乳がん|乳がんプラザ

トリプルネガティヴの乳癌について

[管理番号:6693]

わたしの母が乳癌になりました。

乳癌の状態は以下です。

ステージI
1.4cm
リンパへの転移なし
トリプルネガティヴ
ki67=23
乳房全摘術をし、今のところ腫瘍は取り除けています。

主治医の先生はトリプルネガティヴだが、ki67の値はそんなに高くないので、アポクリン癌に該当するとのことでした。

トリプルネガティヴだと通常、化学療法適用で抗がん剤をすると思うのですが、私の母は間質性肺炎と皮膚筋炎を患っているので、ki67もあまり高くないこともあり、抗がん剤はせずに様子を見ていこうとなりました。

このまま、何もせずに様子見で大丈夫なのでしょうか?
何もしないと転移、再発の危険性はやはり高いのでしょうか?
何もしないとやはり不安になってしまいます。
再発、転移の危険性はどのくらいなのか、予後はどうなのか、知りたいです。
<女性:64歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳ガン、肝臓にかげ

[管理番号:6692]

はじめまして、うちの母が先々月に貧血のため、色々な検査で、たまたま、乳ガンが見つかり、乳腺専門医のいる病院で見ていただき、しこりは4センチのがんでした。
そのまえの貧血のときに検査したぞうえいCTですこし、肝臓にかげがあるとのこと。
嚢胞のことがおおいとききましたが、これから腹部エコー、などやります。まだ他のリンパとかはしてきされてません。
転移の可能性はありますか?
<女性:82歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


細胞診で検体不適正

[管理番号:6691]

右カテゴリー3、左カテゴリー4となり
精密検査で3週間後に大学病院へ行きました。

そこで細胞診をしていただいたのですが
小さくて検体不適正で3か月後まで様子見と言われました。

組織診をしてもわからないだろうと拒否られました。

①組織診で検体不適正とは何ですか?
 組織診でも分からないということはあるのですか?
②3ヶ月放置していても大丈夫ですか?
 また同じ病院で分からないと言われるかもしれないので
 病院を変えた方がいいでしょうか?
<女性:49歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


受診病院の変更にかかわるお尋ね

[管理番号:6690]

【お尋ねしたい点】
①がん治療が必要であれば、実績のある「がんの専門性の高い病院」にお願いしたいのですが、
いまから、新たな病院を初診から検査開始するにあたり時間的な余裕はあるとお考えでしょうか

②再度初診することにした場合、すでにマンモ2回~一連の検査を済ませており、短期間に
重複検査を受けることの身体への影響に懸念はありますでしょうか。

受診先を変更するのであれば、現病院でCT、MRIはお断りしたほうがよいですか

③現病院の乳がん手術実績は 100件/年となっております。
実績信頼性として十分とお考えでしょうか。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


病理検査結果後のホルモン治療と言われたが

[管理番号:6689]

今年の7月に右乳房温存+センチネル生検手術をし、8月に病理検査結果が出ましたが、あまりよく分かりませんので教えて頂きたいのと、今後の治療方針を田澤先生の見解をお聞きしたいです。

診断結果 右乳がん 乳頭腺管癌(多数浸潤) 腫瘍の大きさ 0.1cm 断端陰性 リンパ節転移の個数 1個中0個 腫瘍の悪性度1.2.3のうち、3
ER陽性50%以上 PgR陽性50%以上 HER2陰性0% 脈管への侵襲 なし
リスク分類 中リスクでリンパ節転移なし かつリスクファクターがある
※リスクファクター 腫瘍の悪性度が2~3 と記載されていました。

病理検査結果が出るまでは、非浸潤癌だろうと言われていたが多数浸潤だった事と、腫瘍の悪性度が3と高いため今後の治療はホルモン療法で、ゾラデックス(2年)+タモキシフェン(5年)の治療方針となりました。
1年前から更年期の症状があるため、さらにホルモン治療で酷くなるのか心配です。
副作用が辛くても私の症状の癌ではホルモン治療をした方がいいのでしょうか?副作用はどれくらいで出始めるのでしょうか?
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


健側嚢胞の細胞診の必要性について

[管理番号:6688]

左わき近くに1cm程のしこりに気づき直ぐに乳腺外来を受診、マンモ・エコー・触診の結果、「マンモに写らない(脇過ぎて撮影範囲に入らなかった可能性あり)エコーでの形、触診で柔らかく可動する。両性の嚢胞なので経過観察」と言われたが気になるので細胞診を依頼、結果classⅤで乳管癌と判明
直ぐに針生研・CT

~結果~

ER 陰性 1%未満
PR 陰性 1~3%
HER2 陰性 1+
Ki-67 35%

明らかな転移は確認できない、浸潤性乳管癌
そこで気になる以下の①~③についてご意見をいただきたくお願い申し上げます。

 ①約1cmの大きさは数年前からあったようだとのことですが毎年人間ドックと乳がん検診エコーを受けており‘15年以降は異常なし(それまでは左右嚢胞や卵管拡張などで再検査などあった)なので1年で1cmになった可能性は否定できないか。

(紹介状を書いていただく病院は手術は3カ月待ちなので他をあたるべきか)
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


両側乳癌の術後の治療について

[管理番号:6687]

今年7月に、両側乳癌の診断を受け、両側全摘と、右のみ腋窩リンパ節郭清の手術を受けました。

術後の病理検査の結果は下記のとおりです。

手術して頂いた先生に特に不信感は持っておらず、このまま同じ病院で治療を受けるつもりですが、
今後の治療方針について、田澤先生のご意見を伺いたく存じます。

以上、何卒宜しくお願いいたします。

右乳癌
浸潤性乳管癌(硬癌)、16x15mm(T1c)、リンパ節転移有(2/5)郭清追加 N1:2/21 →放射
線治療は必要無し
進展度(f)、リンパ侵襲(Ly0)、静脈侵襲(V1) →殺細胞性抗癌剤
核グレード2、ER陽性95% →ホルモン療法
PgR陽性95%、HER2陽性3+ →ハーセプチン療法
M1B1陽性率86% →殺細胞性抗癌剤
→T1 N1 M0:ステージⅡA

