません)が付着していました。

片方のパットだけで、もしかしたら単孔性かも知れません。

絞ると両方のおっぱいからミルクの出てきました。

茶色のシミ?汚れ?が気になって仕方ありません。

先月エコーで問題ないといわれたはかりです。

①急いで乳腺科に行くべきでしょうか?
単孔性かも知れないことで乳管造影も必要でしょうか?

②しばらく絞ってみて血乳でなけれは様子を見ていて良いでしょうか?
■症状:血乳?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


HER2陽性について AC療法しなくてよいのですか?

[管理番号:6949]

10月(中旬)日右側乳癌全摘出手術
病理結果が出て
非浸潤3cmのなかの
浸潤1・1cm
リンパ節転移なし
血管リンパ菅侵襲なし
ホルモン陰性
HER2+3
タキソール+ハーフセチン1週間に一度を12回
その後ハーフセチン単独3週間に一度を14回といわれました。
■病名:右側浸潤乳癌
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


がん告知されました。骨転移について

[管理番号:6948]

しこりを感じていたため、精密検査、後日電話連絡あり要精密検査。
11/(上旬)にエコーでガンです。
と言われ針生検。

昨日結果を聞きに行きいわれたのは、3cm のしこり、リンパ1cm ステージは2が3 遠隔転移の可能性もあるでした。
(三月頃から、仕事で立ちしごが続いていたとき、足の付け根がいたくなり、今でも時々痛いと伝えた)
検査から二週間で、遠隔転移の可能性といわれ、かなりショックです。

そのあとは仰向きに寝ていても痛いように感じなかなか寝つけません。

やはり骨転移でしょうか。
仕事が立って動き回ることが多いすが、休んだ方が良いでしょうか?
遠方ですがどうしても田澤先生に可能であれば手術をお願いしたく、11/28に予約を取っていただきました。
それまでに何かできることはありますか。
■病名:乳がん
■症状:左胸しこりエコー3cm リンパ1cm
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


フェマーラの副作用

[管理番号:6947]

今回先生にお聞きしたいのは、
①フェマーラの副作用の関節痛はだいたいどれぐらいで落ち着くのでしょうか?
②フェマーラが続けられそうにない患者に対しては、先生はどのような対処対処をしますか。
 また、薬を変更するとすれば何を処方しますか?
③関節痛がひどい場合は整形外科で診てもらったほうがよいのでしょうか?
④乳がん患者(ER+)にとってのエクオール摂取について先生はどうお考えですか?
 エクエルは『大豆から精製されたイソフラボンのサプリメント』なのでしょうか?
■病名:右乳癌
■症状:ホルモン治療による関節痛
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


治療法について

[管理番号:6946]

先月,(中旬)日に左乳房全摘手術+センチネルリンパ節生検を行いました。
16ミリの粘液ガンでリンパ節他にも転移はありませんでした。
そして、病理の結果 ステージ1
grade 1 ER 3b,100% PgR 2,3%
p53 - bcl-2 3+ HER2 2+陽性
でした。
HER2はHER2FISHでの結果です。

主治医からは抗がん剤3ヶ月+ハーセプチン1年の予定で聞きました。

この結果での田澤先生だったら、どのような治療になるか教えて頂きたいです。
■病名:粘液 乳がん
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


マンモでの構築の乱れ(カテゴリー3 )

[管理番号:6945]

10月中旬会社の検診(毎年マンモとエコーを受けています)にて左胸構築の乱れ(マンモ・カテゴリー3 )、要精密検査となり、11月上旬総合病院乳腺外科を受診しました。

そこで技師の方のエコーを受けましたが所見なく、先生が検診のマンモも見て「ひきつれがあるが、そもそも再現性があるのか疑問。ただし変化はあるので3ヶ月後マンモをとりましょう。」となりました。

田澤先生がいつもおっしゃる超早期発見を見逃すことにならないかと心配になっています。
今の段階で生検までの必要はあるんでしょうか?

もう1点、前から疑問に思っていたのですが、非浸潤ガンでも広がりがあり全摘となる場合もあるようですが、広がりがない・シコリを作るタイプとはそもそも別物という理解になるのでしょうか?

広がりがある非浸潤ガンはシコリを作るようになっても広がりはあるままなのでしょうか?
■症状:自覚症状なし
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


右胸の単孔性分泌について

[管理番号:6944]

乳首にぬれたような違和感を感じて確かめたところ、前回と同じ様な分泌があったので軽く摘まんだ所、小さな黄色透明な結晶がとれました。

その後気になって乳首をぎゅっと強めに摘まんで絞ると、ティッシュに漿液がつきました。

何度か乳首を摘まんで分泌を確認したところ、多分一つのところから出ている様に見えました。

今回も左胸からは出ていません。

12日右胸の乳頭を強く摘まむと一、二滴程の分泌は確認できました。

やはり単孔性の様に見えました。

前回と違い今回は生理中なのも気になります。
■症状:右胸の乳頭分泌
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


断端陽性での不安です

[管理番号:6943]

1、外科生検と全摘であわせて5箇所もの浸潤がみつかりました。

外科生検でみつかった浸潤5ミリと
全摘でみつかった浸潤5ミリが実は同一浸潤箇所で実は最大浸潤は10ミリだったと言うことはありますか?
病理で、そういうのはわかるのですか?

2、無治療でよかったのでしょうか?
田澤先生なら、こういうパターンはどう考えますか?

3、5箇所も浸潤してるのは、珍しいですか?
再発が不安で仕方ないです。

予後は最悪なのでしょうか?
子供の成長みれないのでしょうか?
再発率はどのくらいですか?

