Site Overlay

乳がんのQ&A

『乳ガンのQandAコーナー』では、乳ガンや乳腺の疾患に関する質問を募集しています。
皆様からの質問に、日本乳癌学会専門医、指導医の田澤篤先生が回答をしております。
皆様が質問する事で、同様の悩みを持つ「全国の他の誰かの疑問を解決するかもしれません。」質問は下記のフォームから送ってください。
当ホームページにて回答をいたします。
よろしくお願いいたします。

問い合わせフォームは下記をクリックしてください。

【Q&Aコーナー 問い合わせフォーム】  

 
 


 
 
 

それぞれ5件程度の質問を受け付けます。
曜日 午前 夕方
月曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
火曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
水曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
木曜日 18時から質問受付
金曜日 8時から質問受付 18時から質問受付
土曜日 8時から質問受付
日曜日 8時から質問受付
祝日・その他の指定日

 
 

***再質問(2回目以降の質問)の方***
「再質問」をされる方は、
原則として、1週間程度空けてから質問をしてください。


また、前回の回答が公開されているページの
「管理番号」を必ず入力してください。

 
 

過去の『乳がん Q&A』の一覧

 
 
 
 
【新たに管理番号を採番した50件 <タイトル 要旨>】 はこちら
 
 
 
 
【管理番号 1~500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 501~1000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1001~1500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 1501~2000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2001~2500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 2501~3000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3001~3500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 3501~4000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4001~4500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 4501~5000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5001~5500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 5501~6000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6001~6500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 6501~7000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 7001~7500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 7501~8000 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 8001~8500 <タイトル>】 はこちら
【管理番号 8501~9000 <タイトル>】 はこちら
 
 

 

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】

『乳がん Q&A』質問をした後の【結果(経過)】 
 
 

更新時間の新しい『乳がんQ&A』 30件 

腫瘍マーカーの上昇

先生へのご質問は、 ●この数値の上がり方はすぐに検査した方が良いでしょうか? (肝臓の数値は全く問題ありませんでした) ●転移はしてるけど、パクリが効いて下がる事があるなら、やはり CT検査はすぐ必要でしょうか? ●転移が分かったら、パクリタキセルは中止になりますか? ●先生が、転移でも早く見つけた方が良いとコメントされていて、その内容に非常に共感しました。 ただ、トリネガは再発治療が難しいとおっしゃっていましたが、 それでも早期発見の方がいいですか? ●数値が横ばいだった場合、さらに経過を見ても良いのでしょうか? ■病名:乳癌 <女性:41歳> … ...【詳しく読む】腫瘍マーカーの上昇

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ術後最新治療

今年の1月(下旬)日に左胸温存手術が終わり術後の最終タイプ待ちです。 術前生検検査はトリプルネガティブでした。 癌の種類はまだ聞いていませんが手術前は1.6ミリでした。 術後はまだ聞いていません。 (大きさ) センチネルリンパ節転移は無かったと聞きました。 予定通りトリプルネガティブ後の先生ならではの治療を聞かせてください。 PD-L1テセントリクが昨年中外製薬より承認されたとの記事を見ましたが。 先生のコラムにも武器が増えつつあるとの事よろしくお願い申し上げます。 ■病名:左胸乳がん <女性:55歳> … ...【詳しく読む】トリプルネガティブ術後最新治療

回答はこちらをクリックしてください。

高齢の母(ペースメーカー) 乳ガン手術

私は乳腺外科のないB病院での手術は避けたいと思っています。 質問 1 ペースメーカーが入っていても手術は可能 か 2 続けて手術と言われているが、体力の回復を待ちたい。 仮にステージ1として、どの程度伸ばしてもよいか。 3 「手術が1番楽」と田澤先生の言葉ですが、90歳ではホルモン療法ではどうか 4 手術をしないで皮膚浸潤が起きた時の身体的苦痛は。またやわらげる方法はあるのか 5 乳腺外科のない病院での手術に不安。 セカンドオビニオンを受けるか、または乳腺外科のある病院を受診した方がよいか。 (母の身体的精神的負担を考えると踏み切れない) 以上。 よろしくお願いいたします。 ■病名:乳癌 ■症状:わきの下の1cmのしこり <女性:90歳> … ...【詳しく読む】高齢の母(ペースメーカー) 乳ガン手術