左多発乳癌
1.浸潤性乳管癌(充実腺管癌)、25x22mm(pT2)、リンパ節転移無
進展度(f)、リンパ侵襲(Ly0)、静脈侵襲(V0)
核グレード1、ER陽性95%
PgR陽性70%、HER2陽性2+
M1B1陽性率4.7%
→T2 N0 M0:ステージⅡA
2.浸潤性乳管癌(硬癌)、22x20mm(pT2)、
進展度(f)、リンパ侵襲(Ly0)、静脈侵襲(V0)
核グレード2
→T2 N0 M0:ステージⅡA
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後の整容性と経過

[管理番号:6686]

2年前に2ミリの非浸潤癌で手術、放射線治療をしました。

毎回術後のエコーを受けると手術した部位は脂肪の壊死が見られますねと言われます。
通常の経過で問題ないと理解していますが、ふと不安に思うことがあります。

この壊死した脂肪は将来どう変化していくのですか。
変性していって乳房の変形につながるのではと不安になります。

今でも手を挙上するとへこんでいて、そこを手術したのだなあとわかります。
マージンをとって5センチ程度とりましたと言われました。

太ったらお腹に脂肪がつくように、乳房にも脂肪はもどってきますか。
<女性:52歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術前と術後の病理結果の不一致について

[管理番号:6685]

術前に浸潤癌、術後に非浸潤癌と診断されることなどあるのでしょうか?
担当医から生検で浸潤癌があったにもかかわらず、術後の検体から確認できなかったことについて、5mmスライスしているので、その間に僅かな浸潤があるかもしれない。
崩れているように見える部分もあるが、明確な浸潤と言えるものではない。

また、浸潤があったとしても極僅かなため化学療法の対象とはならない。

以上により、無治療、3ケ月毎の経過観察のみとなりました。

過剰な治療を求めているのではありませんが、
無治療で本当に大丈夫でしょうか?
術前の説明と違ってしまったため、戸惑っています。

非浸潤癌で全摘なのに、3ケ月毎の経過観察になっているのは、担当医が少し不安な部分があるのでは?と、変に疑ったりしてしまいます。

田澤先生のご経験から、この様なことはあり得るのかご意見を伺えれば幸いです。
<女性:57歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


授乳中で少量出血

[管理番号:6684]

私は現在一歳半になる赤ちゃんの授乳中です。

一歳半ですが、頻繁に授乳しています。

今年の一月からたまにパッドに赤い血が少量着くようになりました。
一ヶ月に一回ほどの頻度です。
最近落ち着いてきたと思っていたのですが、昨日また少量血が付着していました。

血が付着しているのはいつも左胸です。
いつも自分で絞ってみるのですが、その時は普通の母乳しか出ず、確実な出血場所が確認出来ません。

今年の一月、四月、七月に超音波をしてもらっていますが異常はありません。

私は乳癌ではないですか?定期的に超音波をしてもらい、異常がなかったのですが、出血は気にしなくて良いのでしょうか。

これからどれぐらいの頻度で超音波をしてもらったらいいですか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


両側乳がん リンパ郭清

[管理番号:6683]

A病院で手術予定(8月(中旬)日)(A病院医師とクリニック医師との2名で手術)
提案された治療方針は、
1. 左乳房部分切除+SNリンパ節生検のみ(転移にかかわらず郭清しない)
2. 放射線治療25-30回
3. ホルモン治療5年ないし10年

母は左乳房全摘でもかまわないのですが、疑問はSNリンパ生検に転移があった場合です。
過去に右リンパ節郭清済みのため今回左リンパ郭清はさけ、(リンパ浮腫を回避するため)術後放射線治療で制御する方針のようです。
標準治療ではレベル2まで郭清するのだが、両側だから、
郭清できないとか(しにくいとか)あるんでしょうか?レベル1まででないのは、画像診断からでしょうか。
ちなみに母は過去にリンパ浮腫の経験はありません。

リンパ節転移は腫瘍の大きさからして、確率的には低いが、画像では腫れているところがれているところが数か所あるようです。
右リンパがないので比較対称できないとのこと。
SNリンパに転移がなければいいのですが・・・
<女性:74歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


温存後補助療法について

[管理番号:6682]

主治医からは、浸潤癌である以上、術後補助療法なしはとても危険で再発したら大変、放射線拒否ならホルモン療法か化学療法(抗HER2療法))を強く勧められています。
(局所治療として放射線をした場合でも、対側・全身予防としてホルモン療法か化学療法のどちらか行うことを相談、とのスタンス)

5mm以下の微小浸潤には化学療法不要のガイドラインもあり、(田澤先生の過去回答)化学療法は選択肢外ですが、上記組織所見、既往症、本人の強い拒否感を総合しても、放射線もホルモン療法もやらないという選択肢はありえないでしょうか?
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


ドセタキセルについて

[管理番号:6681]

昨年乳がんと診断されました。

手術はしていません。

①ドセタキセルを打ったあとは浮腫みやすいと聞いたのですが、もともと右腕にリンパ浮腫がある場合、他のところが浮腫むことなく、右腕だけが浮腫むということはあるでしょうか?
今、ドセタキセルを打ったあとから右腕だけが浮腫んでいます。

②胸と脇のリンパの腫瘍は、抗がん剤で小さくなっています。
小さくなっていくにつれて、脇の下の「引きつれ」と「固まったような痛さ」がひどくなっているように思います。
特に、抗がん剤を打ったあと(数日後から)が、その症状がひどく、辛いです。

