乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

■質問フォームはこちらをクリックしてください。

 
 
 
 


 
 
 

 
 

それぞれ5件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 
 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら
 
 
 
 
【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6501~7000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 7001~7500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 7501~8000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 8001~8500 <タイトル>】 はこちら
 
 

 

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】 
 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

嚢胞内腫瘍疑い→乳癌が確定

6月下旬に左胸A位置にしこりに気がついたため、乳腺クリニックを受診しました。 先生からエコーしていただいたところ「大丈夫でしょう。 ただ良性の腫瘍も大きくなることがあるので、念のために3ヶ後に来て下さい。」との事でした。 そこで3ヶ月後に受診したところ1cmだったしこりが1.5cmになっていたので、針生検の結果、癌が確定しました。 ルミナールAかBとのことで乳房温存手術をし、術後は放射線とホルモン療法を実施。 抗がん剤治療については、手術で摘出したものを病理検査の結果次第と言われました。 ki67は40%との事で、この田澤先生のQAで勉強したところ、グレーゾーンです。 今のかかりつけの先生は、ki67の数値は手術の後の検査では下がることが多いと言われました。 また、私の場合、神経……なので、抗がん剤治療をする可能性は低いです、と言われました。 ■病名:乳癌 ■症状:嚢胞内腫瘍疑いから乳癌が確定 <女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

田澤先生の診察を受けました。

乳房にしこりを感じて1ヶ月ほど前に先生の外来エコーしていただきました。 しこりと感じていたものは乳腺でしたが最近その3センチほど上辺りにまたシコリを感じています。 心配性で先生の診察は半年に一回受けようと考えておりましたがまた早急にエコーをしていただいたほうがいいのか?と思っておりますが さすがに1ヶ月前にエコーしていただいていて触れるしこりが出来るなんてことはないと思いますがどうでしょうか。 先生はそのときに6ヶ月に一回の診察で早期発見出来ると仰有っていましたが信じていいですか? ■症状:1ヶ月ほど前にエコー <女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌、自己検診について

もうすぐ3歳になる子供に授乳中です。 私も自己検診をしては心配になってしまう心配症なんですが、他の相談を拝見すると私と同じような方が沢山いらっしゃるのですね。 自己検診でしこりを見つける時はさーっと撫でた時に石を触る感触ですか? 3ヶ月に一度エコーをしていれば、自己検診しなくても大丈夫でしょうか。 また3週間前にエコーで異常がなければ、新たなしこりを触知はしないですか?また自己検診で不安になり、受診しようか迷っています。 必要ないですか? <女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

検診のときのエコー範囲

質問①乳腺の末端?(鎖骨のほう)に米粒の大きさで固いのがありますが、先生がエコーしてくれた時はそんなに上部まではエコーしてなかったですが乳腺がない場所なのでしょうか? 左側の鎖骨の真下ではないですが少し下くらいです。 質問②乳房の末端だと思いますが 乳癌って乳房の中心部に癌がなければそんな末端まではエコーしないのでしょうか? 田澤先生は中心部にしかエコーしてなかったです。 確か、今まで他の乳腺外科でもそんなに上まではエコーしてなかった気がします。 質問③先生のところで毎年検診を受けることは可能なのでしょうか? 先生のところに行くときは他で指摘された腫瘍などや自覚症状がないとかかれないのでしょうか? <女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

皮下腫瘍と診断された脇の下のしこりについて

以前、妊娠後期の段階で左脇の下のしこりが気になり乳腺外科を受診、エコーをとってもらいました。 結果、リンパなどではなく皮下腫瘍だと診断を受けました。 (癌などになるものではないとのことで、汗などの分泌物が溜まったものだろうとのことでした) その後出産し、授乳中なのですが 胸の張りにあわせてその皮下腫瘍もかなり大きくなっています。 (以前はそこを触らなければ腫瘍だとわからなかったくらいの見た目でしたが、今は触らなくてもボコッと表皮から出ています) 授乳後は少し、胸の張りとともに小さくというかおさまるような気もします。 皮下腫瘍であっても、授乳などの乳腺の影響を受けることはあるのでしょうか。 ■病名:脇の下の皮下腫瘍 ■症状:皮下腫瘍の大きさが授乳とともに大きくなった <女性:26歳>