4、遠隔転移がみつかるとしたら、何年後くらいですか?
■症状:乳ガン
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


放射線治療について

[管理番号:6942]

今年、乳がんと診断され、全摘手術をうけました。
その際、同時再建もおこなった者です。
この度はよろしくお願いいたします。

当初はリンパへの転移がないと診断されていましたが、手術中に3つも見つかってしまい、そのままエキスパンダーも挿入してもらっている状態です。

また、化学療法もその後行い、今年中にめどはつきそうです。
なお、インプラントへの入れ替えは1月を予定しています。

そこで、質問なのですが、私はその後に放射線治療をおこなうべきでしょうか。
再建後の放射線はあまりよくないとは聞きます。
また、リンパへの転移が3つということで、微妙なところなのでしょう、主治医は私次第だとおっしゃいます。
私としては、美しさより命をとりたいとは思っています。
ただ、放射線治療は一生に一度しかできないとも聞きます。

このように、ひとりでは答えが出せない状況です。
ご助言、よろしくお願いいたします。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


授乳中のエコーについて

[管理番号:6941]

現在、7ヶ月の子供がいて授乳中です。
海外に住んでいまして、一時帰国で日本の病院で気になるしこりがあったので、エコーを受けました。
そのしこりは何も問題無いと言われたのですが、右胸の上部内側に気になる部分があると言われました。

表面上はしこりなど何もありません。

右胸にいくつか水疱の様な丸い空洞部分があり、それ自体は問題ないけれど、1箇所その水疱の下に血液が流れている様に見えるので、もしかしたら悪性かもしれないけれど、穿刺吸引細胞診をしないとエコーやマンモグラフィでは解らないと告げられました。

しかし、検査結果が出るまでに海外に戻るので本人が来院しないと無理な為に受けれませんでした。

ただ、念の為に技師のエコー以外に担当医が再度その部分をエコーを撮り、そして他の医者にも画像を確認して頂きました。

その結果、現段階での穿刺吸引細胞診の必要性は低いと言われました。

よって、半年後にまた一時帰国帰国するので、その時まで様子を見ましょうと言われました。

理由として授乳中であるので判断が難しいとの事と、技師と医者の撮ったエコーの見え方違うので、後に撮った医者の画像を見て多分大丈夫だろうとの事。
■病名:わかりません
■症状:エコエーで水疱の様な丸い穴の下にある血液が流れているようなもの
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療について

[管理番号:6940]

術前検査による診断結果は、
組織型:浸潤がん、乳管癌
大きさ:2.8cm
リンパ節転移:なし
ステージ:2A
ホルモン受容体:陽性
HER2:陰性
核グレード:2
ki67:49%

タイプの説明はありませんでしたが、ki67の値が高いので術後、抗がん剤をした方がよいとのことでした。

10月中旬に左乳房乳頭温存乳房全切除と乳房再建手術を受けました。

リンパに転移があった為、腋窩リンパ郭清も行われました。

術後の病理検査の結果は、
組織型:浸潤がん、乳管癌
大きさ:3cm
リンパ節転移:あり(1個/18個)
ステージ:2B
ホルモン受容体 ER:陽性(80%) PgR:陽
性(80%)
HER2:1+
核グレード:3
ki67:25%
今回もタイプは言われませんでした。

今後の治療は、抗がん剤 ドセタキセルを4回?FECを3ヶ月、その後再建手術、放射線治療、ホルモン療法と説明を受けました。

こちらのサイトの「化学療法・抗癌剤」のページに書かれている抗がん剤治療の順番と、私が行う抗がん剤治療の順番が逆だと気付き、これでいいのかと、不安に思ってしまったので、田澤先生にお伺いしたいです。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


DCIS切除マージンについて

[管理番号:6939]

質問
1)術後わざわざ「乳房が小さく仕方ないんです」と言われることの意味はなんでしょうか?
2)マージン2cmは鉄則と思っていましたが、横がとれていれば 縦(高さ)はあまり影響ないのでしょうか?
3)乳房が小さく病巣が胸筋から5mmもない場合は、全摘しても同じだったのでしょうか?
4)DCISに薬剤治療は不要とこちらで勉強しましたが、マージン不足の場合も不要でいいでしょうか?
■病名:非浸潤型乳管癌
■症状:術後で症状はありません
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がん検診の要精密検査MRIについての相談

[管理番号:6938]

今年10月(下旬)日に乳がん検診として、トモシンセシスマンモグラフィー、及び乳房超音波をして参りました。

・トモシンセシスマンモグラフィーの結果
右乳房腫瘤
精密検査として造影MRI検査をお勧めします

・乳房超音波(技師の方による)の結果
右乳房不整低エコー域は精密検査として造影MRI検査をお勧めします

でした。

直ぐに同病院にMRI検査の予約をいたしましたが、こちらのサイトを拝見させていただき、MRIは【手術の際の広がり診断目的】だということがわかりました。

その為、医師によるエコーをしていただきたいと病院に問い合わせてみました。
しかし、先ずはMRI検査を受けるよう言われ、不安になっております。

医師とはMRI検査の結果が出ないとお会い出来ないようです。

MRI検査はキャンセルし、医師がエコーをしてくださる病院を探した方が良いでしょうか?
また、その中から何を基準に病院を選べば良いのか分からず途方に暮れております。

出来る事ならば、田澤先生に診察していただきたいのですがお願い出来ますでしょうか。
■症状:特にありません。自分ではしこりも認識できません。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


悩んでいます

[管理番号:6937]

主治医からは早期とは言われておりますがステージ2になる事にとても不安です。
完治はできますか?また検査結果の用紙をもらっておらず本
当にルミナルAなのか正確には何センチの広がりだったのかが分かりません。

CT MRIなどからもリンパへの転移は見られていないようですが、転移の可能性はありますか?
主治医からは温存では取り切らなければまた手術があるし再建は異物を入れるから薦めない。
どれにしてもいいけど全摘が確実に再発しないからと言われています。
田澤先生は2センチの腫瘍なら温存可能と書かれていたと思うのですが私も温存できるとしたら再発の危険はぬぐえないですか?
先生でしたらどの方法がよいと思いますか?

