乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

マンモトーム生検をするべきか 悩んでいます

[管理番号:7276]

5年4ヶ月前に卵巣癌の手術を受けました。

以前から右胸に石灰化が微小あり昨年先生からマンモトーム生検を勧められ昨年6月に予約していましたがましたが説明を受けているうちに 怖くてキャンセルしてしまいました。

6ヶ月後にまたマンモグラフィを受けるように言われ 昨年12月にマンモグラフィと胸のMRIを受けたところ 少し増えているように思えると言われました。

増えているかどうかは はっきりとわかりませんでした。

これが何だかはっきりとするために マンモトーム生検を受けて安心したらどうですか
と言われています。
■症状:ペンでついたような点々で いびつな形ではないようです。
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパへの転移について

[管理番号:7275]

リンパ節への転移について教えてください。

昨年に乳がんと診断され、全摘手術を終えました。
初めはリンパ節への転移がないと言われていたのに、手術後の病理結果では多数見つかりました。
MRIもCTも、エコーもしていたのに。
このようなことはよくあるのでしょうか。
また、浸潤径が2~3センチくらいで、転移が多数、そして、浸襲もかなり高度だと言われました。
これはなぜでしょうか。
あと、ルミナールAということで、田澤先生は抗がん剤をすすめられないと思いますが、手術とホルモン療法だけでおさえられるものでしょうか。
また、乳房から脇までのリンパ管の癌細胞は、手術のみでとりきれるものでしょうか。
ちなみに、核グレードは3です。
元気な癌だと思います。
ぜひお聞きしたいです。

このような結果で、前向きに捉えたいとは思いつつ、なかなか気持ちがついてきません。
■病名:乳癌
■症状:リンパ節への転移
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳房全摘後の取り残しについて

[管理番号:7274]

先生に伺いたいのは
・このエコーの際のやりとりからすると、まだ乳腺が残っていると考えるべきでしょうか?
残っているとしたら、私の場合(術後約3年経過・再建済み)今後はどのような検査と治療が必要だと考えられますか
・エコーで明確に乳腺が確認できるのであれば、全摘ではなく温存手術の扱いと同等として放射線治療が必要となるのでしょうか
・次回診療予約は9月なのですが、それまで待っていて良いのでしょうか?それとも至急、再度受診すべきでしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ホルモン治療について

[管理番号:7273]

(手術日) 2018年12月(下旬)日
(術式 ) 左乳房切除術(再建なし)
センチネルリンパ節生検(陰性)
腋窩リンパ節郭清なし

(病理検査結果)
(組織)  浸潤がん
(浸潤がん大きさ )3mm
(核グレード)1
(脈管侵襲)なし
(リンパ節転移)なし
(切除断面)陰性
(病期)1
(ホルモン受容体)あり ER+  PgR+
(HER2タンパクの発現)陽性3
(ki67発現)低い
(サブタイプ)LUMINAL B (HER2あり)
(術前治療)なし

以上の結果より、今年1月~タモキシフェン単独治療10年が始まりました。

しかし、睡眠障害、肩こり、耳鳴り、排卵痛、生理痛、むくみ、体重増加、精神不安などの副作用に悩まされ今後10年も治療することができるか不安です。
できるならホルモン治療を辞めたいと思っています。
しかし、再発リスクが上がると思うと八方塞がりです。

田澤先生でしたら、私のタイプは、ホルモン治療必須とお考えになりますでしょうか?
■症状:乳がん
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


センチネル生検での腋窩郭清について

[管理番号:7272]

ステージⅡaの乳がんと診断され、先日右乳房の全摘手術を受けました。

手術時のセンチネル生検では転移は認められないとのことで、腋窩郭清は行いませんでした。

本日病理結果の説明があり、リンパ節を顕微鏡で詳細観察したところミ
クロ転移を認めたとのことでした。
マクロ転移の可能性も否定できない
ことから、追加腋窩郭清を行うことが好ましいとの診断を受けました。
また、その他の病理検査の結果は以下の通りです。

・大きさ(浸潤型):3cm
・範囲:5.1cm
・核異型度:3
・組織異形度:3
・リンパ管・脈管侵襲:有
・Ki67:85.2%
・ホルモン感受性:有
・HER2/neu:有
・断端:陰性

そこで以下の2点について先生のご意見をお伺いしたいと思います。

・センチネル生検での転移が微小であった場合、腋窩郭清は省略可能との見解が一般的のようなのですが、上記理由で追加腋窩郭清を行うことはよくあるのでしょうか。
病理検査の結果からこの後、ホルモン療法、化学療法を行うことが決定しているのですが、それで何とかならないものなのでしょうか。

・核異型度、組織異形度が3であること、Ki67の値が異常に高いことが大変不安です。
やはり再発の可能性が非常に高いがんと考えてしまいますが、実際どうなのでしょうか。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


細胞診後の血性分泌について

[管理番号:7271]

細胞診の結果は良性でした。

が、細胞診後より検査した方の胸の乳頭よりつまむと血性分泌がでるようになりました。

検査後1週間は、どす黒いもので驚きましたが、徐々に薄くなり1か月経った今では茶褐色になり白い分泌と混ざってでてきます。
でも、つまむと絶対でます。

ほかのところからも相変わらず母乳のようなものがでており、混乱しております。

先生に聞いたところ、そりゃ針を指したんだから血ぐらい出るでしょといわれましたが、
さすがに1ヶ月続くと心配です。

※今月、血症プロラクチンの血液検査では
数値29で正常でした。

量もそう変わらず、このまま止まる様子がありません。
どす黒い色から
茶褐色にはなりましたが…

半年後の受診でよいか悩んでおります。
セカンド・オピニオンも考えております。
■症状:両胸の乳頭分泌(多孔性)と石灰化を伴うしこりについて
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ca15-3 の上昇について

[管理番号:7270]