回答はこちらをクリックしてください。

確定後の諸々の心配

下記が詳細です。 乳腺CNB:小型均質な異型上皮が、小管状~策状の砲巣を形成し浸潤しています。 浸潤性 乳管癌、硬性型の像です。 核異型は軽度です。 波及度は少なくともFです。 HER2タンパクは陰性、ERは90%(TS8)、PRGは20%(TS5) KI67とか?核グレードは記載ないです。 クリニックからルミナールAといわれてますが。 質問は下記になります。 1.今回は自分で精密検査にしてほしいと伝えたが、センターは5MMだし今回はそこまで必要ないと言われて、私の心配性で紹介状を無理に書いてもらい、癌と確定しました。 何のための定期健診だと思ってしまいました。 このような状況は普通なのでしょうか? 2.乳房の癌のできやすい場所は上の外側ですが、内側や下にできるよりリンパに飛びやすいでしょうか? 3.PRGが20%となっておりますが、これが少ないとルミナールAの決定打が弱いということでしょうか?ERとPRの比率で増殖度と関係はありますでしょうか? 4.上記の癌の状態の結果報告でどんな癌かわかりますか?読んでも想像がつきません。 ■病名:乳癌、硬癌 <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

右脇のしこり

左乳癌、トリプルネガティブ、ステージ3Cで、術前化学療法後に手術しました。 その後、左鎖骨上・下、胸骨傍リンパ節に放射線治療をしました。 5月に治療を終えたばかりです。 9月再診のエコーで右脇の腫れを指摘され、細胞針をしました。 治療が終わって4ヶ月しか経っていないのに転移かと思うと、不安でたまりません。 先生の経験上、転移の可能性が高いでしょうか? ■病名:左乳ガン ■症状:右脇のしこり <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の傷口感染について

10月に乳房全摘(再建なし)した後傷口が感染症になりました。 傷口が一部壊死したため切除されました。 その部分が直径2cmくらいのポケットがあります。 その状態になって2週間ほど経ち今は被覆材(アクアセルag )で湿潤療法中です。 ポケットは塞がる様子どころか広がっていきます。 だいたい1日で黄色っぽい膿のようなものが溢れ出てきます。 通院中の乳腺科の先生はそのうちに皮膚が出来て塞がるとおっしゃいます。 ただ私のような症状は主治医の経験上初めてのようなので経過を観察するまでです。 具体的な将来が見えないためただ治療を受けるだけです。 このまま被覆材の治療で治癒を待っていていいものでしょうか。 何か他に早めに皮膚形成外科などに受診をすべきでしょうか。 私のようなケースは現代は珍しいようで毎日不安でたまりません。 皮膚の伸びも足りないので再縫合も難しいようです。 田澤先生の同じようなご経験談がございましたら是非ご回答頂ければと懇願します。 ■病名:乳がんステージ1 ■症状:術後の感染症による皮膚潰瘍 <女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リュープリン治療中の不正出血

タモキシフェンで、出血の副作用がでて休薬。 その後すぐに、リュープリン注射単独になりました。 せんじつ、毎月接種の5回めを受けました。 また、不正出血しています。 量は、多くないのですが様子見で大丈夫でしょうか? 接種して初期は、あることなのでしょうか? リュープリンもだめだと、ホルモン治療はもう難しいのでしょうか? 無治療では、再発リスクが心配です。 乳がんの初期治療を、ひとつずつやれることをやり、根治に向け、 不正出血以外の副作用は気力で乗り切っているところでしたのでショックです。 ■病名:乳がん <女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