(中旬)日までに決めなければならずもうどうしたらよいか分かりません。
主治医は時間に追われているようでゆっくり話せずお任せしていいのかどうか悩み エコーも違う方がされてるのでますます心配で 不安から色々調べたどり着いた田澤先生に診ていただきたいと強く思っております。

先生に手術をお願いできますか?
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


不妊治療中です。凍結胚移植をする前に、田澤先生にマンモトーム生検して頂く事は可能でしょうか?

[管理番号:6936]

本来なら、
この大学病院にもう一度マンモトーム生検をお願いするのが筋なのかもしれませんが、
この大学病院のドクターは、マンモトーム生検で取る自信がないから、
こういう言い方をしたのではないかと思えてきて、
この病院で生検をしてもらうのを躊躇してしまいます。

(私の石灰化の範囲も小さくて、本当に難しいのかもしれません。)

田澤先生のQ&Aの文章の中で、
『マンモで写っている以上、取れない石灰化は無い』というのを読み、(管理番号:2912マンモトーム検査で採取不可」のQ&A)
ぜひ先生にお願いしたいと思いました。

39歳なので、不妊治療をするなら、できる治療の回数が本当に限られていて、焦っています。

江戸川病院でも、市川の方の病院でも、
いつでもどちらでも伺います。

よろしくお願い致します。
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳輪の毛穴

[管理番号:6935]

乳輪に毛穴があり、たまに長く太い毛が生えてきます。

あまり刺激すると、乳癌になると何かのサイトでみて根元で切るようにしてましたが、やはり抜かないとニキビのようになってしまいます。

抜いても乳癌の原因にならないでしょうか?
また、ニキビのようになった時オロナインをぬると直ぐに治るので塗ってますが大丈夫でしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


オンコタイプDXの結果について

[管理番号:6934]

・先生に質問です。

①田澤先生は中間リスクは化学療法は行わないでよいとおっしゃっていましたが、28というスコアですが化学療法はなしでいきますか?

②オンコタイプDXは腫瘍の大きさは無関係で、細胞の性質のみでの判定ということですが、主治医からは私の場合、腫瘍0.7×0.6cmだと%はもう少し低くなるのではないかと言われました。
田澤先生はどのように思われますか?

③タモキシフェン単独の場合(閉経前)、ホルモン受容体が弱陽性ですが、効果は充分にありますか?

・「管理番号6073オンコタイプDX」の方が私とよく似ているタイプでオンコタイプDXのスコアが高リスク31だったとあり、化学療法を上乗せすることしたとありました。

高31と中28での化学療法するかしないかの決断が大きいなと思っています。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


肺転移疑いと今後の対応について

[管理番号:6933]

現在50歳、2014年12月に左乳房浸潤乳がん確定診断、2015年2月左乳房全摘、SNB
陰性、リンパ節郭清なし、腫瘍の大きさ2.8cm、ER陽性、HER2FISH法で陰性、
ki67約20%で抗がん剤はやってもやらなくてもよいということでホルモン単独治療を選択、リュープリンとタモキシフェン投与を続けていました。

途中薬剤影響と思われる肝機能悪化などもありましたが、特に体調変化もなく、3年経過した今年3月でリュープリンを止めましたが、その頃から年3~4回行っている血液検査で腫瘍マーカーCEAが5前後だったのが7.5→9.0→11と上がってきたので(CA15-3は現在も12~14でほぼ変化なし)、10月にCTを撮ったところ、「左腋窩リンパ節」と「右肺」にそれぞれ腫瘍影があり、同時期に人間ドックで乳腺エコーで同様に左腋窩リンパ節に腫瘍影が見つかりました。

エコーと健側マンモは毎年周年検査で行っており、今年2月のエコーでも腋窩リンパ節には何も写っておらず、主治医も驚いています。

PETCTを撮ったところ、やはりこの2箇所に高度集積があり、それ以外の場所にはみられませんでした。

肺腫瘍については現在呼吸器科で気管支鏡で生検を行い結果待ちとなっています。

主治医にも呼吸器科の先生にも、乳癌の転移巣として原発巣とは反対側である右肺の、しかも肺門部に単発での出現は典型所見ではなく、ちょっと考えにくいので肺原発かもしれない、とは言われています。
肺の腫瘍は画像だと1.6cmで、肺癌だった場合は早期となり根治を目指した切除適用とのことです。

主治医からは乳癌の肺転移だった場合はリンパ節再発部分も手術せずに化学療法と言われました。
■症状:現在特になし
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


低エコー腫瘤とマンモトーム生検瘢痕について

[管理番号:6932]

以前こちらで質問をさせて頂き、昨年10月に左胸をマンモトーム生検して頂きました。

(ID:39〇〇〇3 乳腺線維腺腫)
その節は大変お世話になり、ありがとうざいました。

今年10月、職場で健診があり判定が「低エコー腫瘤 要精密検査」とありました。

その判定が左胸か右胸か記載されていないので不明ですが、左胸とした場合、
低エコー腫瘤と生検の痕は別物として判定されているのでしょうか?
生検の痕が低エコー腫瘤として判定されることはあり得ますか?

