Site Overlay

4月30日(木)① 10件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

今後の手術・治療について   [管理番号:8488]
現在、AC療法の4回終了しパクリタキセル1回目4/(中旬)終了、2回目4/(下旬)の予定です。

術前抗がん剤か手術先行かの選択もできず、私の知識も無く今日まできました。

この状況で田澤先生ならどのような手術・治療をされますか?ご意見をお聞かせください。

今の病院ではがんが縮小され(実際触ると小さくなってます)、リンパⅢまで取ってくれないのではないかと心配しております。
今すぐにでも田澤先生の元に飛んでいきたい気持ちなのですが、新幹線も通っていない遠方でコロナの件もあり悩ましい限りです。
遠方でなければ…コロナがなければ…
もし、この二つがクリアーでき手術をお願いしたい場合、術後の治療の事(地元でするのか)も含め相談可能でしょうか?
■病名:右乳がん 腋窩リンパ節転移 ⅢC
<女性:60歳> ……【詳しく読む】今後の手術・治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

温存可能な場合の全摘手術検討について   [管理番号:8263]
2020年1月上旬
浸潤性アポクリン癌、トリプルネガティブ、ki67:11%おとなしいタイプの癌であるとの説明を受けました。

その後、CT、MRI検査を受け、乳頭との距離2cmは有る、広がりが無い事を確認し、私の希望である温存も可能ということになりました。

姉が両側性乳がん(右側:非浸潤癌、左側:ルミナルA)で有る為、全摘した方が良いのかを主治医に確認したところ、「お勧めはそちらですが、手術まで時間が有るので、
遺伝性の確認をしてから検討しても良いのでは?」と提案されました。
ただ、遺伝子検査は私一人で済む問題では無い為、遺伝子検査を受けられません。

温存するか?再発のリスクを低減させる為に全摘+同時再建するか?悩んでおります。
全摘+同時再建する場合は、人工物を入れる事に抵抗が有る為、自家組織再建を考えています。
温存可能なのに、再発を恐れ過ぎて、乳房以外にも大きなダメージを
与えて良いのか?その後の抗がん剤治療は大丈夫なのか?と不安です。
■病名:浸潤性アポクリン癌
■症状:9㎜大のしこり
<女性:50歳> ……【詳しく読む】温存可能な場合の全摘手術検討について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左胸の痛みとしこりのようなもの   [管理番号:8487]
今9ヶ月の子供に授乳中です。

2月の頭に超音波検査を受け異常なしでした。

生理予定10日前くらいなのですが左胸の一番下の部分(荒らとの境目)辺りを軽く押すと筋肉痛のような痛みがあり乳腺なのかしこりなのか触れる部分がコリコリするような感じがします。

どちらかといえば弾力はあります。

軽く触る分には気にならないのですが少し圧迫して押すと気になるのですが病院を受診したほうがいいのでしょうか??
<女性:35歳> ……【詳しく読む】左胸の痛みとしこりのようなもの

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

コロナと肺転移の違い   [管理番号:8486]
質問です。

1、CTの違いなのですが、
肺転移の影の見え方と、コロナの影の見え方は違いがありますか?
CTだけではどちらか分からないですか?

2.触診での乳がんの見極め方。

寝転んで触診しているのですが、
乳がんのしこりはどのような感触なのですか?
骨みたいにカチカチなのでしょうか?
あと脇のリンパのしこりの感触も教えていただきたいです。
<女性:32歳> ……【詳しく読む】コロナと肺転移の違い

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプル乳癌   [管理番号:6239]
去年12月中頃に乳腺専門の病院を受診して左胸乳癌とわかり、それからのCT.MRなどの検査を受け(PETや脳の検査はしていません)、12月末にトリプルネガティブ、二センチ以下、リンパ節転移あり、他の臓器への転移は今の所確認できないと診断され、その時点ではステージ2aでした。
これからの治療法として手術と抗ガン剤治療は必須と話を聞きましたが、その病院は自宅から2時間と遠いため、抗ガン剤治療で通院中に何かあっても心配だからと近くの病院を探すように言われ、1月から別の病院へ行くことになりました。
別の病院でも同じ検査をして同じ結果でした。
そこでは抗ガン剤は手術前でも術後でもどちらでもいいと言われ(前の病院ではどちらでもいいが、自分なら効果を見たいから術前にすると言われました)、悩みに悩んだ末に手術先行にしました。
もしも抗ガン剤が効かなかったことを考えると怖かったので。。
腫瘍も小さいため、温存でいけるとのことで温存を選択し、腋窩郭清しました。
術後の病理結果は、浸潤径1センチ、組織型硬癌、リンパ節転移17個中8個と多く、悪性度2、脈管浸潤なし、切除断端陰性、ki67も70~80%と高く、ステージ3aになっていました。
<女性:37歳> ……【詳しく読む】トリプル乳癌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン剤内服について   [管理番号:8414]
令和2年2月上旬の診察で、薬を中止したこと、インフルで寝込んだ後、
仙骨あたりが痛い転移ですか?左胸に、気になる、しこりみたいな物ががあることを
伝えると、1ミリでも、浸潤は、浸潤ですからね。
ホルモン剤は飲んだ方がいいといわれ、ホルモン剤を再開しました。
医師も忙しそうで、左胸も含め、5月の診察できちんと調べましょうといわれました。
私がちょっとしたことでも、転移かもと不安になり、質問したせいもあるかもしれません。