2010年12月 温存術。

13mmの浸潤がん。
ホルモン強陽性。
ki-67低値。
悪性度2。

リンパ節転移なし。

25回の放射線治療後にノルバデックス服用開始。

胸の張り及び痛みが出てきたため、手術から1年後にゾラデックス開始(4年で終了)。

ノルバデックスの副作用による脂肪肝が増悪したため、服用から5年半で休薬し、3ヵ月後にアリミデックス開始。

ノルバデックスを止めて1年後のCTにより脂肪肝の状態がかなり治まった事を確認できましたが、まだ少し症状はあるとの事で現在に至ります。

脂肪肝の症状が出始めた3年前辺りから、ca15-3 の数値がじわじわと上昇し始めました。

当初の5年は4.7~6.4内を常に上下していましたが、
3年前より6.8→7.0→7.7→8.7→8.8→8.2→9.5→9.8と上がっています。

主治医は「基準値内なので大丈夫」とおっしゃっていますが再発の可能性はあるでしょうか?
■病名:乳がん
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ACとTCの選択について

[管理番号:7269]

オンコタイプDXの結果RS29、上乗せ7~8%と言う事で、抗がん剤治療を受けることにしました。
入院中にこのサイトを知り、先生の回答を参考に、自分なりに納得しながら治療を進めて来ることが出来ましたが、いよいよ抗がん剤という段階になって、自分だけでは決断しかねる状況になってしまいました。
私としては、てっきりTC療法と思っていたのですが、腫瘍内科の先生からは、ACと言われました。
今まで田沢先生の「TCでもいいでしょう」と言うニュアンスの回答を何度か拝見し、何となく、
ACの方がTCより高リスク向けの療法なのかなという印象を持っています。
私の場合、PgR陰性、グレード3、RS29等から、腫瘍内科の先生は、ACを選択されたのかと素人なりに想像しています。
診療時、TCの事も質問したのですが、明確な回答はなく、私のような状況において田沢先生でしたらACとTCのどちらを選択されるでしょうか。
また、AC,TCを選択する基準の様なものがあるとすれば、お聞かせ願えませんでしょうか。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


肋骨下の痛み

[管理番号:7268]

2日ほど前からベッドでうつ伏せで上体を起こす体勢になると右側の肋骨の下辺りに違和感があり、日に日に筋肉痛のような痛みが増して、今は押すと強く痛むようになりました。

なんとなくしこりのようになっているようにも感じます。

前々から胸の下辺りは押すと痛むことも多くありましたが、手術、放射線をしてますのでこんなものなのかなと思っていました。

さらにその少し下のあたりなので、骨転移もしくは肝転移なのではないかと不安に思っています。

2.(中旬)に血液検査は受けて、その際の腫瘍マーカーは異常なしでした。

①1番痛いのは骨の上ではなく少し下で、その周りも鈍く痛む感じなのですが、
骨転移は疑われますでしょうか?

②肝転移はしこりを作ることもあるというのをみたのですが、押すと痛むことがありますか?

③骨転移の疑いが強いようならまた整形外科を受診するとなるのかなと思いますが来月側弯の定期検診で整形外科へ行く予定です。

レントゲンを頻繁にとることになるので来月まで待った方がいいでしょうか?

今回の症状とは別なのですが、心配で仕方がないので教えてください。
■病名:乳がん
■症状:肋骨下の痛み
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ステージ1で全摘か温存で悩んでいます。イギリス在住

[管理番号:7267]

3月(上旬)日に執刀医の診察があり、手術の方法の説明を受けたのですが、術後の日々の生活にどのような影響が出てくるかの明確な説明が無く、完全に納得できていません。
執刀医からは、温存する場合はブラの線に沿って背中の方へ切ってそこから脂肪を移植する。
その場合は術後に3週間の放射線治療をするとのこと。
全摘ならば放射線治療は不要で、希望すれば乳頭はキープできると言われました。
温存も全摘も10年生存率は同じ、でも温存の場合は10%の確率で再発するかもと言われました。

温存でも全摘でもホルモン療法の薬は5年間飲まなくてはいけないとのこと。
検査で脇の細胞診に癌が見られないので、リンパ節は取らない、
温存手術をして切り足らないようであれば、また手術すれば良いのでは?というようなことを言われ、何となくその時は温存の方向で話が進んでしまい、手術日が4月初旬に決まったのですが、乳がんプラザの過去の質問をずっと拝見していて、やっぱり温存手術で大丈夫なのだろうかと心配になってきました。

かなり心配性なので、温存したとしたら10%の再発の可能性がずっと頭のどこかにあるのは確実、放射線治療も色素沈着や副作用が心配なので出来ればしたくないです。
こういう点も執刀医に話したのですが、大丈夫の普通の生活に戻れる、テニスもゴルフも出来ると言われました。
自分が置かれている状況のせいか、全ての返答が楽観的過ぎて疑心暗鬼になっています。
■病名:非浸潤癌、ステージ1、グレード2
■症状:症状は特になし。マンモトームの後から、首、肩が痛い。去年10月ごろから胃の調子が悪く胃カメラをしたが異常は無し。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療の可能性について

[管理番号:7266]

先週、乳がん検診を受け、マンモでは異常は見つからず、その後のエコー検査で小さな腫瘍が認められました。
良性、悪性の判断が難しいとのことで、細胞診をすることになりました。
その時の診察時には私の乳がんに対する知識が浅く、先生に質問をすることなく終わりました。
細胞診までの間、色々と調べていたら、確定診断には組織診の方が適していることを知り、なぜ細胞診なのか?と疑問に思いましたが。
先日、細胞診を行い、その時に先生が「腫瘍が小さいので、大きな針(組織診のことと思われます)でやると、組織の形が変わってしまい、悪性であった場合、紹介先の病院も困るから」ととおっしゃっていました。

エコーで診断した時に腫瘍の大きさは5.6ミリと言われました。

質問
① 細胞診で良性と言われた場合、念のために組織診を行った方が良いのか?