ご相談なのですが、田澤先生に健診時の画像を見て頂くことはできますか?
(画像を依頼中です。)市川の方で予約を入れてもよろしいでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


オンコの判定結果

[管理番号:6931]

1)以下のような過去のご教示から、化学療法適用は上乗せ5%という数字をどう判断するかということ
  だと思いますが、田澤先生でしたら適用をおすすめになりますでしょうか。

  
   ・再発スコア0~25までの50歳を超えるすべての女性はベネフィットはない。
(TAILOR)
     **スコア25は丁度線引き値ですので、気になっています。

   ・スコア18~30の中間リスクには確かな利益がない。

   ・中間リスクでは、高リスクに近い値でも無関係で、上乗せはほとんどない。

   ・オンコで低、中間リスクとなれば、化学療法上乗せ効果がないのでルミナ―ルAとなる。

     **「上乗せ効果がない」と判断されるのは、何パーセント以下?

2)ルミナ―ルAかBの判定「増殖能力が高い」は、オンコの結果情報からはどのように判断されるのでしょうか。

  再発スコアがいくつ以上、例えば、31ないしは、26以上はルミナ―ルBとなるのでしょうか。

  あるいは上乗せ効果が何パーセント以上(=抗がん剤は増殖性への発揮能力が高い)だとルミナ―ルB?

3)結局オンコでもA、B判定にグレーゾーンが存在し、化学療法の要否が明確でない場合は、5%の上乗せで判断することになりますが、その際核分裂グレード3を意識してしまうのは間違いでしょうか。

    
4)10年遠隔発生率で、「予後予測のタモ単独:16%」と「化学療法の効果予測タモ単独:12%」は
  なぜ同一数値にならないのでしょうか? 
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左胸の1ヶ所だけ

[管理番号:6930]

先日、お風呂あがりに自己チェックで左胸を触ると1ヶ所だけ?痛く感じる所がありました。
しこりは、ないように思います。
全体ではなく1ヶ所だけなので心配になりました。

数ヶ月前にも自己チェックをしたさいに、たしかその同じ所が痛かったです。
その時は数日で痛みはおさまったので、気にしなかったのですが。

今回も同じ所だったので気になってしまいました。

ホルモンの関係でしょうか?
1ヶ所だけ痛くなることもあるのでしょうか?
年1回乳がん検診はしてますが、乳腺外科に受診したほうがいいですか?
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療は必要でしょうか

[管理番号:6929]

抗がん剤治療が必要かどうか、悩んでいます。

10/(上旬)に全摘出手術を受けました。
再建希望なので現在テッシュエキスパンダーを入れています。

術後の病理検査の結果が約1ヶ月後に出ました。

浸潤性乳癌癌
54mm
ER J score 3b(50%≦P) 、allred score 8 (PS5+IS3)
PgR J score 3b(50%≦P)、allred score 8 (PS5+IS3)
HER2 0
グレード TF3、AT2、MI 1 HG2
ki67 LI=39.9% high (30%≦LI)
リンパ節転移 pN0(sn) (0/3)
ly + 、v +

ERとPgRともに陽性が高いとなっていますが、ki67も高値と判定されました。

抗がん剤治療は必要でしょうか。

また抗がん剤治療は効果は見込めそうでしょうか。

抗がん剤治療が逆効果になることはありますでしょうか。
■病名:浸潤性乳癌癌
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


母の乳がんHER2強陽性 ステージ3 手術先行

[管理番号:6928]

ご質問
■ 2018/10/24の時(MRIなどをする前)にはステージ3ではないかと言われていましたが、田澤先生のホームページに掲載されているステージ分類(https://nyuugan.jp/question/stage/)を拝見いたしますと、ステージ2ではないかと思えます。
腫瘍の大きさやリンパ転移の他にステージを決定する要素はありますか?
■ 温存でも良いと言われましたが全摘にすることにしました。
ここでも同じ疑問なのですが、乳がんのガイドラインを見てみますと、
(https://jbcs.gr.jp/guidline/p2016/guidline/g4/q19/)、温存は基本的にステージ2までの方に適応となっています。
それを考えますと、ステージ3なのに温存でも良いという判断は何を意味するのでしょうか。
ステージ3で温存可能なのはどんな場合でしょうか。
■HER2タイプ乳がん
<女性:65歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


化生癌と言われました妻の初期治療に関して

[管理番号:6927]

昨年も検診を受診しておりましたが、そのときは問題なし。
1年後の今年の検診で明らかな異常を感じていたようで、現在の発見時は4~5cmの大きな癌となっています。
先週の私のわかる範囲での情報は、化生癌であるということ、術前化学療法をやるということ、抗がん剤はパクリタキサンと書いてありました。
毎週投与の予定です。

妻の状態は白血球の数値が貧血気味ということでした。
ここは監視中だそうです。

リンパ節への微小転移の疑いがあること、その他臓器、骨への転移はなさそうだと言うこと・・・。

当初、妻からの情報で通常の乳がんに関して調べていたこととは違った結果を先週教えてもらったばかりで、このサイトにたどり着きました。
1週間ほど化生癌について調べているのですが、手術を急いでいない状態が不安でたまりません。

おとといが2回目の診察と抗がん剤治療の日でしたので、今一度、先生に質問をしてみました(私が質問している先生は主治医の診察ではありません=初回に妻に診察をしただけで、その後は非常勤の先生でした)
まずは、こんなに一気に大きくなっているので、手術先行には出来ないのか?ということと、リンパ節転移は理解したので、その他への転移は原発癌の進行度の速さが目立つので、抗がん剤をやっている間に転移の可能性はないのか?という2点を重点的に質問してみました。
タイプも聞いてみましたが、私の少しの情報通り?トリプルネガティブということでした。

2回目の質問で、来週の3回目の抗がん剤治療の後に、エコーを追加してくれましたが、手術を先行するには抗がん剤も途中で一旦やめることになるのと、手術予定が立て込んでいて、そこまでの緊急性は今のところないと思われるので状況観察をしませんか?ということで帰ってきたところです。
セカンドオピニオンを受けられるほどの情報もまだそろっていない少ない情報しかないのですが、田澤先生の見解をご教授いただけたらと思い相談させていただきました。
まずは、手術先行ではないのか?ということと
術前化学療法でのパクリタキサンの毎週投与と言うのはいかがなのか?に関して、質問となります。
■病名:乳癌、化生癌
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後一年で骨転移の疑い