なぜこのようになるのでしょうか?主治医にも伝えて、処方されたリオレサールを1回2錠・1日2回飲んでいるのですが、良くなりません。
症状を和らげる良い方法などはないでしょうか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


局所再発

[管理番号:6680]

田澤先生、いつも書き込みを読んでは勇気をいただいております。
局所再発の抗がん剤使用について質問です。
初発、
2010年、2月発見,7月石灰化が散在しているため全摘、術前センチネル2-0、同時再建済みです。
ホルモン剤5年間服用しました。
腫瘍径9ミリ、7ミリでした。
今年4月定
期検診にて局所再発、7月9日手術、術中セカンドセンチネル実施。
当初手術で取ってしまえば大丈夫と言われていたのですが、病理結果、腫瘍9ミリ、7ミリ2つ、リンパ2-2とのこと。
ER7、PgR8、Kⅰ6714% 放射線治療だけでなく、根治をめざすなら抗ガン剤も必要とのこと。
リンパはそのままだそうです。
ルミナルAなので抗がん剤は必要ないと思っていたのでショックです。
とにかく、リンパにいっているからの繰り返しです。
いままで、同じような書き込みを見てはいるのですが、決断できずにいます。
どうか、
私に決断する勇気をください。
<女性:59歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


治療方針について

[管理番号:6679]

昨日、乳癌・副乳癌の診断を受けました。

現在、分かっている事はER-PR-でHER2
は副乳癌は0、乳癌は2でした。
核グレードは3でした。
Mib-1は50%以上でした。

転移の有無に関わらず、私の癌は大きいので化学療法を先にするように言われました。
治療は先生は手術先行を押しているように感じました。
ここでお聞きしたいのは、①転移の有無に関わらず、手術を先にした方がいいのか?②手術の場合、予定が入らず例えば3ヶ月先になったとしても手術先行がいいのか?何もしないのは不安があります。
最大何ヵ月まで待てるのか?
③全摘と温存の5年生存率は違うのか?
私は全摘でいいと思っています。
それなら、術前抗がん剤の意味はないのですよね?
まだ子どもが小さいので生きたいのです。
宜しくお願いします。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


エコー検査

[管理番号:6678]

右胸の外側は外側は 乳腺?でボコボコしてると言われた事があります。

毎日 マンモ、触診、エコーは 受けています。
異常なしです。
乳腺外来で受けてましたが…今年は 会社員になり 検診にいきました。

技師さんが エコー検査しました。
右胸のよくボコボコしてるところでとまり 多分 楕円形 の黒い影を写真をとり カラーをやっては 写真わ、していました。
すごく 焦りました。

検診の結果は まだです。
たまたま 産婦人科に行って 子宮頚がんの検査で 産婦人科の先生に 技師さんが 何度もみててと言ったら 先生が 心配だからって 右胸のところをエコーしてくれましたが…
気になるところは ないと…技師さんは 乳腺を測ってたんじゃないかと…
乳腺は 楕円形ですか?カラーとかやりますか?
やっぱり 技師さんは気になったから 長さを測ってカラーをしてたんですすよね?心配で…すみませんが よろしくお願いします。
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


皮膚再発について

[管理番号:6677]

私は約一年前に乳頭乳輪温存皮下全摘術を受け、化学療法が終わり現在ホルモン療法をしています。

2週間ほど前、術側胸の内側に虫刺されのようなものが一つでき、とてもかゆかったのですが2日後には消えていました。
その数日後、乳輪の真下の皮膚が3-4cmくらい赤くなっているのに気づきました。
時折痛みも感じます。
主治医には感染だろうと言われ抗生剤を1週間服用しましたが、現在も赤み・痛みともに改善していません。

昨日は胸の外側に小さな汗疹のような湿疹がいくつもでき、外側下方には2週間前にできた物と同じ、虫刺されのようなものが一つでき強いかゆみを感じました。

一日経過し、かゆみは落ち着いてきましたが、皮膚再発ではないかと徐々に不安になってきました。

視診なしの状況での質問には無理があるかと思いますが、上記の症状は皮膚再発を疑った方がいいですか?

あと、皮膚再発の初期症状はどういったものでしょうか?
「虫刺されやニキビのようなもの」とありましたが、それは出来たり治ったりを繰り返すのでしょうか?かゆみや痛み、赤みはともないますか?触ってわかる症状(硬い等)がありますか?
皮膚生検以外で検査法はありますか?(画像検査、腫瘍マーカー等)
もし皮膚再発であった場合、治療法は化学療法しかありませんか?
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


両胸の腫瘍

[管理番号:6676]

今年の6月に再度検診を受けたところ、エコーで腫瘍がみつかり病院の乳腺外科へ紹介状が出ました。

乳腺外科では触診、マンモグラフィ、エコー、細胞診を同じ日に受けました。

右胸
乳輪のすぐ下あたり1センチ大の腫瘍
マンモグラフィには病変写らず
触診で触れず
境界不明瞭
細胞診ではクラス2
診断名はつかず

左胸
乳輪すぐ下から1センチ外側にズレた
あたり6ミリ大の腫瘍
マンモグラフィには病変写らず
触診で触れず
境界不明瞭
細胞診ではクラス2
診断名は線維腺腫

左胸は2センチ超えなければ摘出する必要はないと言われました。

ですが、右胸は100%良性とは言い切れないと言われました。

そのため、3ヶ月後にエコーで再検査をし、形がいびつになってたり大きくなっていたら組織診をするそうです。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


急に大きくなったしこりでも非浸潤癌の可能性が高いといわれました

[管理番号:6675]

今回のエコーで脇の下のリンパに一個だけ微妙だが怪しいものがあったので細胞診をしました。
結構奥の方で取るのが大変だったみたいです。

これからもしがん細胞が出たら、抗がん剤を先にやったほうがいいかもしれんねーといわれていました。

最近左のお尻のすぐ上あたりが痛く、骨転移ではないかと心配です。

それと最近喋ろうとすると痰が絡んでかすれ声になります。

ネットで調べると、乳癌が縦隔リンパに転移して起こる半回神経麻痺でもそのようなことが起こると書いてあり、もしかしたらそれではないかと思ってしまいます。

そこで先生に質問です
この状態で前の先生の言うように非浸潤癌という事はあるのでしょうか?
もし、細胞診でリンパに転移してることがわかっても、抗がん剤より先に手術をしてもらった方がいいでしょうか?