② 悪性の場合、この大きさの腫瘍でも抗がん剤治療をすることは考えられるのか。

仕事のことを考えると(度々の休みが取りにくい環境)抗がん剤治の副作用が心配です。
■症状:触診でのしこりはなし 自覚症状なし
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


治療までの不安

[管理番号:7265]

術前治療はやめて、全摘出⇒抗がん剤治療へ変更すると伝えました。

とにかく気持ちばかり焦っていて、主治医にも失礼な態度をとってしまい反省しています。
お会いしたときにお詫びすれば大丈夫でしょうか。

治療方法について良く話し合うことが必要なのは理解しました。

①全摘出の場合は、放射線は不要。
また抗がん剤はCEF(アンスラサイクリン系)+DOC(タキサン系)を6~8カ月投与するという治療で良いでしょうか。

②2、3日前から右腹が張っているのが転移では?と気になり、昨夜は眠れませんでした。

③骨シンチの予定があります。
このサイトを読む前に決まっていたので、このままこちらで治療すると思うと断りずらいのですが、人体への影響は大きいですか。

④1日も早く手術を受けたいと思っておりますが、今からだと3ヶ月後になるかも知れないと言われました。
(来週決まります)
初診から4カ月後の手術では遅いのではないかと不安でたまりません。

その間にレベルが上がってしまうのではないか⇒再発の可能性が上がってしまうという不安と焦りです。

せっかく早期で見つかったのだから、レベルが上がる前に何とか手術したいと思います。

その場合は、早く手術してもらえる病院を探した方が良いのでしょうか。

どのくらいまでなら待っていて大丈夫でしょうか。

田澤先生の手術待ちは、現在どのくらいですか。
■病名:右乳がん 浸潤性入管癌
■症状:レベル2 大きさ30mm、トリプルネガティブ、 Ki-67:50%
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リンパ

[管理番号:7264]

浸潤性乳管がん、リウマチあり、60才
2017年3月左乳房全摘、浸潤径3mm、リンパ節転移なし。
2019年2月フォローアップ検診で左腋窩に円い14mmリンパ節腫脹あり。
CTでは腋窩と肺に陰影あり。
PET検査でも腋窩の他に肺に所見認めた。
肺は乳がんの転移の可能性あるとのことで、気管支鏡予定となりその前に2週間後に造影CT撮ったところ縮小しており気管支鏡は中止。
しかし、腋窩のリンパ節は2月より少し大きくなっており摘出して確定診断したほうが良いとの判断。
前後しますが、PET検査後細胞診して陰性でしたが、組織診ではないためどうしたら良いのかわかりません。
先生はどうされるでしょうか?
■病名:浸潤性乳がん
■症状:リンパ節腫脹
<女性:60歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


母親の乳がんの手術について

[管理番号:7263]

大学病院では、全摘か部分切除かを選択して3月(下旬)日までに決めてきてくださいとだけ言われ悩んでいます。
手術日は4月(中旬)日と日も決定しています。

部分切除であれば、念のために放射線治療を受けることになるが、30日間毎日通院する必要があるとのことです。

そもそも全摘か部分切除かを患者に選ばせることが家族としても府に落ちません。
こちらのサイトを拝見していると同じように悩んでいる方が多いように思いますが、

①全摘するなら再発しない(根治する)、胸が無くなるのが嫌なら再建手術するという流れしかないのでしょうか?知識がないため、他に転移を認めていないごく小さな癌であれば、取り除いて終わりに出来ないものなのかと思ってしまいます。

②部分切除であれば、念のために放射線というのも引っ掛かりました。
もしかしたら、放射線も必要なく、部分切除のみでも大丈夫ではないかと言う考えは甘いのでしょうか?部分切除と放射線治療を選択した場合毎日バス、電車を使い通院することも体力的につらいと母は悩んでます。

③先生であれば、このような患者にどのような手術、治療を勧められますか?
<女性:65歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸にデキモノ

[管理番号:7262]

乳輪のすぐ上に一つだけ赤い湿疹が出来ました。

痛み痒みなし、押してみると芯があるように感じます。

乳ガンの症状で湿疹があるとインターネットで見ました。

乳ガン検診は受けたばかりで異常なしでした。

心配になり乳腺外科で湿疹の下をエコーで
念入りに見てもらいましたが
腫瘍など何もありませんでした。

ただの炎症でした。

質問1、乳ガン症状で湿疹があるというのは本当ですか?
質問2、万が一、何かあれば湿疹の部分をエコーしてもらえばわかりますか?
■症状:胸に赤いデキモノ
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤 必要でしょうか

[管理番号:7261]

診断:右乳癌 ⅡA ・左乳癌 ⅡA
手術手技:1.右 円状部分切除術+腋窩リンパ節摘出術(4個)
     2.左 円状部分切除術+腋窩リンパ節摘出術(1個)
術後病理診断:両側乳癌
1.右
病理学的腫瘍径 10×6mm
組織型 浸潤性入管癌 硬癌
リンパ管侵襲: Iy1 静脈侵襲 V0
乳管内成分: + 断端 -⇒切除範囲は十分です
所属リンパ節: 右センチネル 1/4 4個中1個に転移在り
ER:3+ PGR:3+
Her2:-
Ki-67標識率:10%
2.左
病理学的腫瘍径 11×7mm
組織型 浸潤性入管癌 硬癌
リンパ管侵襲: Iy1 静脈侵襲 V0
乳管内成分: + 断端 -⇒切除範囲は十分です
所属リンパ節: 右センチネル 1/1 1個中1個に転移在り
ER:3+ PGR:3+
Her2:-
Ki-67標識率:20%
補助治療
1.温存乳房照射(両側)

2.補助療法
  ホルモン剤5年服用を強く進めます
  抗がん剤4は4、副作用との兼ね合いもありますので、放射線治療後
  再度説明、相談します。

と説明を受け、3月(中旬)日より放射線治療(16回)受けます。
■病名:両側乳がん
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ルミナールA、リンパ節転移多数

[管理番号:7260]

主治医から提案された治療

再発スコアが16でもリンパ節転移が多かったのできちんと抗がん剤で治療した方が予後が安心できる。
化学療法を行うのなら 

dose-dense EC療法 2週間に1回の点滴×4回
weekiy Paclitaxel 毎週1回の点滴×12回
その後 ホルモン療法を5~10年

**********************************************************

以下の点を先生にお尋ねします。

◇抗がん剤の治療を考える材料としてオンコタイプを受けたのですが化
 学療法の効果補足は出来ないと出てしまい悩んでおります。

 先生でしたらどのように考えますか?

◇この場合抗がん剤をしようすれば、もしかして起こっている血行性転
 移を叩くことは可能でしょうか?