回答はこちらをクリックしてください。

乳腺全摘出後の断端陽性と追加治療

質問   術後病理診断に記載のある『水平切除断端陽性』につき以下を気にしております。    ・全摘出後であっても追加切除は局所再発防止に必要(優位性がある)なのか    ・放射線治療の必要性はないのか   術後の化学療法で所謂『取り残した癌』も叩けるのではと考えておりましたが、 断端陽性の場合、局所再発率が陰性の2倍となるといった報告を目にする事が多く懸案となっております。 ■病名:原発浸潤性乳管癌及び乳頭腺管癌 <女性:52歳> … ...【詳しく読む】乳腺全摘出後の断端陽性と追加治療

回答はこちらをクリックしてください。

ルミナールA型の定期検診について

先生が今年で術後5年たつので、今後は定期検診を一年ごとにしましょうとおっしゃいました。 先生は、確かかなり以前のQ&Aの中で、 ルミナールAは5年後から注意とかかれていたとうろ覚えで記憶してますが、(もし間違っていたら申し訳ありません。)定期検診は一年に一回で大丈夫なのでしょうか? 私の知人で乳ガンを5年目以降再発した人が3人いるのと、また私は副作用の関係でホルモン剤を服用していないので、余計再発が気になります。 特にki67が10と大人しいガンだったので、もし再発していたとしたら、かなりの年数がたたないと発見されないのではないかとも思ってしまいます。 半年ごとの定期検診で再発が分かった場合と一年ごとの定期検診で再発が分かった場合、治療成績に差はあるのでしょうか? <女性:48歳> … ...【詳しく読む】ルミナールA型の定期検診について

回答はこちらをクリックしてください。

発症年齢に関係なく乳がんの要因は食生活が大きいですか

質問としましては、 ・乳がんになる前の食生活はごく普通(基本和食で休日に外食や飲酒レベル)でしたが、それで20代の内に発症してしまったので、自分の体質にはその食生活がNG=今後は改善していくべきなのか ・今は発症前と同じ、ごく普通の食生活を続けています。 これまで同様、休日などに外食やジャンクフードは食べて良いのか、 出来る事なら辞めるべきか ・お酒は週2~3回適量であれば問題ないか、禁酒すべきかです。 ■病名:乳がん <女性:31歳> … ...【詳しく読む】発症年齢に関係なく乳がんの要因は食生活が大きいですか

回答はこちらをクリックしてください。

線維腺腫と診断されました。

1週間前左胸にしこりを見つけました。 先日近所の乳腺科併設クリニックで触診、超音波検査の結果「若い女性によく見られる線維腺腫だろう」と診断されました。 触診ではしこりはよく動き、コロコロした感じで典型的な線維腺腫の症状だそうですが、超音波検査では薄い様な感じでうまくうつらず…(画面を見せてもらいましたが素人目ではしこりがどこにあるか分かりませんでした) よく見ると、確かに1.5センチのしこりがあるとのことですが…。 触知できるしこりがあるのに超音波検査で上手く見えないということはあるのでしょうか? また半年後に来てくださいと言われましたが、不安でセカンドオピニオンを考えています。 ■病名:線維腺腫 ■症状:胸のしこり(触診で1センチ弱) <女性:20歳> … ...【詳しく読む】線維腺腫と診断されました。

回答はこちらをクリックしてください。

脇のリンパの腫れ

5年間半年に1度乳腺専門医の先生にエコーをして頂いています。 良性のしこりあり。 今年4月ごろ右脇の膨らんだ部分にコリコリとした丸っこいしこりを見つけました。 次の検診が今日(6/(上旬))だったのでその時は特に病院には行かずでした。 検診前に触ると前より小さくなっているような細長いような…そして見てもらいましたがリンパ節が腫れているそうです。 乳房は良性のしこり以外は異常ありませんでした。 可能性としては脇の毛を剃ったりした時にバイ菌が入った、 あと私は右手が酷く荒れているので(これは昔からです)そういったことでも腫れると言われました。 その可能性が高いのでしょうか? 帰って調べると潜在性乳癌というのを知りました。 とても怖いです。 脇のリンパが腫れているのは潜在性乳癌の可能性もあるのでしょうか? ちなみに去年母が乳がんになり、脇のリンパの腫れは痛みはありません。 ■症状:脇のリンパの腫れ <女性:39歳> … ...【詳しく読む】脇のリンパの腫れ