現在、椅子に座る際、仙骨あたりが痛みます。
後、左顎関節が痛いです。

左胸にも、石灰化があり、右胸のオペ前に、マンモトール生検をして、癌では、ありませんでした。

術前に、pet検査もしました。

現在やはり、吐気があり、ホルモン剤が、苦痛です。

先生の、Q &Aを拝見しまして、ホルモン剤を飲まなくても
よいかなあと思いました。

先生の意見をお聞かせください。
■病名:右乳癌
<女性:51歳> ……【詳しく読む】ホルモン剤内服について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠中の乳がんについて   [管理番号:8408]
先生にお聞きしたいことは以下のことです。

①エコーでの検査と病理結果はだいぶ違いました。
エコーでは、
リンパへの転移など、そんなに見つからないものなのでしょうか?

②出産後に治療を始めるのはおそらく4月末頃になる予定です。

手術後に2ヶ月半も放っておいたら、目に見える転移が出てきてしまいやすいでしょうか?
出産前に抗がん剤を使い始めることを
主治医からは提案されませんでしたが、必要ないでしょうか?

③出産後にCTを撮ってステージⅣとなった場合、ホルモン療法からに変更すると言われました。
自分で調べたところ、CDK4/6阻害薬のことなのかなと思っています。
この薬は、がんの成長を抑えるだけで、奏功は期待できないのでしょうか?私としては、抗がん剤で積極的な治療も試してみたいと思っています。

④妻の場合、エストロゲンもプロゲストロゲンも、軽度であるということは、ホルモン療法は効きにくいということですか?
■病名:浸潤性乳管がん
■症状:現在は自覚症状なし
<女性:35歳> ……【詳しく読む】妊娠中の乳がんについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ki低値のHER2について   [管理番号:8362]
浸潤がん
広範囲な非浸潤がんのため全摘しましたが、一部浸潤がんがありました。

腫瘍経 4ミリX2ミリ
切除断端 陰性
波及度 g
脈管侵襲 陰性
er 90%
pgr 90%
グレード1
ki 67 5%
センチネル0/1
HER2 +3

先生の、他の方への回答で、
『ki67が9.9%では、FISH陰性の可能性が高い、本当にHER2でふか』というのがありました。
そこでお聞きしたいのですが
①私はそれより低い5%ですし、グレードも低いです。

HER2であることがとても不安になりますが、間違えということはないでしょうか。

②もしHER2だとしても、大人しいから、ルミナールAのように再発が10年後とかもあり得るでしょうか。
術後の治療はタモキシフェンを5年の予定です。

③私の腫瘍経は縦×横の表示ですが、他の方では深さ(?)も書かれているようです。

塊ではなく『面』のようなものなのでしょうか?
④今はお酒を控えてますがら以前はかなりの量を飲んでおりました。
その場合、遠隔転移で肝臓へ行った場合、転移しやすいものでしょうか。
飲酒量が肝臓に蓄積されているという記事を見たことがあり、心配です。
■病名:浸潤がん
■症状:広範囲な非浸潤がんの中に、浸潤がんが見つかりました。
<女性:47歳> ……【詳しく読む】KI低値のHER2について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

精密検査   [管理番号:8485]
乳がん検診で石灰化集簇により精密検査、紹介状より総合病院で受診、再度マンモグラフィとエコーをとりました。

結果、エコーには石灰化かうつらず、マンモグラフィではカテゴリー4でステレオガイド下ができる別の病院へまわされました。

まわされた病院でも、やはりエコーには石灰化はうつりませんでしたが、別の場所で腫瘤が確認され、それも針生検をし、追加で造影剤を使用したMRIをすることになりました。

石灰化がMRIにうつれば、石灰化が悪性に近いとのこと。
しかし、こちらの病院ではマンモグラフィはカテゴリー3と診断されました。

長くなりましたが、質問は
①検診でも総合病院でもエコーでは指摘なかったですが、針生検が必要な腫瘤が今の病院で突然指摘されるのは、丁寧なお医者様と考えても良いのか(もしくは、過剰検査ではないのか)

②悪性とも診断されていない状態でMRIをするのは、限りなく悪性にちかいのか?
<女性:44歳> ……【詳しく読む】精密検査

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の補助療法について   [管理番号:8484]
オンコタイプDXの結果待ちの状態です。

医師より提案無かったのですが、、はっきり数値で確認したかったのでお願いしました。

そして、結果待ちの間抗エストロゲン剤の処方をお願いしてみました(生理周期が25日で術後2回もきてしまいました)が抗がん剤の効果が弱まるとのことでだめでした。

さらに、抗がん剤についてもTC療法の選択はできないか聞いてみましたが、リンパ節に転移していてリスクが高いということでだめでした。

質問1:抗がん剤前に抗エストロゲン剤服用すると効果が弱まるのですか?
質問2:私の場合、抗がん剤治療はTC療法では不足ですか?
質問3:抗がん剤の脱毛についてですが、アントラサイクリン系>タキサン系ですか?
タキサン系のみ転院して、頭皮冷却が可能なのですがACで脱毛しても効果があると思われますか?
■病名:左乳がん
<女性:47歳> ……【詳しく読む】術後の補助療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up