◇オンコタイプの検査結果の捉え方が分からず、検査結果を踏まえて先
 生でしたらどのような治療を提案されますか?
■病名:左浸潤性乳管癌
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


単孔性乳頭分泌について

[管理番号:7259]

約1ヶ月前から右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出ます。
強めに摘むと少量ですが出る状態が続いています。
病院を受診し、エコー検査、マンモグラフィ、細胞診を行いました。
エコー検査とマンモグラフィの結果は異常なしですが、細胞診はクラスⅢaという結果でした。
3ヶ月後に再度検査を行うことになり、様子観察となっています。
先生のコラムや同じように単孔性乳頭分泌で悩んでいる方々の質問、先生の回答を見て、異常なしとは言われたものの、日に日に不安が増していきます。
今の状況から先生はどのような病気を考えますでしょうか??
何かしらの病気が隠れていることには間違いないでしょうか?やはり乳管造影は必要でしょうか??一度先生に直接診察をお願いしたいという気持ちが強く、先生の外来を予約させて頂きました。
■症状:右乳頭の一箇所から白色~黄色のドロっとした分泌物が出る
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳癌肺転移トリプルネガティブ+膠原病+間質性肺炎罹 患の場合

[管理番号:7258]

ステージ4、肺転移(再発あり)の乳癌です。

他に膠原病(リウマチ、シェーグレン症候群も患っています。

2015年に左乳癌発覚、左胸全摘。
ルミナルAステージ2でした。

術後「化学療法は要らないでしょう」との事で、ホルモン治療を1年半しましたが、2018年に肺に転移。

手術適応だったので手術しました。
(肺三分の一切除)
それから半年後に薬剤性(リウマチで使ったMTX)間質性肺炎になりました。

その時にまた肺転移の再発も判明しました。

主治医は「多分、抗がん剤をやっても間質性肺炎で死ぬだろう」との事で放射線治療も、手術で肺を随分切ってしまっているので無理だそうです。

このまま無治療を勧められましたが諦められません。

本当にもう何も出来ないのでしょうか?
病院は地域の癌拠点病院ですが、主治医を信頼できません。

この状態で転院などは出来るのでしょうか?

膠原病を昔から患っていたので民間の医療保険には入れず先進医療は受けられません。
■病名:乳がん 肺転移
■症状:現在は咳程度
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブ乳がんで 化学療法の効果が無効でした

[管理番号:7257]

質問としましては、
・抗がん剤はまったく、効かなかった可能性が高いのか、リンパ節には効いたのに原発巣には効果がなかったというのが少し不思議です。
・このあとパクリタキセルと放射線とゼローダを予定していますが 効果が見込めるのか、パクリはここでの質問等見るとトリプルネガティブにはあまり効果がない ように思えるのですが…
・ トリプルネガティブで抗がん剤の効果がGrade0 はほとんど見かけないような気がします…調べてもほとんど 再発されてるように感じました。
希望はもてるのでしょうか?リンパ節が陰性になったのは少しでも良いでしょうか?半数以上は再発しない可能性があるのでしょうか?
先生が質問コーナーでおっしゃっていた
①「化学療法をやっても効かない」予後不良のタイプ
の可能性が高いでしょうか…?
■病名:乳がん トリプルネガティブ
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


卵巣の腫大について

[管理番号:7256]

質問なのですが、

1.ノルバデックスの副作用で卵巣が腫れているのであれば、
 まずは休薬して様子見をする事になるのでしょうか?

2.そして、休薬して卵巣が小さくなってきたら、またノルバデックスを再開するのでしょうか?
 それとも、やはりノルバデックスの副作用だと判断して、薬も飲まず、無治療となるのでしょうか?

3.私としては、再発転移が怖いので、できれば内分泌療法を続けたいと思っています。

 その為には、お薬を変更する、ゾラテックスにする・・・など、
 先生であれば、どのようにお考えでしょうか?

4.お薬を続ける為にも卵巣を摘出してしまう事も考えています。

 その様な事をされる方も実際いらっしゃるのでしょうか?
 お薬を止めてしまったら、再発転移の心配をして今後生きていくのは、想像するだけで辛くて、
 できれば何とかして治療を続けたいのです。
■症状:ノルバデックス服用1年で卵巣が5cmに腫れていることが分かりました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸の横のしこり

[管理番号:7255]

昨年5月に検診(マンモ、エコー、針生検)受けており、乳腺症と診断されました。
今月、生理後にセルフチェックしていると、右胸トップから脇の方に真っ直ぐ移動した箇所脇のくぼみより更に下の方で、胸の膨らみ始めの辺りにコリコリ動くシコリのようなものを発見しました。
一瞬、リンパ節かと思ったのですが、左側にはありません。
次の検診は5月の予約ですが、それをまたずに診察に行った方がいいのでしょうか。
1年で癌ができるということもあるのでしょうか。
このコリコリとしたものが気になります。
■病名:乳がん
■症状:胸の端のしこり
<女性:36歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺炎後のエコーについて

[管理番号:7254]

田澤先生にご教示頂きたいのですが、
①乳腺炎が治って1ヶ月が経ちますが、1ヶ月経っても乳腺が変化したままということはあり得るのでしょうか?
②『もともと何かがそこにあって乳腺炎の原因になった可能性』の『何か』とは具体的にどのようなものが考えられるのでしょうか?
エコーで見た限りではしこりのようなものは写らず、先生も今の時点で明らかにがんと思えるようなものはない、とおっしゃっていたのですが、がんが隠れていて、それが乳腺炎を引き起こしたという可能性もあるのでしょうか?赤みがあるということで炎症性乳がんが頭をよぎり、不安を拭いきれずにいます…
■症状:しこり、発赤
<女性:28歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


遠隔転移と術前抗がん剤について

[管理番号:7253]

質問1
抗がん剤は実際に癌に対する効果が目に見える術前に行うべきでしょうか。

質問2
頭痛、倦怠感、脱力感の症状から脳転移の可能性を疑い、頭部CT検査の追加をお願いした方が良いでしょうか。

質問3
遠隔転移は初診ではほとんど起こり得ないという先生の解答を拝見しましたが、相談されている方の中には腫瘍の大きさに関係なく初診から転移を指摘されている方がいらっしゃるようです。

私自身、自覚してから受診まで数年が経過しているので遠隔転移の可能性が心配です。
■病名:乳癌
■症状:右乳輪下に数年前から自覚していた
<女性:66歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


痛いです。助けて欲しいです。

[管理番号:7252]

質問です。

1、箇所の針生検で乳癌を否定できるものでしょうか?2週間で10センチ以上も大きくなることもあるのでしょうか?
本当は乳癌なのかと不安がでてきました。
今は炎症が強く生検ではでなかったが、隠れている場合があると言われました。

2、ステロイドで治らない場合、私はどうなるのでしょうか?
痛みは一生あるのでしょうか?

