Site Overlay

乳がん

乳がんとは

生涯12人に1人が罹る女性にとってたいへん身近な問題です。
乳癌はこの30年間で実に5倍以上と最も増加著しく、年間7万人近くが罹患(新しく癌に罹る)します。

若い年代に多い。
若い年代に多いのが特徴で、40代後半にピークがあり、この年代の癌の半数を占めます。

高齢者に増えています。
人口の高齢化に伴い、乳癌の中で70歳以上の占める割合は2010年のデータでは実に1/4(23.4%)に達しています。

大変予後がいい。
5年生存率は90%以上です。(2004年乳癌学会登録症例のデータ)

 
 

乳がん診療とは

局所療法(手術及び放射線)全身療法(薬物療法)の組み合わせで成り立っています。

 
 

疾患について

乳がん

乳がん以外の悪性腫瘍

葉状腫瘍

良性疾患
1.嚢胞 2.乳腺症 3.線維腺腫(良性腫瘍の代表) 4.稀な良性腫瘍一覧 5.乳管内乳頭腫 6.乳腺炎(授乳期のうっ滞性乳腺炎、乳輪下膿瘍) 7.肉芽腫性乳腺炎

石灰化

ADL/MLL

腫瘤非形成病変

診断

検診で「何かある?」と言われた方、「これって、しこり?」と感じた方

・診断の流れは「画像診断
⇒(癌を否定しきれない場合には)「組織診断」へと進みます。

乳がんの治療

乳がんの治療

再発

再発

乳がんの概論

乳がんの現状
 乳癌の罹患・予後
 乳がんの原因
  非遺伝性
  遺伝性乳癌の検査
  遺伝性乳癌卵巣癌
  HBOCでの癌検診
乳腺の良性疾患
 乳腺疾患の分類
乳がんの分類
 TNBC
乳がんの検査
 一般検査
 精密検査
 マンモトーム生検
 拡がり診断・病期診断
 分子診断
乳がんの治療
 手術
 センチネルリンパ節転移
 放射線療法
 手術に替わる治療
 内分泌療法
 化学療法・抗癌剤
 分子標的薬

Scroll Up