回答はこちらをクリックしてください。

乳ガン浸潤がん発覚全摘予定

4月中旬右胸にしこりを見つけ、5/(中旬)に告知。 6/(中旬)に右胸全摘手術予定。 告知の頃には右乳首奥辺りがピリピリしていました。 5/(下旬)から左右両方の乳首が腫れて大きくなり、触れるのも痛くて、衣類も下着も着けられない状態。 汁系は出ていません。 裸でいれば何も触れないので赤みはなくなりますが少しでも触れると激痛。 衣類を着たり下着を着けると激痛と乳首が赤く腫れます。 病院に助けを求めましたが、様子を見ての返答ばかり。 左胸にも転移してしまったのでしょうか。 ガンがどんどん進行しているのでしょうか。 とにかく痛くてどうにもならないです。 ■病名:乳ガン ■症状:左右の乳首腫れて痛い <女性:46歳> … ...【詳しく読む】乳ガン浸潤がん発覚全摘予定

回答はこちらをクリックしてください。

がんセンターでの診察

唐突にがんと言われてしまい、ショックを受けていたのですが、 先生は矢継ぎ早に、次の検査の指示を出してきました。 「今日できることはやってしまいましょう」と、入院に備えての心電図と肺機能?の検査、入院の申し込みまでやり、後日のマンモトーム生検、MRI、CT、骨シンチの予約をその日のうちにやりました。 頭が働いていない中で検査の日を決めたのと、その検査の意味もあまり分かっていなかったので、結果的に先生と相談した順番が、骨シンチ→MRI(紹介先の病院)→CT(紹介先の病院)→マンモトーム生検(明日予定)となってしまいました。 結果はマンモトームの1週間後ですが、先生に「旦那さんは一緒に来られそうですか?」「はぁ、仕事休めたら…」 「ではご両親は?」 「はぁ、聞いてみます…」 と、そんなに深刻なのかと、心配でたまりません。 質問(1):乳房に腫瘤があり、リンパも腫れている場合、がんの可能性が高いのでしょうか? 質問(2):マンモトーム生検の結果が出る前に、骨シンチ、MRI、CTまで行うのは、医師の所見で明らかにがんだからなのか、がんセンターでの診察手順としてはよくあることなのか、どう捉えたらよいと思われますか? ■症状:左乳房のしこり <女性:40歳> … ...【詳しく読む】がんセンターでの診察

回答はこちらをクリックしてください。

再再発のホルモン治療について

聞きたいことは、 ○全摘後半年で8㎜の腫瘍が出来ることはありますか? ○その場合、かなり悪性度の高い物でしょうか? ○全摘手術で、取り残しの可能性などはありますか?(先生は、取り残しではなく新たに出来た物、とのこと) ○閉経前ですが、タモキシフェンは効いていないようです。 今回もホルモン受容体陽性だった場合、どのような治療方法が適していますか? 先生は、今度は薬で生理を止めて、アストロゾールに変えてみましょう、とのことです。 ○手術の際、リンパ節転移は無しでしたが、実は局所再発ではなく遠隔転移で、たまたま前回のシコリのすぐ近くにたどり着いて増殖した可能性もありますか? 6月(中旬)日に詳しい検査結果が出るので、その上で治療方針が決まります。 ■病名:乳がん <女性:52歳> … ...【詳しく読む】再再発のホルモン治療について

回答はこちらをクリックしてください。

抗癌剤と放射線治療の必要性について

右皮膚温存乳房切除+腋窩リンパ節郭清+同時再建を受け今後の治療法について悩んでいます 癌の大きさ 浸潤癌の部分 1.5cm×1.5cm×1.5cm 全体の広がり1.5cm×1.5cm×1.5cm 切断断片の状態 陰性(癌はとり切れている) リンパ節転移の状況 リンパ節転移 あり 7個切除うち転移は3個 リンパ管侵襲有 静脈侵襲無 波及度 乳腺、脂肪 核、組織の異型度 グレード1 免疫染色の結果 ホルモン感受性 有 ER99 PgR99 HER2蛋白の発現 無(2+) Ki-67 10% 手術検体も病理結果をふまえた病期 PT1 N1 M0 ステージⅡa リンパ節転移、なによりリンパ管侵襲があるため抗癌剤6ヶ月とホルモン療法10年安心のため放射線治療も付け加えたいくらいとのお話 ■病名:硬癌 ■症状:ステージ2a <女性:46歳> … ...【詳しく読む】抗癌剤と放射線治療の必要性について