3、良くならない場合、良性の疾患も診たことのある先生にお願いしたいです。
受診は可能でしょうか?手術もできますか?

痛みが本当につらく、経過観察と言われても生活が辛いです。
■病名:右乳腺腫瘤
■症状:胸の張り、固さ、痛み
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


非浸潤乳管癌の断端陽性

[管理番号:7251]

2018年10/(下旬) 左 非浸潤乳管癌

温存手術をしましたが、断端陽性の可能性有りとなり放射線30回照射で良いとの事で治療が終了しました。

飲み薬の必要もないとの事です。

再発の可能性を考えると今からでも全摘手術をしたいと思いますが、迷いもあります。

病理診断結果

非浸潤性乳管癌 グレード2
左乳腺 外上部c50.4
1.8×0.7cm
ER 3b
PGR 3b
her2 2+
mib-1 25%

との事でした。

①今のままでのリスクは?
②全摘手術をした方が良いのか?
③全摘手術をしたら根治となるのか?
全摘手術をするべきかとても迷っています。
■病名:非浸潤性乳管癌
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


針生検について

[管理番号:7250]

しこりと言われて針生検を行いましたが、結果的に液体が入った袋で、細胞が採れない
(採りにくかった)というようなことはあるのでしょうか?
液体が入った袋といいながら、二回目の採取で何かが採れてきているのも、一体何なのか気になります。

実際に硬い癌細胞ではなく、液体が入った嚢胞だった場合、悪性の可能性はどれくらいあるのでしょうか?

いろいろ調べていると、嚢胞内腫瘍というものもあり、その場合に針生検を行った場合、
癌細胞が散らばるとの情報があり、もしかするとそうなのではないかと不安を感じています。

そもそも良性の可能性が高い場合にも関わらず、細胞診をとばして、組織診(針生検)を
行うことはよくあることなのでしょうか?

結構なベテラン医師(おじいちゃん)の雰囲気はありましたが、検査の進め方が妥当なのかどうか、ちゃんと針生検できているのかどうか心配にもなっています。

このような場合は、他の医療機関を受診(セカンドオピニオン?)した方がよいでしょうか?
■病名:乳ガンの疑い
■症状:症状は、両胸、とくに左胸にぼこぼこした筋のようなものや円盤のような固まりなど、手に触れるものはたくさんあり(パチンコ玉のような固いものはなし)
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


粘液乳がん。オンコタイプdx

[管理番号:7249]

2019年1月(中旬)日に乳房全摘術。

ステージ1A 大きさ14ミリ リンパ転移なし。

サブタイプ B ER8/8. PGR6/8
HER2 1プラス ガン顔つき 2 KF i67 20%以上
粘液癌ということもありホルモン療法だけでいいと主治医はいうが、増殖能が高いので抗がん剤を上乗せするか悩まれた。

できれば抗がん剤を受けたくない気持ちがあり、でも不安なためオンコタイプdx検査をし結果がでた。

RS41 9年再発率ホルモン療法だけでは29% 化学療法15パーセント以上というのはCMFをやった結果。
CMFはやっておらず、ECもしくはTCのどちらか決めて下さいと。

オンコタイプ結果悪いタイプがんだったのですか?再発率高すぎて驚いてます。
ECとTCどちらを選べばよいか?
またもや抗がん剤をやらなくていいってことはないですよね?
■病名:乳がん
■症状:しこり、乳頭分泌
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


リュープリンの併用が必要かどうかについて教えて下さい。

[管理番号:7248]

浸潤性乳管癌 ステージⅠ
トリプルポジティブ
(2018.7月告知、当時39歳)

2018.8月部分切除にて手術
腫瘍 1.5センチ
Her2 3+
グレード2か3
ki67 20%
ホルモン どちらかまたは共に70%
断端陰性、リンパ節転移陰性

2018.10月よりTC療法4クール
2019.1月より、放射線16回 42.56グレイ
2019.2月よりハーセプチン投与、ノルバデックス服用開始

TC療法1クール目より生理がなく、現在も再開していません。

リュープリンの併用は必要でしょうか?
主治医はどちらでもいいが検討してもよいでしょうとのことでした。

私は出来ればリュープリンは併用したくないと思っていますが、少しでも上乗せ効果があるなら希望しようと思います。

生理が再開した際、リュープリンを始めるという方法だと何らかのリスクがあるのでしょうか?
再発率が上がる、リュープリンの副作用が強く出るなど。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


肉芽種性乳腺炎

[管理番号:7247]

1月中旬に右胸に強い痛みがあり脇から乳輪付近にかけて大きな塊?シコリの様な物が出来ました。
1週間程で痛みも消え大きなシコリだけ残りました。

2月中旬乳輪横に赤味と痒みが有り産婦人科にマッサージに行きました。
赤味と熱感が有り触れず抗生物質を処方され2日後に再見、膿が有るかもと乳腺外科に行くように言われ その日のうちに乳腺外科へ
硬かったシコリの一部が赤くブヨブヨになっていて自分でも膿があるのが分かりました。

乳腺外科ではエコーと触診
エコーではハッキリ膿は確認出来ない感じでしたが触診で膿が有るので
切るか抗生物質点滴で様子見となり3日点滴と飲み薬をしましたが
赤紫になり皮も薄くなりテカテカしてたので切開ドレーン をし飲み薬だけになりました。
数日後足の筋肉痛と無数の瘤が出来き結節性紅斑だと思います。
主治医にも伝えました。

