Site Overlay

7月29日(水)⑥ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

右胸のしこり   [管理番号:8770」
胸のしこりについて質問させてください。

乳がん検診は毎年マンモとエコーを受けています。

今のところ異常なしです。

痩せ型で乳房は小さく乳腺の密度が高いです。

周期は狂っていますがまだ閉経はしておりません。

生理周期にあまり関係なく頻繁に乳房痛があります。

今年の4月に右胸の外側が痛くて、ふと触ってみたら上部にボコっとしこりに触れましたが、数日で痛みと共にしこりも消えました。

その少し後に、お風呂で胸を洗っている時に右胸の下部内側寄りにゴロッとした物に触れました。

痛みはありません。

左胸にはそのような物はないように感じました。

元々胸が小さく乳腺もゴツゴツしているので、普段自己検診はしないようにしています。

田沢先生のお教え通り、横になり手を上げてサーっと撫でる程度だと何も触れないので、そのまま放置していました。

しかし、昨日またお風呂で同じ場所にゴロッとした物を感じて心配になってきました。
■症状:胸のしこり
<女性:52歳> ……【詳しく読む】右胸のしこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

いくつかの症状と胸が大きい場合のシコリ   [管理番号:8769」
2つほど質問させて下さい。

私は遺伝で胸が大きくHカップあります。

昨年60歳の母が人間ドックで引っかかり改めて乳腺科でマンモと超音波診断の結果、
問題はありませんでしたが「大きすぎてわかりにくい」とも言われたそうなのです。

(とても丁寧に診てくれたそうなので母は安心しています。)

いまのところ、私は脇の下の皮膚の痛み
(摘むと痛い程度、しこりではない)と副乳らしき腫れと生理前のような乳房痛のみですが、①胸が大きすぎてセルフチェックではわからないシコリが既に存在している可能性はありますか? ベッドに横向きになり反対の腕で乳房をチェックするとグリグリする感覚はあるのですがそれがシコリなのか脂肪なのか左右対称なのかもわからず…。

今まで乳がん検診をしたことがないので生理後も乳房の痛みが残っていたら一度乳腺科で診てもらおうかと考えています。
②受診のタイミングは合ってますでしょうか?
しばらくは経過観察でも良いのでしょうか?

出産経験は無く、家族に乳がんや卵巣がん
にかかった者はおりません。
宜しくお願い致します。
<女性:33歳> ……【詳しく読む】いくつかの症状と胸が大きい場合のシコリ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌への不安   [管理番号:8768」
38歳の主婦で3年前から今年2月まで授乳しておりました。

30歳頃から乳癌検診を受けており、幸い今のところは異常ありません。
今年は4月に検診を受けて異常ありませんでした。
乳癌にはすごく恐怖があり、自己検診をすぐにしてしまい、その度にこれはしこりなんじゃないかと不安になり、超音波をしてもらいます。
今回も6月に超音波をしてもらい私の勘違いに終わりました。
そして、今また自己検診による不安に襲われています。
6月に超音波で異常がなければ、今回は大丈夫でしょうか。

また、早期発見につながる検診頻度はやはり一年に一回ですか?
それより早い期間で検診を受けても意味はないですか?
例えば3か月に1回、超音波をするとかは意味ないでしょうか。
<女性:38歳> ……【詳しく読む】乳癌への不安

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤(石灰化)と浸潤   [管理番号:8654]
いろいろQA見ていると非浸潤で見つかる場合は切除でその後は無治療が多いのですが、
非浸潤で見つかる人(石灰化)と浸潤で見つかる人はどう違うのでしょうか?

浸潤で見つかる人は非浸潤で見つかるのは難しかったのでしょうか?
<女性:39歳> ……【詳しく読む】非浸潤(石灰化)と浸潤

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん→腹膜への遠隔再発   [管理番号:8767」
2013年浸潤性小葉ガンⅡb。
リンパに一個、筋膜に転移あり。
ホルモン受容体+HER2ー。
術前抗癌剤(タキサン系)4クール。

ホルモン療法、放射線療法行う。

1年前CEA30にてpet.造影剤ct見つからず。
CEAが400まで上昇。

開腹にて腹膜にみつかり、細胞採取。
乳がんのタイプと同じため、フルベストラント、ページニオ行うも600↑上昇している。

主治医はアンスラサイクリン系すすめてます。
母は抗癌剤に消極的です。
■病名:乳ガン浸潤性小葉がん→腹膜転移
■症状:背部痛軽度
<女性:73歳> ……【詳しく読む】乳がん→腹膜への遠隔再発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法中 出血(生理かどうか)について   [管理番号:8766」
現在、術後4年9か月(今年の10月で5年経過となります。)
術後は、抗がん剤TC療法 → その後、リュープリン注射とノルバデックス服用開始
(リュープリン2年で終了) → ノルバデックス服用のみで現在に至っております。

ノルバデックス服用は約4年3か月経ちました。

今回、生理のような出血が始まりました。

生理の時よりはさらさらとした出血で、量もとても多いです。

同じような出血が、約5か月前(2月)にもあり、約10日ほど出血が続きました。

乳がん治療をして以来、生理は全くなかったので、
その2月の出血時、婦人科を受診しました。

その2月時のフォローアップとしての再受診、そして再度検査も、先月6月にしました。

2月も6月も、検査結果では「現段階では問題ないでしょう」ということでした。

私からの「この出血は生理なのか?」という質問に対しては、
婦人科の先生は、「今の治療のノルバデックス服用中では、まず生理は基本ないはずですが」とおっしゃいました。

しかし、乳外科の先生は、同じ質問に「生理は戻る人も結構います(生理の可能性)」とお答えになり、
回答が全く異なりました。
■病名:乳がん
<女性:44歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法中 出血(生理かどうか)について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up