回答はこちらをクリックしてください。

治療後の妊娠出産について

2017年8月から3ヶ月に1回のゾラデックス注射加え、毎日のノルバデックスを服用しており、今年の9月でまる2年を迎えました。 検査については、3ヶ月に1回薬の処方の時に主治医の元で血液検査をし、半年に1回のエコー、年に1回のマンモグラフィ、たまにこちらが心配になったりすればその都度CTやMRIを追加してくれます。 罹患当時は結婚の予定もなかったのでもくもくと治療を続けていたのですが、今年の5月に結婚して少しだけ妊娠出産のことを考えるようになりました。 夫婦とも術後の治療を優先で、無理に子どもが欲しいとは思っておらず、もし、出来ればいいなと言った感じなのですが、一応家族や周りの勧めもあり、主治医も背中を押してくれたので、2年間の治療を終えた後、一旦休薬して、2年間だけ妊活をしようということになりました。 2年間中に出来なかった場合、また残りの3年(又は8年)の ホルモン療法に戻るといったような計画です。 また、私は、罹患時に遺伝子検査を受けており、BRCA2遺伝子は陰性でしたが、BRCA1が未確定遺伝子といった診断を受けました。 (陽性でもないが、陰性とも言い切れない、現代の医学では分からない遺伝子という結果が来ました。)そいった判定を受けた人間が周りにはいないため、いつもそこを心配してしまいます。 妊活のために2年間無治療期間に入りますが、その未確定遺伝子についていつも考えてしまいます…。 私のような状況の場合でもこれから妊活しても大丈夫でしょうか。 ■病名:乳癌 <女性:39歳> … ...【詳しく読む】治療後の妊娠出産について

回答はこちらをクリックしてください。

二層性を消失した鎖骨上リンパ節について

【質問①】 エコー画像上、鎖骨上リンパ節に二層性の消失があっても、大きさが5mm、3mm程度では、癌の転移でないことが多いのでしょうか?また、この場合、針生検などせずに経過観察とするのは普通なのでしょうか? 【質問②】 今後、リンパ節の大きさに変化がなければ、特に何の検査もせずに、引き続き経過観察というのもあり得るのでしょうか? 今、経過観察で済ませていることが予後に影響するのではないかと、とても不安です。 <女性:33歳> … ...【詳しく読む】二層性を消失した鎖骨上リンパ節について

回答はこちらをクリックしてください。

妊娠中小さいしこり?

妊娠7ヶ月の妊婦です。 先週、小さいしこりが気になり乳腺クリニックでエコーしてもらって、全く異常ないと言われました。 出産に向けての乳腺の変化ですと。 今週に入りふと触ると少し離れた場所にまた小さいしこり(米粒?ゴマ粒?)があります。 また、別の場所に摘むとしこりが、ありますが強めに触わるとしこりは感じなかったり。 色んなものが気になります。 先週エコーしたのですが、気になったらその都度見てもらったほうがいいでしょうか? 私が気にしてるものは全て出産に向けたものなのでしょうか? <女性:39歳> … ...【詳しく読む】妊娠中小さいしこり?

回答はこちらをクリックしてください。

ホルモン治療と妊活について

今年1月に左胸の温存手術を受け4月中旬に放射線治療を終えました。 2月からタモキシフェンを飲み始め3月中旬にリュープリン3ヶ月を打ちました。 タモキシフェン(5年以上)リュープリン3年ということになっています。 当初は妊娠を希望してなかったのですが授かれなくとも1年くらい妊活してみたかったなという思いがうまれました。 その場合は今すぐ次回のリュープリンを打たずに中断したほうが良いのか、5年のうちのどこでも一時中断しても予後には影響ないのか、時期を教えていただきたいのです。 腫瘍径2センチ リンパ節転移なし 核グレード1 脈官侵襲lyが1つありで+ ホルモン受容体でHER2は0 ki67は3%です。 よろしくお願い致します。 ■病名:乳癌(腺管形成型) <女性:39歳> … ...【詳しく読む】ホルモン治療と妊活について