切開から5日後新たに赤味と痒みが現れ
次の日ドレーン から膿が減ったので外し新たのが有るので点滴再開3日後効果無しなので切開と言われたのですが、何かおかしいと感じだので拒否
今は飲み薬だけで3日(抗生物質)新たな所は皮膚が少し薄くなり赤紫へ
切開跡は穴が有り 1週間経過しているが黄緑色の膿がガーゼを外すとボロボロっと溢れる位出ます。

主治医は新たな膿が有るから切らないと膿も止まらないし穴も塞がらないといいますが納得出来ません。
■病名:乳腺炎
■症状:乳腺炎再発 結節性紅斑
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブ 5センチ 化学療法について

[管理番号:7246]

10月末 右乳癌全摘 センチネルリンパ節生検
病理検査結果 腫瘍50ミリ リンパ節転移0/6
遠隔転移なし ステージ2a 充実腺管癌
核異型度 3 脈管侵襲なし ki67 74.1%
トリプルネガティブ と診断されました。

11月末からFECとドセタキセルを予定しておりました。
が、白血球が術後下がってしまいなかなか上がってこず。
予定を変更して毎週パクリタキセル を投与。
次回10回目を予定しております。

パクリタキセル 12回後、FEC投与予定ですが、
白血球が依然低いままです。

主治医にはこのままの数値ではFECは打てないと言われております。

①パクリタキセル のみの治療で、再発率はどの程度でしょうか。
トリプルネガティブで腫瘍径が大きく不安です。

②放射線治療はしないと言われておりますが、本当にしなくていいでしょうか。

③充実腺管癌とは、タチの悪いものでしょうか。

basal like というのがトリプルネガティブの中で特にタチが悪く、充実腺管癌が多いというネットの記事を見つけ不安です。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤をやらない事にしましたが…。ki67値について。

[管理番号:7245]

昨年の12月に 乳房全摘出手術を受けました。
ステージ1・腫瘍径 35×20・ホルモ
ン受容体陰性・HER2陽性(3+)・ki67
(マンモトーム生検)30~50%(手術)10~30%・核グレード3・リンパ節転移なし・脈間侵襲なし・切断断端陰性・です。

①田澤先生でしたら 抗がん剤を進めますか?
②ki67値が、生検と手術で 変わったのは、生検で悪い部分ピンポイントで採り除いたと言う事ですか?
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ルミナルAで抗癌剤治療は必要ですか?

[管理番号:7244]

先生に4点おたずねします。

◯無駄なダメージを身体には与えたくないのですが、毎年検診を受けていたにもかかわらず、10cmと癌が想像以上に大きかったことにショックを受けております。
オンコタイプdxは提案されなかったのですが、遺伝子検査よりも癌の大きさからしてTC療法をすぐに行った方が良いでしょうか?先生ならどのような治療計画を提案なさいますか?

◯遺伝子検査を受ければTC療法以外の抗癌剤療法の有効性についても判明するのでしょうか?その場合はそちらを行った方が良いのでしょうか?

◯遺伝子検査をせずにホルモン療法だけを行うことについてはどうお考えでしょうか?

◯先生でしたら、放射線治療は提案なさいますか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


どす黒い血

[管理番号:7243]

1ヶ月前に右胸にしこりを感じ乳腺外科へ受診→モーム生検を受けました結果良性でした。

最近ふと気になり絞ったら真っ黒な血が・・
質問①ほんとどす黒い血!という血が絞る度に出ます。
気になるのが生検してからそろそろ1ヶ月なのに出ること。

質問②単孔性なことが気になり
質問③生検したのにも関わらず情けない話ですが他に腫瘍があり 見落としがあったのではないか?と腫瘍からの出血ではないか?と心配です。
■症状:精密検査後にどす黒い血が出る
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


小葉ガン

[管理番号:7242]

11月乳ガンの宣告を受けました。
her2陽性、ホルモン受容体陽性、ステージ1でした。

2月に全摘をし術後の病理結果が、浸潤性小葉ガン、her2陰性、ホルモン受容体陽性、ステージ1でした。
術前は抗がん剤→ハーセプチン→ホルモン治療の予定でした。
術後先生から話があったのは、ホルモン治療とハーセプチ抗がん剤をするかしないかはもう一度
病理の先生と相談したいとの事でした。

それで、お聞きしたい事は、術前、術後でハーセプチンは代わる事はあるのですか?
ハーセプチン単独で効果はありますか?
私の場合抗がん剤までしないといけませか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸骨脇リンパ転移の再発を防ぐための放射線治療は必要でしょうか?

[管理番号:7241]

①抗がん剤治療後、ほぼ胸骨転移消滅の結果ですが、主治医より再発したら手術できないところなので、再発しないよう放射線をかけたほうがいいとの事
田澤先生でしたらどう判断されますか?

②かけた場合、肺に近く、治らない肺炎のリスクが高くなるようなのが怖いです、どのくらいの確率ですか?
それを持ってもかけたほうがいい状況でしょうか?

③放射線をかけた後同じところに再発した場合、ほかに治療法ありますか?それはどのような方法ですか?

④放射線をかけた場合の再発率、生存率はどのくらいですか?

⑤放射線をかけない場合の再発率、生存率はどのくらいですか?
※治療後は遠方に住む、軽度認知症の母の介護をしたいです。
■病名:右乳房上内側部がん、胸骨脇リンパ2箇所転移あり
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


巨大葉状腫瘍 手術費用概算と緩和・対処療法等

[管理番号:7240]

現況を怖がりながら、一方では、冷却で炎症が引けば良いとも考えていました。

しかし「巨大葉状腫瘍」写真他を拝見し、放っておけなくなりました。

症例1 悪性葉状腫瘍(2016)DSC_0111
症例2 境界悪性葉状腫瘍 (2017)DSC_0114
これらを拝見させて戴き、似ております。

乳腺の良性疾患 図11)左:巨大葉状腫瘍 酷似していて怖いです。(汗)

コラム 161回目を拝見し、
私は90代ではないですが、やはり手術しか治療方法が無い場合はリスクを冒した検査はやりたくありませんし、
既に腫れあがって痛む胸ではマンモグラフィーは受けたくありません。