[管理番号:6926]

先月、術後一年目で初めてマンモグラフィ、エコー、CT、血液検査を受けました。
その結果、CTで肋骨の一部で変形・硬化が見つかり、一年前には見られなかったので骨折したのでなければ骨転移の可能性ありと所見に書かれていました。
その他は問題なく、骨転移を示す腫瘍マーカーも正常範囲内でした。
しこりの大きさ1センチのステージ1で念のために受けたオンコタイプDXでも低リスクのルミナルAだったので主治医も驚いていました。
骨折した記憶はないと伝えたところ、骨シンチを受けることになりました。

その後で、今年の春に咳喘息で咳が続いていたとき、呼吸器内科の医師に咳で肋骨が骨折することがよくあると言われていたのを思い出しました。
本サイトや知人・友人からも肋骨は折れやすいものと知り、希望が持てております。
ただ、当時は咳をすると背中の片側(最初は左側で、数週間後に右側)がひどく痛み、自宅にいた時は痛みを和らげるために咳をする前に布団の上で横になっていたぐらいです。
ですが、それぞれ一週間ぐらいで痛みはおさまりましたし、この痛みのあった場所とCTで指摘された場所(脇腹の肋骨)とは異なります。
バランスを崩して自転車から落ちたこともありますが、肋骨を痛めた覚えはありません。
このような場合、骨転移の確率は高いのでしょうか。
■病名:乳がん
■症状:術後で症状はありません
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


右胸乳頭からの分泌物(赤茶~赤黒)

[管理番号:6925]

海外居住で現地の医療が信用出来ないため、少し助言をいただけますと大変助かります。

現在右胸からの分泌物に悩まされています。

色は赤黒~赤褐色で、血のように見えます。

下着や服の裏に付着していたことから気付きました。

出ている部分は一箇所のみで、つまんでも出てくる状態です。

しこりは今のところ確認できません。

脇の下あたりに違和感と痺れがある気がします(が気にしすぎかもしれません)

先日出血を確認してから一ヶ月が経ちました。

日が経つにつれて出血量が増えています。
特にここ数日前から決して少量とは
言えない量が服の裏に毎日付着するようになり、とても不安に思っています。

現地の病院で診てもらったものの、エコーのみの検査で異常は見られなかったからと言われ帰されてしまいました。

マンモグラフィも撮ってほしいと頼みましたが「エコーで見れば十分です」と断られ、
不信感でいっぱいです。
■症状:乳頭分泌(血性)
<女性:26歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸椎転移の今後の治療

[管理番号:6924]

2017年3月に第3子妊娠中の乳がんが判明し2017年5月に出産、左乳房切除術を受けました。

術前のCT検査では遠隔転移はありませんでした。

術後病理結果は
ホルモン陰性、HER2(3+)
浸潤部23×16×20mm
硬癌、NG(3)、HG(3)
センチネル2/7(2mm、0.5mm)
でセンチネルリンパ節生検のみでした。

術後治療はFEC×4、ドセタキセル+ハーセプチン×4、ハーセプチン×13を2017年7月から行い2018年9月までおこないました。

先月2018年10月に肋骨と背中が痛み自宅近くの整形外科に行ったところ胸椎が圧迫骨折しており、脊柱に複数骨転移していることが判明しました。
臓器には転移しておりません。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がん治療について

[管理番号:6923]

子宮筋腫で婦人科に受診の為 病院通いを始め、 ある時胸を触って しこりを発見し、乳腺外科を受診した所、 乳がんの疑いあり、後日 エコーマンモトームの結果 間違いなく 乳がんであると告知されました。

どうしていいか わからず ネットで乳がんを調べているうちに 先生のサイトを見つけました。

全く乳がんに知識がなく 主治医に手術で乳房ごと取るか 温存するかどうしますかと聞かれパニックです。
温存でもいいかと思いますが全部取る方もいますと言われました。

乳がんについて心構えというか 主治医にこれだけは聞いた方がいい事とかありますか?
■病名:乳がん
■症状:右胸上部に 硬いしこりあり
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺炎と乳がんの違いとは

[管理番号:6922]

つい最近断乳をし、胸の張りがすごいので母乳外来へ駆け込んだところ、マッサージを続ける内に、一部乳腺炎になっていると言われました。
(胸全体がはっていたので自分では気づきませんでした、熱などもなかったです)それは3ヶ月前から気になっていたしこりの部分でした。

マッサージをしてもしこりはとれず、膿のようなものが出ます。

たしかに、マッサージ後に触れると硬く大きなしこりです。
胸の4分の1を占めそうなほどそこだけカチカチです。
しこりは取りきれませんでした。
これは、3ヶ月前から少し詰まっていたものが今回の断乳をきっか
けにさらに詰まり大きくなった、ただの乳詰まりの炎症で良いのでしょうか?
長時間マッサージしてもしこりがとれないなんてただの乳詰まりでもあることですか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左胸乳癌

[管理番号:6921]

質問させていただきたい事は、

①10年前から毎年マンモとエコーの両方を定期検診してて、6cmのシコリになるまでわからない乳がんもあるのでしょうか?検診結果はクリニックの先生以外にも他機関の先生も診られて結果がきてました。
先生が触診も毎回しておりました。

② 全摘の為、乳房再建をどうするのか担当医から言われましたが、リスクとして感染もあると言われました。
治療を最優先したいと思っている
ので何ケ月後か何年後かに再建でも良いのかとも思っています。
後で再建の場合はどれぐらいあけた方が身体への負担は少ないでしょうか?