回答はこちらをクリックしてください。

粘液癌 混合型 針生検の結果

先日針生検の結果がでました。 画像ではリンパ転移、遠隔転移なし。 今の段階ではステージ1 手術のときにリンパを調べると思います。 六月初め手術を予定しています。 針生検結果↓ トリプルポジティブ 粘液癌、混合型 12㎜ NG1(Nuclear atypia2+Mitotic counts 1=3) HGI (Tubular formation2+Nuclear atypia2+ Mitotic counts 1=5) her2 : ER 100% PgR20% Her2 score+ 3 ki 67 19% E-cadher(+) p40(ー) synaptophysin(partial+) 担当医からは薬がよく効くタイプとの説明をされています。 すべて陽性としか、英語のため さっぱり意味がわからないのですが この結果は増殖度、悪性度、再発転移率が高いのでしょうか? ■病名:乳がん 粘液癌混合型 ■症状:胸のしこり <女性:37歳> … ...【詳しく読む】粘液癌 混合型 針生検の結果

回答はこちらをクリックしてください。

皮膚のしこり?

左のお腹(へそから少し下)にしこり?みたいなものがあります。 真ん中に芯があるようなしこりで、その周辺も少し硬いです。 これはリュープリンの後の硬結ですか? 調べていたら、1ヶ月から少しで硬結は消えるってなっていたのでで、 ほんとうに硬結か心配なのです。 もし硬結ではないとすれば、なにが考えられますか? ■症状:しこり <女性:39歳> … ...【詳しく読む】皮膚のしこり?

回答はこちらをクリックしてください。

汗疹の中

胸に赤汗疹が一個だけ出来ました。 指で触ると中が芯があるように感じてしこりなのかよく分かりません。 乳がん検診は先月受けたばかりで何もなかったですし、たまたま赤い部分にしこりが出来るとも考えずらいです。 汗疹や湿疹は中が芯っぽくなっているものなのでしょうか? 先月エコーしたばかりですし、 しこりなら明らかに自分でドキッとするくらい分かりますよね。 <女性:25歳> … ...【詳しく読む】汗疹の中

回答はこちらをクリックしてください。

胸に赤い湿疹

胸に赤いぷくっとした湿疹?汗疹みたいなものが出来ました。 中身が白かったです 掻いたら血が出ました。 そこを押すと中にはしこりを触れません。 先週、乳腺外科でエコーしたばかりで腫瘍なしのパーフェクトでした。 ただ乳がんとネットで調べると赤い湿疹と記載があるので大丈夫なのか?と心配になりました。 乳がんに赤い湿疹はありますか? <女性:33歳> … ...【詳しく読む】胸に赤い湿疹

回答はこちらをクリックしてください。

サブタイプ不一致の治療方針について

質問1 サブタイプはトリネガでよいのでしょうか? 質問2 標準治療としてホルモン治療を受けるべきでしょうか? 質問3 副作用が怖くて、ホルモン治療に気乗りがしないのですが、ホルモン治療しないと再発リスクは上がるでしょうか? 質問4 トリネガは抗がん剤が良く効くという話を励みに治療してきましたが、ホルモン受容体陽性だと抗がん剤の効き目が変わりますか? ■病名:右乳がん <女性:46歳> … ...【詳しく読む】サブタイプ不一致の治療方針について

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤治療中の会社の人間ドック

今年1月抗がん剤治療前に、化生癌は乳がんの全体の1%であり、データも少なく、 抗がん剤が効くかも微妙、転移後の治療も微妙と言われました。 不安になって、造影剤CTと骨シンチ検査を希望して受診。 結果再発転移なし。 現在、AC療法及びウィークリーパクリタキセルの抗がん剤治療中です。 抗がん剤治療後は放射線治療の予定です。 放射線治療後は、乳腺外科で年一回の乳がん検診をするが、その他臓器は自覚症状がない限り小さい癌を見つけるような検査はしない。 検査してもしなくても生存率は変わらないと言われました。 私にすれば、早期発見した方が少しでも良いのではないかと思うのですが、田澤先生もQ&Aでおっしゃるように、何も検査してなくて良いのでしょうか? ですが、年一回の人間ドックは会社で受診するよう義務づけられており、今年も受診しなくてはなりません。 定期健康診断で今後は自分で検診を受けるしかないのでしょうか? その他の質問としまして、 ①現在抗がん剤治療中ですが、会社の人間ドックを受診しても大丈夫でしょうか? 抗がん剤と放射線治療が終わってから受診した方が良いでしょうか? 会社の人間ドックを受診する際注意すべきことはありますか? ■病名:左乳房がん ■症状:左乳房全摘出手術及び左腋窩リンパ節郭清 <女性:52歳> … ...【詳しく読む】抗がん剤治療中の会社の人間ドック