胆嚢摘除した際、同室の乳がんの方のリハビリが辛そうだったので、
すぐ耳まで手があげられる手術があるなら、是非そちらを選びたいと考えております。

術後回復が遅い方なので、もう二度と手術はしないと考えておりましたが、
しない訳にいかないなら、確実に取り切って戴ける方にお願いしたいです。

手術と同時再建までできるなら、それに越した事は無いとは思います。

しかし、問題は費用を捻出できるかどうかです。
■病名:巨大葉状腫瘍?
<女性:61歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳がん抗がん剤治療

[管理番号:7239]

肺に近い不安。
温存摘出後。
やるべきか?
■病名:乳がん
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


分泌液について

[管理番号:7238]

分泌液のことについて質問です。
昨晩左側のブラジャーに五百円玉位のシミがあったので、分泌液かなと思い、自分で乳首をぎゅっとしてみたところ、分泌液は出なかったものの、テッシュで拭ったところ、ものすごく小さい、1ミリもない、赤い点が付きました。
もう一度拭ったところ、もう何も付きませんでした。
それが血なのかどうかは、あまりに小さかったのでわかりませんでした。

質問は、
①9月に乳がん検診予定なのですが、それまで様子を見ても大丈夫でしょうか?
②また、今後どの様な症状がどの位進んだ場合、受診を早めたほうがよいでしょうか?
③それが血の場合でも血ではない場合でも、②は同じでしょうか?
④中から血が出たわけではなく、乳首の表面が傷付いて、血が付いた、という可能性はあるでしょうか?
⑤今後血が出なければ、表面が傷付いていただけと思ってもよろしいでしょうか?
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳ガンのホルモン療法について

[管理番号:7237]

平成30年1月人間ドックで乳ガンが見つかり2月温存手術をしました。
その後放射線療法を25回しております。
組織診の最終報告を転記させて頂きます。

grade2(tubuleformation3.nuclearplemorph
ism2.mitoticcounts1)浸潤径Max0.5cm、pt1a
ly(D2、40)v    
(CD34)intraductalspreading(+)lateralsur
gicalmargin(-)F18-24.n(-)[F1(0-1)F2(0-1)
ER50%以上、pgr50%以上.HER.score2+fish提出MIB27.5%です。
抗がん剤はしておりません。
最初
抗がん剤をしないことに不安でしたが、乳ガンプラザを拝見して今は、良かったと思っております。
質問させてやってください。
私の腫瘍径は7ミリだと主治医から言われました。
最終報告では、pt1aとなっております。
これから乳ガンプラザなどを拝見するときpt1aのところをみたらよいのでしょうか?
質問2.ホルモン療法をはじめたしたが、アリミデックス2か月服用したところで、肝機能の数値
ALT402.AST457.ΓGTP573まで上がり中止になりました。
2か月後に又タモキシフェンを服用しましたが、同じでした。
今は、年1回のエコーとcTです。
先生も、やはりホルモン療法は、やめられますか?
■病名:乳ガンステージ1
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ホルモン治療の必要性について

[管理番号:7236]

今回は術後のホルモン治療必要性について質問させていただきます。

術前は非浸潤がんと診断されていたため、ホルモン治療の有無はあまり考えていなかったのですが、術後微小浸潤がんと診断されたため動揺しています。

主治医からは「微小でも浸潤がんなので一応おすすめします」と言われましたが迷っていたため「最終的にはご自身の判断です」と言われて、
放射線治療後に再度決めることになりました。

まもなく放射線治療が終了するため回答する予定ですが、
ホルモン治療も副作用や期間が長いことなどで生活にどのような影響が出るのか不安です。
再発等のリスクと生活への影響のバランスを考えたいです。

現在、閉経しておらず生理はもともと重くなく順調、更年期症状も出ていません。
ちなみに母も閉経は50歳過ぎてとやや遅いほうでした。

初めての手術や入院などで精神的に不安なことも多く、
あまり考える余裕もないまま流れで進めてきたことを少し後悔しており、今回は長期にわたる服用になるため自分の意思を明確にしたく、こちらに質問させていただきました。
■病名:左乳房外側部乳がん
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤治療について

[管理番号:7235]

2/(中旬)温存手術し、今後の治療の選択をせまられています。

担当の先生から基本はホルモン療法と放射線治療をする。

手術の際、センチネルリンパ節生検で1.4mの微小転移が1つあったの
で、年齢も若いし、今後の再発の可能性を1パーセントでも減らしたい
意志が強ければ、私本人の強い希望があれば抗がん剤治療(tc療法)を追加するから、〇曜3/〇までに回答するように言われております。

ホルモン治療と放射線20回のみか、そこに抗がん剤を追加するのとでどのくらい再発の可能性が違うのが、抗がん剤の副作用への恐怖もあり、回答に迷って大変苦しい思いでおります。

先生のご意見をぜひお聞かせください。
■病名:ひだり乳がん
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


浸潤性乳管癌 乳頭腺管癌 HER2境界域

[管理番号:7234]

今年1月乳房温存手術をしましたセンチネンタル生検
結果が
大きさ0.6mm×0.5mm
リンパ節転移なし
悪性度1
ER90%PgR80%
HER2+Fish法増幅比1.99 遺伝子コピー数4.48
にて境界域
侵襲なし
にてルミナールBと判定され放射線の前に化学療法+ハーセプチンをすすめられました タキソテール4回ハーセプチン その後に放射線その後残りのハーセプチンとホルモン療法 60歳超えてたら放射線だけでいいとの事でしたがやるかやらないかは貴方が決めて下さいと言われ悩みますがこの判断は標準といえますか?
■病名:乳頭腺管癌 右
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


マントモーム生検のあとに血が出ました。

[管理番号:7233]

断乳後、2年、久しぶりの乳ガン検診で楕円形の黒いものがあり
医師に頼み込んでマントモーム針生検しました。

結果はセンイセンシュというものでした。

針生検をしたあと15分くらい出血が止まらず医師が一生懸命止血してくれましたが、
しばらくしてから紫色に内出血、気になり強く押すと乳首から血が出ました。
良くないと分かりつつもギューっと絞るとやはり
毎日血が出ます。
真っ赤な時もあればどす
黒色の時もあり、、
せっかく針生検して確定診断したのに不安が。
針生検してから2週間、胸はまだ内出血してます。