上記の症状は、骨転移や縦隔リンパ転移の可能性はありますでしょうか?
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後1年8か月全摘手術した胸の赤み

[管理番号:6674]

【質問】

・再発の際の赤みはこのように、出たり消えたりするものなのでしょうか。

・様子を見ていて大丈夫でしょうか。

・赤みがでたのが、3か月前のリュープリン注射の効き目がなくなってきたからで、また新たに注射をしたので今赤みが消えているという事はあるのでしょうか。
注射を打った翌日から赤みは出ていません。

・脈管侵襲が軽度なのですが、リンパに再発する事はあるのでしょうか。
それを調べる定期的な検査は必要ないのでしょうか。

・術前に発見されなかった、偶然取ったらその中にあったという小さな
癌は、元々あると思われてはいないので、十分な余裕を持って取り除かれているのか心配なので、左胸の検査は必要ないのでしょうか。

・もしリンパの再発や、取り残しの様な事があった場合、今回の様な皮膚の赤みは関係性があるのでしょうか。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


12年間の経過観察の不安と不信感

[管理番号:6673]

12年前から左胸にシコリがあり、マンモとエコーを半年ごとに受けて経過観察してきました。

6年前にシコリが大きくなり細胞診を受けカテゴリー3だったので生検したら良性とのことでした。

その後も経過観察で半年ごとの検診を続け、3年前にまた大きくなったので細胞診をしましたが硬すぎて針が刺さらず細胞が取れませんでした。
石灰化したシコリが他にもいくつかあるという理由で念の為にMRIを受けましたが異常なしでした。

その後の半年ごとの検査で左胸のシコリは少し小さくなったので今回から1年に1度の検査となり、昨日が1年ぶりの検査でした。

MRIを受けて3年が経過しています。

マンモは相変わらず石灰化が多いけど去年とあまり変わってないとのことでしたが、エコーは去年は13ミリだったシコリが10ミリと小さくなったが、いびつな形になりデコボコしているとの事でした。

先生は、ホルモンの変化でシコリが縮んでいびつな形をしているだけかも知れないけど、ガンの疑いもあるから生検を受けた方が良いと仰い、
来週また生検の予約を入れました。

そんな事ってあるのでしょうか?
12年も経過観察してきて良性と言われていたシコリが癌になることがあるのでしょうか?
そして、良性のものが縮んでデコボコすることはあるのでしょうか?
もの凄く不安です。
そして半年で行けばよかったという後悔でいっぱいです。
<女性:56歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


葉状腫瘍追加手術

[管理番号:6672]

7月、右乳腺腫瘤摘出術をしました。

検査結果を聞く前日、先生から電話があり、ガンでないこと葉状腫瘤であることを、聞かされました。
そこから1日で葉状腫瘤について調べ、診察に行きました。

日帰り手術前から、マージンに関しては取ってほしい旨伝えていましたが、手術後の話しでは、スライスが目的なので2ミリまたは、全く取っていないと返事がありました。
そして、葉状腫瘤はガンではないので出来たらその都度手術で取り除けば良いこと、当医院では追加手術は絶対にしないといわれました。

その瞬間、この病院にいたら自分のためにならないと直感し、その場で、大きさも聞かずに、他の病院にいってみたいともうしでました。

ただ、とっさに口から出たことであてがあったわけでもなく、
出た言葉は母が乳がんになった時に見ていただいた△△(別の病院)の先生の名前でした。

紹介状を持ち先生に会いに行き、スライスプレートは△△で、再検査中です。
○○病院では、良性と、中間悪性とのことでした。

そこから調べて数日でこちらにたどり着き、読破し、その先生は自分の家族にも同じことを言うのか、自分の身は自分で守るという田澤先生の言葉に感銘を受けました。

田澤篤先生、追加手術をしてください。

その際、7月に摘出しているので早期を希望します。

先生に診ていただき全摘が最適で、安全な方法なら、かくごもあります。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


細胞診一部はっきりしない

[管理番号:6671]

一週間後に結果を聞きにいくと、良性と考えられるが一部はっきりしないとのことなので針生検しましょうとのことでした。
針生検を行いながらも乳線外科医は「うーん。やっぱりこうしてみても、とってみても怪しくないから良性だと思うんだけどな~でも病理の先生にああいう風に言われたら針生検しないわけにいかないんだよな~。」と言っていました。

終了後、「一般的には画像で怪しい場合細胞診をして、そこでも怪しい場合針生検をするんだけど、あなたの場合は画像では良性、細胞診ではっきりしないための針生検なので大丈夫だと思うから、考えすぎないでいいですよ。」と言われました。

いま結果待ち中なのですが、考えすぎるなと言われても考えてしまいます。
まだ良性の可能性もあるんだよな~悪性だとしてもここまではっきりしないなら早期だよな~と頭の中がもやもや、ぐるぐるしています。
針生検を行いながらも、怪しい怪しくないというのが、ある程度わかるものなのでしょうか?
このようなケースを田澤先生はどのようにお考えになりますか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後の通院について

[管理番号:6670]

現在分かっている事が、stage3のルミナールタイプです。

少々遠方に住んでいます。

先生の所でお願いした場合、術後はホルモン療法のため3ヶ月通院となると思います。

その際血液検査もあると思いますが、どなたかのQ&Aの回答で、「腫瘍マーカーの結果は後日分かります」とありました。

それは何日くらいで結果が分かるのでょうか?
結果が出たら再度聞きに行くといった形ですか?
心配性なので結果が分かり次第すぐ知りたいのですが、遠方の事もあり、どのような形で知らされるか教えていただきたいです。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