回答はこちらをクリックしてください。

ホルモンの乱れによる、乳房・リンパ節周辺の痛みの対処方法について

マンモトーム生検を受け、乳癌の診断。 病理組織検査報告書は、 充実型が優位な浸潤性乳管癌の所見。 Ki-67標準率14% ER陽性90% PR陽性90% HER2陰性(1+) のみの報告でした。 質問になりますが、乳房・リンパの痛みはホルモンの乱れによるものとで余計な心配はしないようにはしていますが、痛みが気になる時には鎮痛剤を飲んでもよいのでしょうか? また、痛みを軽減させるよい方法はなにかありますでしょうか? ■症状:乳房、リンパ節周辺の痛み <女性:43歳> … ...【詳しく読む】ホルモンの乱れによる、乳房・リンパ節周辺の痛みの対処方法について

回答はこちらをクリックしてください。

ホルモン治療について

浸潤癌 リンパ節転移なし 0.3cm グレード1 ki67 10未満 脈管浸潤なし HER2 1 FISH法- ホルモンレセプター ER + PGR + 閉経前 先月に温存手術をしました。 来月に放射線治療になります。 タモキシフェン5-10年内服予定で 放射線治療までの1ヶ月間内服します。 放射線治療後には、リュープリンをしましょうと主治医の先生からお話ありました。 しかし、先日同じ病院の先生を受診したら、 リュープリンはしなくてもいいかもという内容でした。 田澤先生、私はホルモン治療は、 タモキシフェンのみを選択して良いでしょうか??! ■病名:乳がん <女性:46歳> … ...【詳しく読む】ホルモン治療について

回答はこちらをクリックしてください。

左乳房上部脇の下寄りの硬く触れるもの

1週間前くらいにお風呂で体を洗っているときに、左乳房上部の脇の下近くに7~8ミリくらいの横長っぽい硬く触れるようなものがあり不安で乳腺外科でエコーをしてもらいました。 昨年11月にマンモとエコーで異常なしだったので、半年経過しています。 今回気になる箇所のエコーでは場所も確認しながら診てもらいましたが、何もないと言われ異常なしでした。 乳腺でもないようで、一体何なのかよくわかりませんでした。 でも触診ではその箇所に何か小さな硬いものに触れます。 強いて言うなら肋骨の上のとこだからね~とは言われました。 このまま気にせずに過ごして大丈夫でしょうか? 再度別の乳腺外科の受診は必要ですか?このようなことはあるのでしょうか? ■症状:左胸のしこりのように触れるもの <女性:36歳> … ...【詳しく読む】左乳房上部脇の下寄りの硬く触れるもの

回答はこちらをクリックしてください。

前回は部分切除、今回は乳頭温存乳腺全切除を勧められる

今回の診察でH E R2のD N A増幅の有無の検査(FI S Hのことですね?)の結果、術前の化学療法は無しになりました。 ルミナールであるとのことです。 ただ、まだ気になることは、人間ドックではしこりが複数あると言われていたのに、切除するのは一つと言われたので、確認したくて、ドックでは3時(ここは癌確定)と9時に腫瘤があり、それ以外でもまだ怪しいとの所見があるとのことを再度伝えました。 主治医も私に言われる前から懸念していたようで、M R Iの画像を念入りに診ており、「(前回は)9時のところは見えなかったんだけどなあ。 9時のところには 石灰化もあるので、もう一度バネ式の生検をしましょう。」ということで5回程針を刺しました。 この場所の腫瘤は、4ミリ程度で非浸潤であろうとのことです。 その後、術式の話になりました。 前回は、(右胸)生検したものの癌は出なかったが怪しいと思われる正常乳腺を含めて切除する温存療法でいいのではということでしたが、今回は「あなたの乳腺は見れば見る程問題が見えてくる。 両胸とも嚢胞も腫瘤も乳管拡張もたくさんある。 今回は右の手術だが、左も気をつけていかなければならない。 高信号がたくさんある。 過形成の部分が M R Iで造影されている。」と言われました。 ■病名:浸潤性乳管癌 <女性:45歳> … ...【詳しく読む】前回は部分切除、今回は乳頭温存乳腺全切除を勧められる