針生検後は血乳が出るものですか?
なぜ、出るのですか?
血が出る仕組みが分かりません。

また血乳が出る乳腺が必ず一緒なので余計に心配になりました。

何故でしょうか?
■症状:血乳
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


前回は部分切除、今回は乳頭温存乳腺全切除を勧められる

[管理番号:7232]

今回の診察でH E R2のD N A増幅の有無の検査(FI S Hのことですね?)の結果、術前の化学療法は無しになりました。
ルミナールであるとのことです。
ただ、まだ気になることは、人間ドックではしこりが複数あると言われていたのに、切除するのは一つと言われたので、確認したくて、ドックでは3時(ここは癌確定)と9時に腫瘤があり、それ以外でもまだ怪しいとの所見があるとのことを再度伝えました。
主治医も私に言われる前から懸念していたようで、M R Iの画像を念入りに診ており、「(前回は)9時のところは見えなかったんだけどなあ。
9時のところには
石灰化もあるので、もう一度バネ式の生検をしましょう。」ということで5回程針を刺しました。
この場所の腫瘤は、4ミリ程度で非浸潤であろうとのことです。

その後、術式の話になりました。
前回は、(右胸)生検したものの癌は出なかったが怪しいと思われる正常乳腺を含めて切除する温存療法でいいのではということでしたが、今回は「あなたの乳腺は見れば見る程問題が見えてくる。
両胸とも嚢胞も腫瘤も乳管拡張もたくさんある。
今回は右の手術だが、左も気をつけていかなければならない。
高信号がたくさんある。
過形成の部分が M R Iで造影されている。」と言われました。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺線維腺腫について

[管理番号:7231]

先生のところで6センチの乳腺線維腺腫と診断して頂いた〇〇と申します。
診断が出るまで不安だったのですが、勇気を出してそちらでマンモトームを受けて心から良かったと思っています。

これからの経過観察について質問させて頂きます。

先生にお伺いした際に手術しなくても良いとのお話でしたが、どの様な状態になった場合手術が必要となるのでしょうか?
また、先生の所で経過観察して頂くことは可能でしょうか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


妊娠と気になる首のしこり

[管理番号:7230]

3年前左胸全摘手術を終え現在ホルモン療法中です。

当時2人目の妊娠を希望していたのですが、リンパ節転移もありKi値も若干高値だったりと術後の結果から、抗がん剤は効果はあるが数%の上乗せのために心身へのダメージを考えるとやらない選択をしました。
そのかわり直ちにホルモン療法をと勧められリュープリンが2~3年と聞いていたのでそのタイミングでもう一度考えようと希望を捨てずに治療を続けてきました。

そして3年目の注射が先日最後だと思っていたので、妊娠についてお聞きすると、主治医はやはり再発させないことが1番重要なこと(その通りだとは思います..)妊娠は勧めないという雰囲気でした。

注射をやめれば女性ホルモンは年齢的には復活する=再発リスクが高まる。
再発だけ考えれば注射はこの先もつづけた方がよいが、長期でつづけることによるデメリットもある。
何が正解かは医師としても分からないことだと言われました。

これで終わると思っていたところに左首筋、首の付け根あたりに触った感じ5mmほど?のしこりを見つけ不安になり診てもらいました。
エコーで確認してもらい確かにリンパが腫れているが小さいので再発とは関係ないだろうと言われました。
■病名:乳がん
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


今後の予後、治療等について

[管理番号:7229]

31歳だった昨年8月に上記と診断され全摘をしました。

病理の結果
粘液癌
エストロゲン受容体2
プロゲステロン受容体3b
HER2 3+
組織学的異形度 グレード3
ki67 36.9%
腫瘍形 全体10.5×4.8cm 浸潤している大きさ2cm
センチネル陰性
脈管浸潤あり
病期Ⅰ期
という結果でした。

発覚時妊娠中だったため、術前検査が充分できず(針生検、細胞診、腹部エコー、レントゲン、マンモグラフィーを行い)全摘し、術後AC療法を2クール行いました。

今年1月に出産し、3月初旬ドセタキセル、ハーセプチン、パージェタの初回投与を終えたところです。
また産後1ヶ月で生理が再開したのでリュープリン投与予定です。

産後に各種検査を行い1.5cm程度の肝臓転移3カ所がみつかり、それ以外は遠隔転移はありませんでした。

主治医の先生は転移巣は小さいし、HER2陽性だから恐らく消えるよと言ってくださいましたが、顔つきの悪い癌の上、センチネル陰性だったので転移はないかなと思っていたところもあり、肝転移と聞きショックが大きいです。
■病名:左乳がん 粘液癌
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


針生検後の血乳

[管理番号:7228]

質問1、針生検後まだ4日ですが、
気になって母乳を絞ったら血乳がでました。
(傷口はまだ傷みます)
当たり前のこと?ですか??

質問2、生検後は乳の中で怪我をしているという感じでしょうか?
血乳はどのくらい続きますか?

質問3、母乳が出る方はだいたい針生検後は血が出るものでしょうか?

質問4、画像上良性、細胞診でも良性の場合の乳ガンの可能性はどのくらいありますか?

質問5、組織診をした際に万が一癌に刺していたら癌を撒き散らしたり、活性化させることはありますか?

血乳は乳頭(ど真ん中から出ます。)
毎回同じ場所から出ます。

また現在切った場所の横が内出血しています。

心配性のため生検前も毎日絞っていましたが血乳は1度も出たことありません。
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


放射線治療後の乳房について

[管理番号:7227]

 私は、右乳がんのため部分切除をし、2年が過ぎようとしています。

 放射線治療も終わり、現在はフェマーラを服用しています。
放射線治療直後は、やや乳房が小さくなったように思ったのですが、今は、手術した右の方が手術していない左よりやや、大きいように感じます。
また、乳頭も放射線後やや陥没しているように思うのですが、これは放射線治療のためで、仕方のないことなのでしょうか。
乳頭、乳輪はさわっても硬くなっていることはありません。

 照射後のやけどのような跡はほとんどわからなくなっています。
的外れのような質問ですみません。
気にする必要はないのかも知れませんが、着替えの時や入浴の時など、どうしても目が行ってしまうので、気になってしまします。
■病名:乳癌
<女性:50代>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。