③手術まで乳がんとだけの告知で他に何も言われないのですが、手術して病理に出してからでないと進行具合などわからないものなのでしょうか?
検査は針生検で告知。
pet、MRIをしてます。
全摘した後に全摘じゃなくてもよい大きさだった場合もあるのでしょうか?

④定期健診が9月にしており、手術予定が11月下旬です。
9月に告知されてから2ケ月以上手術まであるのですが今転移してなくても進行して転移しないものなのでしょうか?
10月に受けたpetでは転移の指摘はされてません。
またリンパも腫れてはいないと言われましたが痛みがあるため不安で仕方ないです。
■病名:左胸乳癌
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


アポクリン癌の抗がん剤治療について

[管理番号:6920]

質問です。

① 浸潤径が20mmを越えると思われるのにマンモトーム生検で浸潤癌が取れないというのはよくあることなのですか?
マンモトーム生検でも非浸潤しか取れなかったため非浸潤の可能性があるといわれていたのですが、アポクリン癌=浸潤癌とのことで、突然20mmを越える浸潤癌と言われて困惑しています。

非浸潤しか取れてないというマンモトーム生検でアポクリン癌と言われたのですが、
アポクリン癌=浸潤癌というのはどういうことでしょうか?

② ki-67の値は出されていません。
担当医からはki-67はルミナールタイプの予後因子にはなるが、トリプルネガティブの予後因子とはならない。
と言われましたがそうなのですか?

③ 私のようなトリプルネガティブのアポクリン癌でリンパ節転移がなく、ki-67が低かった場合でも、浸潤径が20mmというのはやはり抗がん剤をするべきでしょうか?
■症状:アポクリン癌
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がんの可能性

[管理番号:6919]

21歳主婦です。

私は現在、妊娠中で26周目です。

先日、右胸にしこりがあるのがわかり乳腺外科に行きました。

そこで、触診と超音波検査を行いました。

結果はBI-RADS 4Cと診断されました。

このしこりは痛みもあります。

質問なんですが、やはり乳がんなのでしょうか。
良性の可能性もまだありますでしょうか?
今は細胞診の結果待ちです。

不安で不安でしかたありません。
最悪のことばかり考えてしまいます。

もし癌の場合、妊娠中でも完治に向けて治療できますでしょうか?
■症状:右胸なしこり たまに痛みあり
<女性:21歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳管内乳頭癌の疑い

[管理番号:6918]

右の乳頭近くに半年ほど前からしこりができています。

半年前の定期診断時は、大きさもまだ小さく、もともと線維腺腫がすぐそばにあったため、こちらも良性の乳管内乳頭腫だろうとのことでした。

最近、同じ病院で検診を行なった結果、マンモグラフィーと超音波で腫瘍が1.2cmに増大していることがわかり、細胞診を行いました。

その結果がつい先日出たのですが、結果がクラス3bで、乳管内乳頭癌などの悪性を否定できないとのことでした。

さらに正確な結果を得るためにその場で針生検を行い、結果が2週間後に出る予定です。

細胞診のコメントには「核腫大した上皮性の異型細胞が大小の細胞集塊および孤立散在性に多数見られる」「大型の細胞集塊内には筋上細胞が見られるが、小型のものはそれが不明瞭」「悪性細胞所見にはやや乏しいが、悪性を否定できない」とありました。

異型細胞があるという時点で癌である可能性が高いと解釈するべきでしょうか?
■症状:右胸乳頭付近のしこり
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳管内乳頭腫 血性 分泌 多孔性

[管理番号:6917]

多孔性ですが1つより茶色の分泌があります。

拡大している乳管の中に5mmほどの腫瘤があると言われています。

現在MRIの結果待ちですが、心配でたまりません。

MRIではっきりしたことがわからなかった場合、生検えお受けた方がいいんでしょうか?主治医は乳管切除してみないとはっきりしたことはわからないと仰っていました。
本当にそうなのでしょうか?
またそこの病院は乳管造影を行なっていません。
行なっている病院に転院すべきでしょうか?
■病名:乳管内乳頭腫の疑い
■症状:血性分泌  腫瘍
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


肝臓転移 抗がん剤の治療継続判断について

[管理番号:6916]

昨年の4月乳房よりかなり体の中央にしこりを感じ(マンモグラフィーの挟めない位置)最初に検査した病院は乳腺外科ではありませんでしたが、5mmの大きさで、そんなに硬くなかったので、線維線種と診断されました。

今年の2月にかなり大きくなってきて、不安に感じて再検査、しこり部分がかなり硬く、大きくいびつな形になっていたので、乳腺外科へ紹介状を書いてもらい現在治療中の病院へ。

今年の3月に乳癌と診断され、CTの結果、肝臓にも転移疑いとの状態で
4月から薬物治療に入りました。

針生研結果:
浸潤性乳癌 径21mm
ホルモン 陽性
ハーツー 陽性
Ki-67 70%
ステージⅣ
ルミナルハーツータイプ

肝臓転移 14mm(場所 肝臓上部 肋骨の一番下の骨の裏あたり)

4月からFEC4回

7月造影CT検査:
肝臓、原発ともに薄くなってきているとの説明あり
(この時どのくらい小さくなっているのかは確認しませんでした。)

続けて
8月からドセタキセル+ハーセプチン 4回

10月造影CT検査:
肝臓は転移ではないかもしれない(肝臓7月と変化なし13mm)
原発はかなり小さくなってきている
(画像を見せていただいたら、確かに最初の映像の1/4ぐらいになっていました)
このまま抗がん剤が効いたら見えなくなってしまい、来年の2月検査の造影CTでなくなっていたら、手術は不可能かもしれない。
との事でした。
■病名:浸潤性乳癌
■症状:左乳房上部にしこり
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブについて

[管理番号:6915]

私は左乳癌・副乳癌と診断され、現在化学療法中です。
タイプはトリプルネガティブ、ステージ3cです。

断乳したため、検査に行こうと軽い気持ちで行ったら、まさかの乳癌。
しかも早期じゃなく、3cという事実に死の恐怖を感じました。
1年半前に行った検査では異常なかったのに、測定も出来ない程大きくなるものなのですね。
早いうちに乳ガンプラザの存在を知っていれば、授乳中でもエコーしていたのにと後悔してもしきれません。

断乳前に副乳辺りが腫れ、痛みがありました。
私はてっきり副乳によるものだと思っていましたが、癌によるものだったのでしょうか?
オンコタイプの検査は化学療法以外に治療がないトリプルネガティブではする意味はないですか?生存率が知りたいと思っていますが、3cだからショックを受ける結果になりますかね?
トリプルネガティブは3年以内の再発が多いと聞きます。
3年過ぎたら、再発率は下がるのでしょうか?下がるのであれば、どれくらい下がりますか?
■病名:乳癌
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルポジティブ

[管理番号:6914]

9月中旬に右乳がんの手術を受けた者です。

病理の結果
浸潤がん(硬がん)ステージ1
15㎜
リンパ節転移なし
ホルモン受容体 95%
グレード2
HER2 2+ fish 2.0
ki67 9後半

詳しい結果は貰っておらず担当医のパソコン画面を見たものです。

これにより抗がん剤は
EC療法→ウィークリーパクリタキセル+ハーセプチンを勧められています。

悩んでいたところウィークリーパクリタキセル+ハーセプチンでもいいとのことですが、私がかかっている病院ではまだいないとのこと。

6か月と3か月とではどのくらい上乗せがありますか?

あと術前ではHER2はないと言われていたのですが、術後に
陽性とでました、ただギリギリの値なのでオンコタイプ受けてもいいと思われますか?
ただグレードは2です。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳癌への不安

[管理番号:6913]

私は乳癌が怖くてたまらなく、頻繁に検査に行ってしまっています。

現在、もうすぐ二歳になる第三子に授乳中です。

8/(下旬)マンモ、エコー 問題なし〔乳腺外科にて〕
9/(中旬) エコー問題なし 〔婦人科の乳腺エコーにて〕
9/(下旬) エコー問題なし 〔乳腺外科にて〕
10/(中旬) エコー問題なし 〔婦人科の乳腺エコーにて〕以上が今までの経緯です。
お叱りを受けるかもしれませんが・・。

自己検診をすると、不安になります。

今も自己検診をしてしまい、左胸の下辺りを押すとしこりがある気がして不安です。

また検査をしに行った方が良いでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳頭分泌なのですか?

[管理番号:6912]

私は5年前に集団検診のエコーで、右胸に5ミリのしこりが見つかり、病院でマンモグラフィとエコーをして、経過観察の後、良性だという診断をされました。

今年の8月初旬頃に、右胸の乳頭に濃い黄色の膜のようなものがくっついていました。

私は右胸乳頭が昔から陥没しており、このようなことは初めてでしたが
猛暑であるということ、自分の汗が異様に濃い体質だということもあり汗でもたまってしまったのかと思い、気に留めませんでした。

この膜は、汚いたとえですが、鼻くそのような粘性があるものが固まったものだと勝手に解釈しました。

その後、再び上記のようなことがあり、「おかしいな」とは思いました。

この黄色の膜は、二回あっただけで、それ以降はありません。

それから8月の中旬に、右胸に新たなしこりがあるような気がして5年前に診ていただいていた病院へ行きました。

マンモグラフィとエコーの結果、新たなしこりはなく、5年前のしこりも大きさが
まったく変わっていないということで医師から一年後にまた定期検査に来てくださいと言われました。

私はその時、しこりのことで頭がいっぱいで、乳頭についた黄色の膜のこと忘れており医師にはそれを伝えていません(問診票などにも書きませんでした)

ですが、検査から数週間経過した後、例の黄色の膜はなんだったのだろう?
そう思うようになりました。
■症状:乳頭分泌
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


良性のしこりについて

[管理番号:6911]

①私のように多発する場合、もしくは毎年増える場合どのように検査していくのがいいのでしょうか?(半年に1回エコー、もしくは1年に1回のエコー、適切な感覚を教えていただきたいです。健診だけでいいのでしょうか…)

②しこりが多発するからこそ、技師さんのエコーよりもお医者さんにきちんと診ていただきたいのですが、そういう病院を探すべきでしょうか?
ぜひ田澤先生に診ていただきたいですが遠方のため伺うことができません。
愛知県で探しています、どのような病院、医師を探すべきでしょうか?

③特に針生検をしていない、1センチ以下のしこりが私が把握してるだけで3つ以上はありそうなのですが、ここの病院では、大きくなればやるけどねー、という方針のようです。
病院によるのでしょうか? しこりがあることがわかっているのに、そんな放置でいいのでしょうか?
もちろん形とかエコーで見てるし、大きくなればやるから、と言われていますがエコーだけの診断を信用していいのでしょうか?