胸筋間リンパ節への転移に対する治療法について

[管理番号:6669]

妻は2年前(2016年1月)に左乳がんを発症し、術前抗がん剤(ドセタキセル+AC)~温存手術~放射線治療(終了は2016年9月)を行いました。

先日(2018年6月)の定期検査で、腫瘍マーカー陽性の診断を受け、PET
検査の結果、レベルⅡの腋窩リンパ(大胸筋と小胸筋の間)への転移
(もしくは、前回取りきれなかったもの)とのことでした。

6/(下旬)に腋窩リンパ節廓清の手術を実施。
レベルⅢまでのリンパ節廓清。

7/(上旬)の診察で、病理検査の結果、Ki67 54%、ER 12%、PgR 0%、
HER2 0%
リンパ節への転移は、Rotter 3/4、level1 0/7
との主治医からの説明がありました。

今後の治療ですが、鎖骨付近のリンパ節に対する放射線治療を8月(上旬)日~9月(中旬)日まで30回実施しています。

その後、予防としてゼローダを予定しています。

質問ですが、
 ①予防として、抗がん剤を行った方が良いですか?行うとすれば、どの抗がん剤にしますか?
 ②予防でゼローダを使用した場合、その後再発した時に、ゼローダを再使用することは可能ですか?できたとしても意味がないですか?
 ③今回のようなリンパ節への転移のケースでの、再再発の確立はどの程度ですか?
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


お願いします

[管理番号:6668]

先日、乳がんの全摘手術をしました。

ステージ1
腫瘍浸潤部分は9ミリと3ミリです。

(乳管内進展あり)
ホルモン受容は両方とも100%近く、
センチネルリンパ節の結果は転移はなし、
脂肪部分に浸潤していたそうです。

her2+1
グレード3(針生検ではグレード1)
ki67 35前後

抗がん剤を3ヶ月するか、強めのホルモン剤療法をするかどちらかを決めて来てくださいと言われました。

再発率の違いは数パーセントだそうです。

グレード1と言われていましたので、おとなしいタイプだと思っていましたが、グレード3に変わっておりショックです。
再発率などやはり高く、僅かな上乗せ率であっても抗がん剤をすべきなのか。
更に抗がん剤をしても再発率が高いものなのかと不安です。

.グレード、ki67を考えると抗がん剤はした方がいいのか。

.全ての条件を合わせると私の再発率はやはり高いものなのか。

.ホルモン剤、抗がん剤、生理を止めてしまう注射の3つを全てした場合、1つよりも2つ、のように再発率が低くなっていくものなのか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


トリプルネガティブ皮膚転移の再発の治療について

[管理番号:6667]

【2017年1月病理結果】
ステージ2
右全摘出
大きさ:38mm
リンパ節:1個
Ki67:30%
トリプルネガティブ
       

主治医からは手術不可能 抗がん剤のみと言われています。

只今TS1を服薬して1週間経ちました。

赤い所は取っても再発するし、どこか別の場所から皮膚を持ってきてもふさがらなくなるからと、 根治は無理だから共存していこうと言われました。

【ご質問】
・根治ができるのかとい事
・皮膚転移の部分の赤みの治療について
・抗がん剤は何を使っていったらよいのか
・QOLを保ちながら治療するには
・このようなケースの生存率

今後について田澤先生のお考えを是非お伺いできればと思いご質問させて頂きました。

お忙しい所恐縮でございますがどうぞよろしくお願い致します。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


若年性乳がんの予後について

[管理番号:6666]

ご質問です。

1.トリプルネガティブ の場合は、術前化学療法でガンが消えなければ、
ほぼ再発するようなことを、ガンの情報サイトで医師が書いているコラムを読んだのですが、本当でしょうか?
私の勘違いでしょうか?
田澤先生は術前化学療法をされないとの事ですが、ご意見頂けたら幸いです。

2.ドセタキセルが効果なく、FECではガンが消える程の効果がでる事はあるのでしょうか?

3.胸骨のリンパにも転移があるのでステージは3cなのでしょうか?

4.主治医から抗がん剤治療半年をしたら、全摘手術をし、それで治療終了と言われました。
私は放射線治療をするものだと思っていたのです
が、放射線治療はしなくて良いのでしょうか?
先生のお考えを教えて頂きたいです。

5.私の10年後生存率は50%程でしょうか?
今の状態だともっと下がりますか?
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


良性葉状腫瘍の疑い

[管理番号:6665]

①葉状腫瘍だった場合、切除が治療の基本のようですが、
私のように「良性葉状腫瘍疑い」の場合は、経過観察でよいのでしょうか?

②経過観察をして、このまましこりが大きくならなければ、このしこりは葉状腫瘍でなかった、ということでしょうか?

③良性葉状腫瘍の疑い、の場合でも早めに切除した方がよいでしょうか?
あるいは繊維線種の可能性もある(?)ので、経過観察で、すぐに切除しなくてもよいのでしょうか?