全摘後5年、リンパ節転移

5年前に乳がんで右乳房全摘しています。 その際はセンチネルリンパ生検で転移がみられなかったという検査結果の基づき、リンパ節郭清はしていません。 当時38歳、腫瘍が大きめ(4センチ)ルミナールB型でしたので術後はタキサン系抗がん剤、ハーセプチン、ホルモン治療を続けましたが、 今回5年目のエコーで右腋窩にしこりがみつかり、PETも受けたところ腋窩だけでなく前縦隔にも軽度の集積がありこちらも転移の可能性があるとのこと。 腋窩だけなら手術をするつもりでしたが前縦隔もということになり、 主治医からはひとまず手術ではなく放射線治療をすすめられています。 田澤先生ならどのような治療をおすすめになりますか。 田澤先生にセカンドオピニオンをお願いすることも考えております。 ■病名:乳がんリンパ節転移 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

鎖骨の下

乳腺はどのくらい上までありますか? 鎖骨から脇の方に向かって斜め6cm下に米粒くらいのつぶつぶしたのがあります。 左右で、そちらの場所は今まで色んな乳腺外科へ検診受けてますがそこの場所は一度もエコーしたことないです。 やはりそんな上には乳腺はないのでしょうか? 鎖骨から5,6cm下です。 <女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

鎖骨の下

鎖骨の下は乳腺がありますか? 左右に鎖骨の下に筋がありますが 乳癌と関係がありますか? <女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

左胸全摘後

先月、左胸の全摘手術をしました。 その病理結果が下記の通りです。 ・浸潤性乳がん ・浸潤径5mm×5mm ・乳がんの広がり45mm×40mm ・リンパ節転移2個中0個 ・ステージ I ・ホルモンセレプター 陰性 ・Her2 陽性3+ ・ki-67 24.8% ・格異型2 主治医からは、TC療法とハーセプチンをすすめられました。 でも、私はできれば抗ガン剤はやりたくなく、その場ですぐ今後の治療法を決めれず、主治医も理解してくださり、浸潤径が5mmというギリギリ?のところなので、また少し落ち着いてよく考えてみてくださいと考える時間をもらえました。 自分で決めるしかないのですが、頭も心も追いつかずどうしていいか分かりません。 こちらでいつもどんな質問にもビシッと答えてる田澤先生に、私の質問にも答えていただきたく、質問フォームに張り付いて準備しており、このチャンスをつかませていただきました。 田澤先生なら、どのような治療法をすすめますか? ■病名:乳がん ■症状:左胸全摘手術 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

局所再発の手術、治療について

2013年に温存した右乳がんの再発が見つかり、1週間後に手術を控えています。 初発は術前にパクリタキセル12回を行い、術後も含めてハーセプチンを1年間行いました。 (Therapy effect grade2b) 術後の病理は IDC(sci)0.3×0.2cm リンパ郭清なし(センチネルでmicrometa) ER 3+ PR 3+ HER2 2+ 組織学的グレード1 脈管浸潤、断端共に陰性 KI-67 35%  今回の再発場所は前回切ったところの下で、エコーでDCISと言われ、 MRIでは乳房下部に広がっていました。 4か所ほど1cmから2cm未満のものがのものが映っていて、細胞診で浸潤と出てしまいました。 DCISで一部浸潤があると思うが、手術してみないと程度は分からないと言われました。 リンパと全身転移はPET-CT上なし。 センチネルの結果によってはリンパ郭清になると言われています。 術式は先生は乳頭温存乳房切除術で、上の方の脂肪は残して乳腺を切除するというお話でしたが、私は少しでも再再発を減らすために胸筋温存乳房切除術の方がよいと思うのですが、田澤先生はどうお考えですか。 局所再発で多発乳がんとは予後も心配です。 もしかしてコメド型のDCISが浸潤がんになったのでしょうか。 また今回は同じトリプルポジティブですが、HER2が3+に、KI-67が60%に上がっていたのも気がかりです。 腫瘍の大きさによっては術後、前回と同じパクリタキセル、ハーセプチンをやるかもしれないと言われています。 ■病名:右乳がん局所再発 <女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

