Site Overlay

乳がん→腹膜への遠隔再発

[管理番号:8767」
性別:女性
年齢:73歳
病名:乳ガン浸潤性小葉がん→腹膜転移
症状:背部痛軽度
投稿日:2020年7月22日

2013年浸潤性小葉ガンⅡb。
リンパに一個、筋膜に転移あり。
ホルモン受容体+HER2ー。
術前抗癌剤(タキサン系)4クール。

ホルモン療法、放射線療法行う。

1年前CEA30にてpet.造影剤ct見つからず。
CEAが400まで上昇。

開腹にて腹膜にみつかり、細胞採取。
乳がんのタイプと同じため、フルベストラント、ページニオ行うも600↑上昇している。

主治医はアンスラサイクリン系すすめてます。
母は抗癌剤に消極的です。
お忙しい中すみません。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「主治医はアンスラサイクリン系すすめてます。」
⇒タキサン既治療だから、極めて妥当です。(私も全く同意見)

「母は抗癌剤に消極的です。」
⇒どうしても副作用が気になるなら(実際にはanthracyclineでも低用量にすれば全く問題ないですが)
 Eribulinなら何ら問題ないでしょう。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
30+
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up