もし葉状腫瘍だった場合は、できるだけしこりが小さいうちに切除した方がいいのではないかと思っています。

ですが、もし繊維線種だった場合は、無理に手術で取らなくてもよいのだろうか、とも思います。

でも経過観察をしている間に、どんどん大きくなってしまうのではないか、悪性だった場合は早く取ったほうがよいのだろうか、
と悩んでいます。

切除した方がよい場合、できれば田澤先生にお願いできれば、、、と思っていますが、
可能でしょうか。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


首に出来たしこりについて

[管理番号:6664]

2013年4月に右乳房の温存手術をしました。

癌は2.7cmのもの1つと2cmのもの1つの計2つ、
脇のリンパへの転移はなしでステージⅡa。

ホルモン+、HER2は-です。

ki67は70でグレード3です。

術後に抗がん剤と放射線治療をしています。

術後5年経ち、先月末でノルバデックスの服用が終わりました。

不安なことなのですが、
先月の頭に首の正面左側にしこりがあることに気付きました。

風邪をひいているわけでもないのに、首に違和感を感じました。

押しても痛くなく、しこりを触って硬く感じたので、耳鼻科のエコーで見ていただいた結果、
喉の奥の方、血管のすぐ近くに縦2ミリ、横1.4cmの扁平形のものがうつりました。

サイズは大きいが扁平形なので何かの炎症かも、と言われたのですが、
その後1ヶ月程経ってしこりはなくなっておらず、不安が募るばかりです。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


モンドール病

[管理番号:6663]

モンドール病についてよろしくお願いします。

7月の中旬に痛みと細長い針金みたいなしこりがあって、乳腺クリニックに行くとモンドールと言われました。
しばらく様子見て下さい、と言われ一応、心配で違う乳腺クリニックに5日後に行くと、そこでも、モンドールと言われどちらの病院も乳腺は異常なし、モンドールは放置で大丈夫です。
と言われました。

だんだん痛みも細長い針金みたいなしこりも無くなってきて、安心してたんですが、一部がよーく触ると米粒以下の大きさで、そこまで硬くもなく、でも触るとわかる感じのしこりっぽいのがまだ残ってて、また心配になり、昨日最初に行った乳腺クリニックに行くと、モンドールやなって言われました。

ここって示した場所を先生がエコーしてくれてモンドールやな、ガンではないから。
と言われました。

まだ残ってる感じがあるのですが、米粒みたいな形で残るのでしょうか?
いきなり全部が消えるのではなく少しずつ治っていくのでしょうか?
エコーで見ても2ミリ以下って言われ、丸い感じでした。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


副乳の手術

[管理番号:6662]

以前田澤先生に妊娠中に脇のしこりを見ていただいたものです。

副乳と診断していただき安心して出産授乳しました。

そして2年ほど授乳に先日やっと卒乳しましたが、乳腺のはりはなくなってきましたが副乳のしこりは中々なくならなかったので思い切って副乳を切除しようと思い地元の病院で手術をお願いしようと思い受診しました。

事前にmri検査をしたところ脇のしこりは分かりづらく周りの正常組織と
似たような感じに写っていると言われ副乳疑いで切除手術が決まりました。

そこで気になるのは副乳はmriでそのような写り方になりますか?
手術まで2カ月以上あるのと手術をする総合病院には乳腺外科がないため少し気になってしまいました。
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


癌の種類

[管理番号:6661]

質問させてください。

私の癌は、予後が良くないのでしょうか?
ステージ2a
充実腺管癌のトリプルネガティブ。

Ki-60で、3cmの腫瘍でした。

v1と、遠隔転移の心配も有りと言われてます。

ただいま、抗がん剤治療中です。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


抗がん剤の使用について

[管理番号:6660]

春の人間ドックで乳がんの疑いがあり、検査の結果、左乳房の乳がんと診断診断され、5月に乳房温存手術を受け抗がん剤の投与を受けております。

左乳がん 腫瘍径1.4センチ  髄様癌
T1N0M0
ステージⅠ  リンパ節転移無し
エストロゲン受容体:陽性、 プロゲステロン受容体:陰性
脈管侵襲:陰性  核異型度:2  HER2:0
Ki67:61.2%  ルミナルBタイプ

術後の治療としては
EC療法4サイクル+ドセタキセル4サイクル
放射線療法25回
フェマーラ5年間服用

となっております。

次回点滴がEC療法の4サイクル目となりますが、本人曰く副作用がきつくて耐えられない(端で見ていても明らか)と言っています。

そこで教えていただきたいのですが、ドセタキセルの投与を中止し放射線療法~ホルモン療法を行うことは、どの程度予後に影響しますでしょうか?
EC療法をきっちり終えた後であれば、ドセタキセルの上乗せ効果が数%程度ということなら、今の妻の状況からみて実施しない選択肢もあるのかなと考えはじめております。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


骨転移について

[管理番号:6659]

6月頃に急に腰の痛みを感じ、そのときはぎっくり腰と思っておりました。

それから徐々に痛みは取れていったのですが、
僅かな腰の痛み(というほどではない違和感)がなかなか取れなく
主治医に相談したところ、「まずは整形外科の受診を」とのこと。

整形外科を受診し、レントゲンを撮りました。

乳がんを申告をしたうえで、「転移も骨折もありません」と
言われました。

7月に定期健診をした際に主治医に相談したところ
「ロキソニンを処方するので、それでもしばらく続くようでしたら
また受診に来てきてくだい」とのことでした。

未だに僅かな痛みは続いており、もしかしたら転移しているのではないか
と思うようになりました。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


異時性両側乳がん、非浸潤

[管理番号:6658]

質問1) しこりを形成し広がり約4cmだが非浸潤、というのはありえるのでしょうか?
 ある書籍で「非浸潤の乳管内進展のしこりは、枝分かれした多数の乳管に広がって、
しこりとして気づいた時にはいきなり大きなものも珍しくない」との記述を見ました。

 まだ浸潤していないと信じたいものの、田澤先生のご経験上、術後病理検査で浸潤箇所が見つかる可能性は高そうでしょうか?