前回は部分切除、今回は乳頭温存乳腺全切除を勧められる

今回の診察でH E R2のD N A増幅の有無の検査(FI S Hのことですね?)の結果、術前の化学療法は無しになりました。 ルミナールであるとのことです。 ただ、まだ気になることは、人間ドックではしこりが複数あると言われていたのに、切除するのは一つと言われたので、確認したくて、ドックでは3時(ここは癌確定)と9時に腫瘤があり、それ以外でもまだ怪しいとの所見があるとのことを再度伝えました。 主治医も私に言われる前から懸念していたようで、M R Iの画像を念入りに診ており、「(前回は)9時のところは見えなかったんだけどなあ。 9時のところには 石灰化もあるので、もう一度バネ式の生検をしましょう。」ということで5回程針を刺しました。 この場所の腫瘤は、4ミリ程度で非浸潤であろうとのことです。 その後、術式の話になりました。 前回は、(右胸)生検したものの癌は出なかったが怪しいと思われる正常乳腺を含めて切除する温存療法でいいのではということでしたが、今回は「あなたの乳腺は見れば見る程問題が見えてくる。 両胸とも嚢胞も腫瘤も乳管拡張もたくさんある。 今回は右の手術だが、左も気をつけていかなければならない。 高信号がたくさんある。 過形成の部分が M R Iで造影されている。」と言われました。 ■病名:浸潤性乳管癌 <女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後半年のしこりについて

今年4月乳ガンの手術をし、 術後放射線(16回)と現在ホルモン療法をしています。 病理結果はcT1N0M0LAでした。 先日術後半年になりエコーをしたところ、術前にはなかった場所に一センチくらいのしこりがあると言われました。 状況から手術に関係するものの確率が高いので経過観察をしますと言われ、次の検診は薬の処方がある3ヶ月後になります。 主治医の事はとても信頼をしているのですが、私の場合も経過観察で大丈夫なのでしょうか? もし新たな腫瘍だったら早い方がいいですよね? 田澤先生がエコーをすれば腫瘍が手術によるものなのか診ればわかりますか? こういう場合も先生に確定診断をお願いした方がいいのでしょうか? 術後半年でまさかの経過観察になり今後どうしたらいいのかわかりません。 ■病名:浸潤性乳管癌 <女性:55歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術後 上昇する腫瘍マーカー

腫瘍マーカーが、術後継続して上昇しており大変不安です。 2017年9月 CEA 2.1 ca15-3 11.9 2018年2月   2.6    14.3 2018年9月   4.6    16.8 2019年1月   4.8    18.4 2019年4月   4.6    18.4 2019年9月   4.3    19.1 エコーは、2.5ケ月に1回、マンモは、年1回、腫瘍マーカーは、5ケ月に1回しております。 その他、胃ガン.子宮頸がん、体癌、検査を年1回しております。 今年9月の健康診断で肺に影がありとなりCTをとりましたが、肺炎跡とのことでした。 年齢的なものか、腰の痛みがあります。 術後、PETなどの全身検査はしておりません。 タモキシフェンは、狭窄症で腰痛持ち、また、骨粗鬆症を心配して、当時の執刀医と相談しました。 1.マーカーの上昇はどう考えたら良いでしょうか? 2.このまま2.5ケ月ごとの腫瘍マーカー検査だけで良いでしょうか? 3.再発、転移は考えられますでしょうか? ■病名:乳がん <女性:72歳>