④現在妊娠中ですが、エコーでの検査や、判断は非妊娠時 同様きちんとできるものなのでしょうか?次回は授乳が落ち着いた頃に来るよう言われましたが 1年以上間があくのも心配です。
■病名:腺維腺腫
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後化学療法後の肺転移について

[管理番号:6910]

術前検査骨シンチ、CT、乳房MRI、心エコーを受けて遠隔転移なしでした。
5月下旬に左胸全摘手術を終え、 TC療法4回後ホルモン療法と言われました。

TC療法3回目辺りから喉、胸のつかえ感がありました。
主治医の先生はおそらく抗がん剤の副作用だろうとの事で、今はつかえ感もきにならなくなりました。
TC療法を9月(上旬)日に4回目を終えて、三週間後にCTで問題なければホルモン療法と言われたのですが、CT検査で肺に何個か1ミリの白いものが気になると言われ、PET検査を受けました。
結果、何も写っておらず、1ミリだから写ってないだけなのか抗がん剤の影響という事もあるので、11月(下旬)日に再度CT検査をします。

術前でのCT検査では問題なかったのにしかも抗がん剤治療中に肺転移するものなのでしょうか?
毎日不安で不安で子供もまだ小さく、これからどうなるのだろうと気が気ではありません。

来月のCT検査も考えるだけで怖くて仕方ありません。

TC療法4回目が終わって、今では脱毛した髪も生え始め、辛い足の浮腫みもだいぶ軽減され、治療頑張り抜いたと思った矢先に肺転移してたらと考えただけで眠れません。

全摘決断して、術前化学療法を勧められてましたが、田澤先生のサイトで、田澤先生のコメントを拝見してましたので、手術先行で全摘の気持ちが強い事を主治医の先生に伝えました。

術後4ヶ月、抗がん剤治療中に転移するものでしょうか?
納得がいかず毎日気が気でなく、田澤先生のご意見をお聞きしたいと思い質問させて頂きました。
■病名:乳がん
■症状:術後化学療法後、症状なし
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ようやく乳がんと診断されましたが

[管理番号:6909]

今思えば触診もなく、現在乳頭分泌がありますが、その事にも触れていません。
1年前受診した時にもありました。
単孔黄色透明で強く絞ると毎回出ます。
田澤先生がQ&Aでもおっしゃってる単孔継続的な分泌なのに、乳管造影はしていません。
この1年間無駄な時間を過ごしてしまったのでは無いかと不安です。
このような事から、一刻も早く田澤先生にお願いしたいと願うようになりました。
今回受けた造影剤のCT等では異常がなく、初期との事です。
今後の事もまだ
何も分からない状態ですが、田澤先生に再検査をお願いする事は可能でしょうか?
主治医からは、今すぐ手術が可能で、私が責任を持って担当します。
ともおっしゃっていただきましたが、他で、セカンドオピニオンしたい旨を話しました。
早く取ってしまった方がいいですよ。
と言われていますので、時間的にも心配です。
■病名:乳がん
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


手術側の赤い湿疹について

[管理番号:6908]

9月6日の受診時には何も異常はなかったのですが、昨日(10/29)着替えをしていて術側の胸の真ん中寄りに赤い湿疹を2個見つけました。
下着に擦れて赤くなったのかと思っていましたが、時間が経つにつれて表面がブツブツした感じに盛り上がってきて(水疱のようなものもできています)今日になって3個目もうっすら赤くなってきました。
手術した左胸の上部に向かってアーチ形にできています。
これは皮膚再発でしょうか?短時間に増えてきたのでとても心配です。
ヒリヒリして押すと少し痛みを感じます。
ちなみに背中の左側にも赤い湿疹が10個以上ありジクジクしてきています。

次回の受診日は12/6なのですが、それより前に診て頂くことは可能でしょうか?
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


母乳育児と乳癌について

[管理番号:6907]

こちらのQ&Aにて、授乳は乳癌の予防になる、
それも長い期間のほうが効果的との回答をみて、できるだけ長い期間母乳がでるよう努力していますが軌道にのらず焦っています。

正確なデータはないのかもしれませんが、授乳期間はどのくらいが乳癌発生の予防に繋がるのでしょうか?
半年、それとも一年?

乳癌はエルトロゲンというホルモンが影響していると思うのですが、
母乳が出ている間はそのホルモンが減少したままいるので予防に効果的なのでしょうか?

母乳期間での差があまりないのなら、ある程度で割り切り完全ミルクでの育児に切り替えようとも思うのですが、
まだ踏ん切りがつきません。
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブの治療について

[管理番号:6906]

質問:
1. 上記の検査はすべて必要でしょうか? 放射線をあてる必要もありますか?

2.トリプルネガティブなので抗がん剤のみと思いますが、病理検査の結果から田澤先生がご選択なさる化学治療について教えてください。

3.ホルモンはERがほんの少しでてますが、私の場合、ホルモン治療をしても上乗せは期待できないのでしょうか?

4. 腫瘍外科医との初診の触診では6-8cmあるようだと言われましたが、私のステージは2Aになるのでしょうか?
■病名:乳がん
■症状:トリプルネガティブ、腫瘍、4.1センチ
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


温存手術後放射線治療の省略

[管理番号:6905]

術後の治療として主治医からはリュープリンの皮下注射を1ヵ月毎とタモキシフェンの服用を2年間と言われました。

注射はその日に1回目を行い、タモキシフェンも処方されて毎日朝に服用しています。

質問なのですが、温存手術の後は放射線治療をしなければならないと思っていたのですが、やらなくてもよいのでしょうか?
■症状:左乳癌
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


浸潤性乳癌早期の化学療法について

[管理番号:6904]

質問なのですが、
①私の状況でタイプも何も分かってない状況で本当に抗がん剤は必要ないのでしょうか。

②1年4ヶ月で8㎜の大きさは進行が早いのでしょうか。

③エコーで7×8㎜のものが、手術をして組織を取ったら1cmを越えていたという事はよくある事でしょうか?

④エコーで見える腫瘍の大きさが手術後の組織検査をした時の浸潤径と同じくらいと考えてよいのでしょうか?

⑤もし、手術後に腫瘍の大きさが1cm以内だった場合、トリプルネガティブや抗がん剤が効く型であれば先生でしたら、抗がん剤を勧められますか?
■病名:浸潤性乳癌
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。