質問2) 前回の検診から10ヶ月で、しこり約4cmまで急速に大きくなるものでしょうか?
 HER2陽性・ホルモンレセプター陰性なので増殖能が高く、こうしている間にも加速度的に増殖し浸潤が始まっているのでは…と日夜思い悩んでいます。
<女性:47歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


検査結果について

[管理番号:6657]

病理検査の結果の違いについて教えて下さい。
針生検(乳腺クリニックにて)
ER 3b 90%、PgR 0%、HER2 3+
術後組織(総合病院にて)
Left mastectomy
Invasive ductal carcinoma,Papillotubular carcinoma pT1c:16mm(Tumor size:16×11mm)
f,ly(-),v(-),pN1a(1/19)
NG:Grade1(2+2+1=5)
ER 3+(TS8=PS5+IS3) 90%
PgR 2+(TS5=PS3+ IS2) 平均30%
HER2(IHC):2+(Equivocal)
HER2(FISH):Equivocal(シグナル比1.4及び
平均HER2遺伝子コピー数4.1)( HER2シグナルの多い癌細胞をごく少量認めます。)
ki67:平均7%(5~10%程度)
針生検と術後組織で、HER2とPgR の結果が異なります。
主治医からは、HER2検査について、FISH法でもequivocalだが、シグナル比から陰性と判断すると言われました。
私としては、針生検の結果(HER2 3+)も気になるため、本来の目的とは違うと思いますが、オンコタイプDXを依頼し、現在結果待ちです。
HER2検査の結果で、術後治療方針が異なるため少し神経質になっています。
<女性:48歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


家族が乳がん、本人が乳腺症の場合のエストロゲン単独HRTはして良いか?

[管理番号:6656]

【質問事項】
1. 今年4月に良性疾患で子宮と卵巣卵管全てを摘出後、更年期症状が強い為、6月からエストロゲン単独投与を開始し、今後も継続を希望しています。
私のケースでも投与して良いでしょうか。
2. 投与して良い場合、乳がんリスクはどのくらい上がるのでしょうか。
3. HRTの最大の投与可能期間やその他注意事項があれば教えてください。
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


痛み

[管理番号:6655]

6月末に乳腺クリニックに行き、検診して異常なしでした。
その5日後ぐらいに生理がきて、その時から左の乳房にだけ痛みがあり、生理が原因かなと思いそれからも痛みが続き何気なく左上を触ったら、細長い筋みたいなのに、少し硬めで、2.3粒程、米粒みたいなのもあってそれが細長い筋につながってました。
それが今もあり、痛みもあります。
乳腺かなとも思うんですが、
3週間前の検診はなにもなかったのに、見落としたのか?
それともホルモンの原因なのか、かなり心配です。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


左胸にしこり 痛みがある。

[管理番号:6654]

昨日 息子が 胸にしこりがあり 触ると痛いと言いました。
触ると確かに何かがあり痛みがあるみたいで、
え?乳癌なのかな?ととても怖くなりました。
子供で 男の子なんですけど乳癌の可能性とかあるのでしょうか?
<男性:11歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


針生検と術後病理検査で結果が大きく変わることはありますか

[管理番号:6653]

典型的なルミナルa と聞き気楽に手術を受けたのですが、センチネルリンパ節生検で転移が見つかりました(1/2)。
2.1mmで、追加切除はせず放射線治療を行うようです。
術後に先生が、この癌の大きさでの転移はあまりない、病理検査の結果を慎重に見なければ、とおっしゃったのと、術後は放射線+ホルモン治療とはっきりおっしゃっていたのが、突然組織検査の結果を見て方針を決めます、と曖昧になったことで一気に不安が増し、夜も寝られなくなってしまいました。
癌からセンチネルリンパ節までははっきりと染色?されており、たまたまがん細胞が流れていったのかな、と楽観的に考えたいのですが、ki67の値は術後の検査で大きく変わり得る、ルミナルa からルミナルbに診断が変わることも珍しくない、との情報を得てしまい、とても動揺しています。
増殖能が低いはずで、メインの癌が8mmなのにリンパ節で2mmもの大きさになっているということがとても気持ちが悪く、実は悪性度の高い癌なのではととても毎日が苦しいです。
田澤先生ならどのような可能性をお考えになりますか?
本当に追加切除は必要ないのでしょうか。
大きく診断が変わり、追加切除や抗がん剤治療が加わる可能性はあるのでしょうか。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


放射線治療をどこまで

[管理番号:6652]

2017年11月、受診して生検により乳癌と診断され、12月(中旬)日から術前化学療法
3週毎1回、4回で違う薬で行った後手術、その後はタイプが判明してからという予定で、左胸中央下のしこり3個について、治療中でした。
しかし、4回5FU、エンドキサンファリモルビシン点滴のあと、薬が変わると皮膚が足首でなにかの原因で腫れ、入院4日、その後、白血球のもどりが悪いということで薬を毎週一回のものに変えることになったのですが、それでも1回めのあと、白血球がよくもどらないということで、検査も受けましたが、そういう体質といわれ、もう切りましょうということで6月(下旬)日に左全摘、
リンパ除去をしました。
小葉癌、6,2cm、リンパ転移3個、核グレード1、増殖指標低、脈管侵襲少し、切除断面-、hER2-、ということで、今後、放射線治療を鎖骨と胸壁、どこまでかけますか、木曜までに決めてくださいといわれました。
私は、再建しようかどうか迷っているので、先生のご意見をお聞かせいただければ幸いです。
<女性:58歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


集蔟性の膿疱の件

[管理番号:6651]

昨日、定期的に通っている乳腺外科へ乳癌検診に行きました所、「あれ、こんなの前からあったっけ。
カテゴリー3だなぁ、まあ若いしたぶんホルモンの関係だろうね、MRIしてくる?まあ、半年様子見て考えましょう。」という何とも曖昧な診察でした。
カテゴリー3という言葉に動揺し何も質問せず帰宅してしまいました。
帰宅後エコーの感熱紙を見て自分なりに調べました所、「全長2.8cm集蔟性のある膿疱」かと思っています。
マンモグラフィーは石灰化はあるものの、1年前と比べ同じもしくは減っていると言われた事は覚えています。
①このまま半年様子見で大丈夫なのか。
どこかでMRIをしてくればいいのか。
どこかでマンモトームをしてくればいいのか。
②半年も待てる精神力はないのでできれば田澤先生の所にお伺いしたいのですが、可能でしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後4年目で再発しました