回答はこちらをクリックしてください。

今後の妊娠と抗ガン剤の上乗せ効果について

妊娠のタイミングについて、以前、田澤先生の質問・回答にホルモン療法を後回しにし妊娠出産する場合と先にホルモン療法をしてから妊娠・出産する場合では再発リスクは数字で出るほどの違いはないと思う。 という内容を拝見し、私も術前のサブタイプはルミナールAだったため、 放射線治療の後、ホルモン療法は開始せず先に妊娠を先行したいと思い手術前に主治医に相談をしました。 しかし、主治医はあまりお勧めしない、先にホルモン療法をすることを勧めると回答をされたため、術後の病理診断の結果を見た上で再度相談することにしました。 ■病名:乳がん ■症状:ホルモン療法中断 <女性:29歳>

回答はこちらをクリックしてください。

再発について教えてください。

病歴 1月に左乳房全摘をしています。 グレード1、ホルモン陽性、ki67 8%、ステージ1、グレード1、ルミナールAでした。 術後、5月よりタモキシフェン20㎎のみ服用していました。 10月上旬にしこりを自覚、エコー上、良性と判断できるが、6ヶ月前にはなかったからと念のための生検で再発がわかりました。 質問 1.タモキシフェンが効かなかったのでしょうか。 ホルモン陽性乳癌の20%はホルモン剤に反応せず、予後不良という研究報告を見ました。 それに該当するのでしょうか。 また、手術後の治療は抗がん剤の可能性はありますでしょうか。 2.再発までの期間が非常に短いと思いますが、取り残しなのか原発なのか、やはり再発でサブタイプが変わっているのか等、どのようなことが考えられるでしょうか。 3.PET検査をしましたが、初期であっても転移の有無は確認できるのでしょうか。 また、腫瘍マーカーはいずれも陰性ですが極初期であれば陰性に出てしまうのでしょうか。 ■病名:乳癌 ■症状:再発(局所か転移があるかは確認中) <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

江戸川病院について

自己でしこりとかなくても検診目的でも見ていただけますでしょうか? 今週の水曜日 (中旬)日は江戸川病院で予約なしで見ていただけますか? 遠方から行くため確認したかったです。 <女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳房近くの脇のしこりについて

母のことで質問です。 5ヶ月前、脇のくぼみから、手のひら1枚分ほど下のところに4cmくらいの、ピンポン玉のようなしこりを見つけ、医療機関を受診し、触診と、CTを撮りました。 CTから見て腫瘍だが、弾力があり、綺麗な円形、可動性がありよく動くしこりなので、脂肪腫や腺腫などの良性の腫瘍だろうと言われました。 経過観察でいいと言われそれ以上何の処置もなかったのですが、 5ヶ月経ち、しこりを触ってみると、倍以上の大きさになっていました。 5×9cmくらいはありそうで、脇側に長く成長しており、脇近くになるにつれて表面がボコボコしていました。 相変わらず、可動性はあります。 脂肪腫など良性のしこりでも、半年も経たずに、そんなに大きくなるものなんでしょうか?ちなみに痛みはないそうです。 ネット検索したら、葉状腫瘍と言うものを見つけ、その可能性もあるのでしょうか? 葉状腫瘍だった場合、良性でもそれだけのスピードで大きくなるんでしょうか? 母は、次の受診が1年後予約なので、それまで放置してもいいと言ってますが…。 ■病名:脂肪腫 乳腺腺腫 良性腫瘍 ■症状:脇下のしこり <女性:70歳>

回答はこちらをクリックしてください。

脂肪は上から押すとまるく触れるのか?