回答はこちらをクリックしてください。

手術と再建

手術方法と再建で悩んでおります。 癌検診で石灰化があり、要精密検査ということで、エコー、MRIを受け、マンモトーム生検で浸潤性乳管癌と診断されました。 ルミナールAタイプで、乳頭近くに石灰化が広がっており、全摘を勧められました。 私が乳房喪失に戸惑っておりますので、部分切除して、術後の病理結果が出て、放射線治療で無理なら、全摘の再手術をと提案されています。 決めなければ先に進めないので、ご意見をお願いします。 全摘をした時には再建を考えておりますが、自家再建か人工インプラントにするか、または人工乳房を使うか。 一次再建にするか、治療を優先して二次にするか。 癌の根治と体の早い回復を、第1と考えておりますが、とても悩んでおります。 ■病名:浸潤性乳管癌 <女性:57歳> … ...【詳しく読む】手術と再建

回答はこちらをクリックしてください。

子宮体癌検診について

私は、2019年に、36歳時、乳がんステージ1、リンパ転移なし、左乳房全摘しました。 浸潤3mmのため、術後療法、無治療にしました。 タモキシフェン治療にて、子宮体癌のリスクがあがり、子宮体癌の検査が必要というのは、理解していましたが、近所の婦人科で、一昨年、昨年、子宮けいがん検診に行くと、乳房に罹患した人は、子宮がん、子宮体癌になりやすいから、必ず毎年、子宮がん、子宮体癌検診、両方やるよう言われました。 ホルモン薬飲んでおらず無治療と言いましたが、でも、乳がん患者の時点で子宮がんリスクあると言われました。 来月、また子宮がん検診に行くのですが、 子宮体癌検診は、痛いのて苦痛ですが、やはり、無治療でも毎年、両方検査受けたほうがいいのでしょうか? また、乳がん患者は、子宮がんになりやすいのでしょうか? 主治医より、信頼している、田澤先生にお聞きしたくよろしくお願いします。 ■病名:乳がん <女性:37歳> … ...【詳しく読む】子宮体癌検診について

回答はこちらをクリックしてください。

断端露出について

3月中旬に右乳管がんの温存手術を受けました。 マンモトーム生検では微小浸潤疑いでしたが、術後の病理結果では非浸潤がんではあったものの、2mm程度の断端露出があるとのことで追加切除を勧められました。 拒絶感もあり別の方法を伺ったところ、放射線の追加照射もあるが、局所再発のリスクは上がるとのことでした。 随分悩みましたが、答えが出せず時間が過ぎてしまったこともあり、これから手術となるとくっ付きかけた組織をはがしたり、露出場所の都合で傷を延伸する必要もあり、また一度剥がした組織自体がくっ付きにくくなることなどから、整容性が悪くなるとのことでした。 今は傷も治りつつあり、整容性も保てているため、出来ることなら追加照射のみで済ませたらと思いますが、先生は手術すべきだと思われますか? 非浸潤がんとはいえ、断端陽性と断端露出はかなり違うものなのでしょうか。 また追加切除術で整容性を保つのはかなり難しいのでしょうか。 ■病名:右乳管がん <女性:46歳> … ...【詳しく読む】断端露出について

回答はこちらをクリックしてください。

温存手術後、病理結果でリンパ転移発覚、今後の治療について

先日、病理結果がでたところ、 ・リンパ節の1個の微小転移は、マクロ転移(2.5mm)だったこと ・浸潤がんの最大径が4.2cmあったこと(手術で、すべて取りきれたそうです) で、化学療法をしたほうがよいと言われました。 (化学療法後、放射線+ホルモン) 術前の治療法と大きく変わってしまったため、とても動揺しています。 リンパ転移がマクロ転移とはいえ、1つでもあった場合は、化学療法をしたほうがよでしょうか。 ■病名:浸潤性小葉癌 <女性:50歳> … ...【詳しく読む】温存手術後、病理結果でリンパ転移発覚、今後の治療について

回答はこちらをクリックしてください。


 

江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up