[管理番号:6650]

4年前に1.5cmの粘液がん(センチネルリンパ節生検で転移無し)の乳房温存手術を受け、
術後は放射線治療(局所有り)、タモキシフェンを服用していました。
先日、手術を行った乳房にしこりを自覚し、細胞診の結果、前回と同じく、粘液がんの診断結果が出ました。
しこりの大きさは0.5cm程度とのことです。
これからの治療方針としては、PETで全身への転移を検査し、転移が無ければ、手術を行う予定です。
以下お教えください。
 PETは必要でしょうか?
 同じ乳房の内側下部(表面皮膚に近い場所)に再発している場合に温存手術は可能でしょうか?
 内視鏡手術だと傷口が少なくて済みますか?変形が少なく済みますか?
 ラジオ波焼灼療法の対象になりますか?
 今、東京に住んでいないのですが、先生に手術して頂いて、術後の経過観察を今住んでる病院を紹介して頂けるようなことは可能でしょうか?
<女性:43歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


切除術後の治療方針について

[管理番号:6649]

母の乳癌切除手術後の治療についてお伺いしたいです。
今年の3月に自身で左乳房にしこりを見つけ受診。
検査等の結果、今年6月に大学病院にて左乳房を全摘手術しました。
【術後の病理結果】
左A領域:灰白色分葉状腫瘤高度の核異型上皮が大小の充実胞巣状に浸潤増殖。
腫瘍胞
巣内の面疱壊死が目立つ。
間質は少量、乳管内癌成分は中等量。
充実型の浸潤性乳管癌に分類。
pT2(2.8×1.8cm)
Ly1、V0
Nuclear grade3
リンパ節:2/16(levelⅠ 2/16、levelⅡ0/10)
UICC:pT2、pN1a、M0
ER:90%
PgR:60%
HER2:陽性(3+)
ki67:40%
CK5/6:陰性
7月上旬に術後の受診にて担当医から、ルミナールB・HER2陽性・ステージⅡb、リンパ節に2個の転移ありと説明を受けました。
担当医は、顔つきも良くないタイプなので、術後治療方針として
化学療法(抗がん剤)、抗HER2療法(ハーセプチン)、内分泌療法(ホルモン療法)を勧められました。
母が、抗がん剤副作用に対する拒否が強いことを伝えると担当医は
化学療法をせずに、ホルモン療法とハーセプチン治療という選択肢もあります、と言われました。
その後こちらのサイトを何度も確認していると、田澤先生はハーセプチン単剤使用ではなく、抗HER2治療は必ず抗がん剤を使用すると書かれており、担当医の言葉にどうも疑問を感じてきました。
<女性:67歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


癌の確率

[管理番号:6648]

癌の可能性が高いと言われ大学病院を紹介されました。
しこり2.2センチ
右のリンパ節も少し腫れているのを
レントゲンを見ながら説明して下さいました。
現在、血液検査
エコー、マンモトーム生検、脇の下にも注射していました。
MRまで終了し、
来週、PETをし診断が出ます。
不安で調べていたところ
こちらのサイトにたどり着き、相談させて頂きました。
結果を待てばいいのですが
癌の可能性が高いという判断から良性という場合もあるのでしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


病理結果からの治療方針について

[管理番号:6647]

先月温存で手術を受けました。
その病理結果が浸潤性の乳癌、病期T1、N1、M0で、ステージⅡAでした。
浸潤径は16mm、広がりは24mm。
断端は近接。
リンパ節転移は1個。
グレードは3で、ki67は23.8%。
ホルモン受容体とHER2受容体はともに陽性。
これをもとに抗がん剤、ハーセプチン、ホルモン、放射線、全てを受ける事になったのですが、これは普通なのでしょうか?
ちなみに抗がん剤はACとドセタキセルでした。
ki67の数値だけ見たら抗がん剤は受けなくてもいいのかと思い(こちらで拝見したので)
担当の先生に質問した所、それだけではなく総合して検討した結果受けた方がいいという事でした。
そこで、先生も同じ見解なのか教えて頂きたいです。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


術後5年経過、標準治療で終了していいのでしょうか

[管理番号:6646]

粘液ガンで術後5年になります。
2年間リュープリン注射と併せてノルバデックス服用5年になります。
主治医から、おとなしいタイプなので薬はもう終了でいいでしょうと言っていただいたのですが、再発が心配でなりません。
希望すれば薬を処方して下さるとのことですが子宮がんのリスクもある事から悩んでいます。
<女性:46歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


乳腺からの膿

[管理番号:6645]

今生理3日目なのですが、何日か前から左乳首だけ痛みがあります。
初めての症状なのですが、生理のせいかと思ってました。
けれど今日絞ってみたらニキビの様な膿の後に出血しました。
しこりは見当たりません。
陥没しているのでそのせいかと思いましたがこの様な場合は病院へ行きエコーをしてもらえばすぐ原因がわかりますでしょうか?
癌と関係があるのかと思って不安です。
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。
 


内胸リンパ節転移の場合

[管理番号:6644]

右乳房C領域
先日全適同時再建を行いました。

浸潤性乳管癌 solid+scirrhous
腫瘍径 2.5×2cm
f(+) s(-) p(-)
ly1v0
核グレード3
組織学的グレード2
センチネル0/4
ER(+) PgR(+) HER2(0)
Ki67 25-35
ルミナールBでオンコタイプを考えています。
 
それとは別に、術後(術前予約が取れなかったため)
PET検査を行ったのですが、
術側の内胸リンパ節にhot spot(SUVmax2.69→3.17)で
低値・術後のため経過観察になりました。
(術後領域にも集積あり(こちらは手術の影響))
もし内胸リンパ節転移なら、治療はどうなりますか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。