田澤先生に聞きたいです。 質問1、気になるしこりシリーズ3の③の場所で私と同じように脂肪を触れてエコーしに来たかたはいますか? ようするに、私と同じ方はいますか? 質問2、感触はグミ、大きさはおはじきくらい、それが数個ありますが、やはり脂肪の可能性100%ですか? 質問3、感触はグミ、大きさはおはじき、の乳癌は今までありますか?ないですか? なぜか中指と薬指を二本揃えると触れませんが、人差し指を使うと触れるんです(謎) 質問3、脂肪は専門医が見たらすぐに分かりますか? 質問4、田澤先生も9月に見ているしエコーで見ても脂肪と言われたのだから安心していいですか? <女性:30歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳輪のシワについて

家に帰ってからですが、ふとバンザイをしてみると、左乳首の下にシワが少し寄っている気がして不安になりました。 乳首が突起し、キューッとなった時は凸凹して、わかりにくくなります。 モントゴメリー?が目立つ場所で、ブツブツの間にシワが寄っている 気もするので、ただの凸凹を見てるだけの気もしますが‥ 触ってもしこりはないと思います。 ・へこみが見られるほどの乳がんのしこりがあれば、触っても明らかにわかるのでしょうか? ・5月、10月、11月とエコーをしてもらって異常なしなので、あまり心配はいらないでしょうか? ・乳輪の不安は伝えていませんでしたが、乳腺専門医であれば、乳輪や乳頭直下も必ずエコーで見ているものでしょうか? ・乳輪にへこむほどのしこりがあればエコーで11月のエコーでわかりますか? ・なんでもなくても、モントゴメリーとモントゴメリーの間がシワになり、凸凹しているように見えますか? 最近、同年代で乳がんが見つかった人が何人かいて、少し神経質になっています。 何度もエコーしているので、病院に行くにも行けず質問させて頂きました。 ■症状:乳輪のシワ <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳首の先に白い?半透明?のできものが、、、

私は陥没乳首でして以前市販で売っている乳首を吸う器具を買って使っていました。 右だけ治ったのですが分泌液が出てきて固まっていたり分泌液が固まっていたのを剥いてしまってたりしてました。 そのあたりら乳首の先端にできもの?ができ始め(白っぽい、半透明) それをぎゅっと押すと白い角質のようなものがでてきています。 3日に1回くらいのペースで潰して白い角質のようなものを出していたら日に日にできものが大きくなってきたように感じます。 しこりなのか、できものなのか、何かの病気なのかわからず不安です。 <女性:29歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ノルバデックス服用中の他の治療について

左乳房全摘・左腋窩リンパ郭清(レベル Ⅰ.Ⅱ )の手術をしていただきました。 ノルバデックスを7月4日から服用しています。 「目が疲れやすい・時々胸焼けっぽくなる・両下肢(ふくらはぎ)のだるさ(右下肢は妊娠中に静脈瘤になった経緯もあるので余計に)」がありますが、他はほぼ普段と変わらない生活ができています。 オンコタイプDXの結果次第で抗がん剤治療(TC)をする可能性があります。 その前に虫歯治療をと思っていますが、注意する事はありますでしょうか?親不知に虫歯があるので、抜歯をしなければいけません。 普段通っている歯科医で問題ないでしょうか? また、風邪などひいた際もかかりつけの内科で問題ないでしょうか? <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳の痛み

私は陥没乳首なのですが、お風呂で陥没乳首内を洗うためシャワーを当てて洗っていると左側がチクッとした痛みを感じます。 陥没してるので乳首の皮膚が弱く少し切れてるのでは?と思ったりもするのですが、痛みが一瞬なので乳首と思いこんでるだけで、乳首以外の部分かもしれませんし、とにかく乳がんが心配ですが、乳がんの症状とは関係ありませんか? 2週間前に、乳がんエコー検査をしたところで異常なしと言われたのに、すぐ乳がんではと心配になります。 姉が夏に乳がんになった為、神経質になっています。 また、お風呂で石けんつけて乳をまんべんなく滑らせるように毎日洗うと良いと姉が看護婦さんに言われたそうですが、セルフチェックとしては正しいのでしょうか? 実は怖くてセルフチェックしてません。 代わりに半年ごとにエコーをしています。 <女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

センチネル生検と、ルミナルBHER2タイプは全摘か温存か

検診のエコー検査で8~9mmのシコリが見つかりました。 針生検の結果 グレード1 ER + PgR +(ホルモンはどちらも80%以上の数 値でした) HER2 3 Ki-67 >5% エコーで見る限りリンパへの転移は無し マンモグラフィーで石灰化もありませんでした。 この結果はルミナルBになると思うのですが、主治医からは術後にHER2が変わる可能性があるので術後に治療方針を決めると言われています。 質問は 上記の内容で術前と術後のサブタイプが変わる事はありますか? MRI検査はまだですが、ルミナルB HER2タイプの場合は再発率が高く予後が悪いと書かれているものを見ました。 しこりが小さくても全摘した方がよいですか? 主治医からセンチネルリンパ節に少しでも転移があった場合、リンパ節郭清になると言われました。 ■病名:浸潤性乳管癌 ■症状:自分ではわからないしこり <女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の全身治療について

今年になり6ミリの浸潤がんが左胸に見つかり、9月に部分切除で手術を受けました。 本日から放射線治療に入ります。 以下、私の病理検査結果です。 センチネルリンパ 転移なし 断片近くにIDC←この部分は集中して放射線をあてるそうです。 浸潤がんのサイズ 6mm グレード1 脈管侵襲 リンパ管0 血管0 ハーツー 0 ER+90% PR+90% Ki67 8.2% 治療方針についてですが、私は全身治療があるものと思い込んでおりました。 (6mm程度の浸潤がある方は、情報を探す限り全身治療を受けられている方しか見つけることができなったからです。) 最初に主治医に病理検査結果をうかがった際、ホルモン療法は△だといわれました。 ■病名:乳がん <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

病理組織micropapillary carcinomaの純型の術後治療

病理レポートに、純型の浸潤性微小乳頭癌と記載され、動揺しております。 調べると症例報告しか見当たらず、リンパ節転移しやすく予後不良のフレーズだけが多用されておりました。 ステージのバイアスを取り除くと、ductal carcinomaと予後は変わらないという報告もありましたが、サブタイプもばらつきがあり、そもそもひとくくりにすることに問題がありそうです。 ただ、悪い情報は、一度目にすると、なかなか拭い去れません。 先生が、いつもステージを強調され、例外を嫌い、物事はシンプルに考える。 病理で予後は決まらない。 とおっしゃるのは存じておりますが、いざ自分のこととなると、普段のような思考ができずに困っております。 HER2が現時点で保留ですが、今回、2点回答をお願い致します。 ①ly+f+の所見やmicropapillaryであることが不安です。 全摘+腋下郭清を追加すべき要素はありますか? ②化学療法の選択は? お手数をおかけしますがHER2陰性/陽性それぞれで、提示をお願いいたします。 ■病名:乳癌 ■症状:しこり 乳房痛 <女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

胸のしこり

メディカルプラザ市川・江戸川で初診の予約をとったほうがいいのでしょう? ただ田澤先生の予約はとても難しいとのことだったので、水曜日何時間も待つ覚悟で直接当日の外来受付をすれば診ていただけるのでしょうか? それともまずは近所のクリニックでエコーやマンモ、針生検をしてもらい(結果待ちで時間があいてしまうのが不安です)、それからセカンドオピニオン・転院ということで江戸川病院にしてもらえばいいでしょうか? その際は秘書室メールとかのほうで対応していただけるのでしょうか? 個人的なことですが、実は来年のはじめに結婚予定で相手のいる田舎に引っ越す予定でした。 このタイミングで良かったのか悪かったのか… みなさん検査結果や今後の治療についての質問なのにこのような質問で申し訳ありません。 去年の検診で見逃しだったかも…と思うと乳ガンだった場合どれくらい進行してまっているのか不安でなりません。 確実な診断・治療をして頂きたく田澤先生の診察をしていただける最短の方法をご教授下さいますよう宜しくお願いいたいます。 <女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。