乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7328]
性別:女性
年齢:52歳
病名:浸潤性乳管ガン
症状:胸のしこり

3月の人間ドックで右胸にしこりが見つかり、浸潤性乳管ガンと診断されました。
5月に手術予定です。

針生研、Ctで乳管の下の筋肉に少し浸潤がみつかりました。

,MRI済でリンパ節への転移はなし。
小さいしこりはあるようですが、
手術の時にセンチネル生研するようです。

生研の結果は2.7センチ。
CT2
ルミナルBタイプ、HER2陰性。

ホルモン受容体ありER10~30% PGr0%
Ki67 35%

温存か全摘はどちらでも変わらないと言われたのですが、どうでしょうか?
ちなみに、どちらでも浸潤があるので、術後は放射線、その後ホルモン療法、化学療法が必要のようです。

自分の判断でと言われ、困惑しています。

どうぞよろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。

「温存か全摘はどちらでも変わらないと言われたのですが、どうでしょうか?」
→極めて基本的な内容です。
 是非『今週のコラム 159回目 乳癌診療の基本1 『乳癌の治療で最も重要なことは治療を「局所療法」と「全身療法」に分けることなのです。』』をお読みくださ
い。(そのまま10まで一気読みするとイメージがわきますよ)
 

今週のコラム 159回目 乳癌診療の基本1 『乳癌の治療で最も重要なことは治療を「局所療法」と「全身療法」に分けることなのです。』

今週のコラム 163回目 乳癌診療の基本2 腋窩リンパ節の取り扱い 「そりゃ、もう大騒ぎさ」

今週のコラム 164回目 乳癌診療の基本3 サブタイプとは 『リンパ節転移と抗がん剤は無関係であることは2015年にSABCSで発表されています。』

今週のコラム 165回目 乳癌診療の基本4 説明同意書入院案内 『気が済むまでうがいをして、”随分良くなった”と自分自身が信じること」それが大事です。』

今週のコラム 166回目 乳癌診療の基本5 手術当日~退院 明日になったら、驚く程「楽に」動かせるようになりますよ

今週のコラム 167回目 「絵に描いた餅」ではなく、実際に多数の臨床試験で一貫した結果が証明されていることです。

今週のコラム 168回目 乳癌診療の基本 7 taxane単独regimenであるTCは、anthracyclene単独regimenであるAC/ECよりも効果が高いことが示されている。(SABCS 2007)

今週のコラム 169回目 乳癌診療基本8 ポイントは「アレルギー」「筋肉痛」「全身検体(だるさ)」

今週のコラム 171回目 乳癌診療の基本9 high risk regimenとしてPegfilgrastim(ペグフィルグラスチム)注 26 )の適応があります。

今週のコラム 174回目 乳癌診療の基本10 後半(3回目以降)から痺れ と浮腫み がありますが十分対処できます

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

今後の治療方針について
性別:女性
年齢:53歳
病名:乳がん
症状:術後の脇のしこり

田澤先生
先日はご相談ありがとうございました。
拝読させていただき、手術に臨めました。

5月中旬に温存手術で乳がんを切除しました。

しこりは手術前2.7でしたが、病理結果では3.5センチ、もう一つ0.4センチのものがあったようです。
Ki67bは35パーセントから40パーセントに上がっていました。

センチネル生検をして、1つ調べてリンパ節転移はなし。

切除断片端は陰性、脈管侵襲は血管-、リンパ1+でした。

ルミナールBとの診断だったので、オンコタイプをお願いしました。

オンコの結果はRS57、9年遠隔再発率39パーセント、化学療法の上乗せ15パーセントでした。

術後ホルモン剤レトロゾールを処方されて、骨密度低めだったのでビタミンDも飲んでいます。
今週から放射線治療に入る予定で、事前CTをとったところ、脇に2センチのしこりが発見され、治療計画見直しになりました。
針生検して悪性とのことで、明後日PETCTとなりました。

2か月で急速に大きくなっていることや、CEAの値も10から13に上がっていることが気になります。
脇の追加手術か、今後の治療が不安です。

こういう場合、どういった治療計画が妥当なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「センチネル生検をして、1つ調べてリンパ節転移はなし。」
「脇に2センチのしこり」「針生検して悪性」「PETCTとなりました。」

⇒術前抗がん剤をすると、(ルートが変わってしまうため)ごくまれに「センチネルリンパ節生検の偽陰性」がありますが…

 質問者にとって、残念なことでした。

「脇の追加手術か、今後の治療が不安」
「こういう場合、どういった治療計画が妥当なのでしょうか?」

⇒そのためのPETですね?

 全身に治療を優先せざるを得ないような所見がないのであれば、(手術不能となる前に)手術すべきです。(現時点で手術可能であれば)
 『今週のコラム185~187 腋窩再発vol 1~3』を参照してください。

今週のコラム 185回目 腋窩再発vol. 1 腋窩郭清が必要な場合には、是非「病院選び」に慎重になりましょう。その選択が第1のturning pointとなるのです。

今週のコラム 186回目 腋窩再発vol. 2 内側アプローチの肝(キモ)は、癒着していない奥(レベルⅡ)から郭清することで再手術であることの欠点(risk)の回避なのです

今週のコラム 187回目 腋窩再発 vol. 3 初回術後の補助療法としてはpertuzumabが投与されていない ので、この機会にtrastuzumab + pertuzumab + docetaxelをやりましょう。

★安易に「抗がん剤の効果が解るから、腋窩リンパ節は(手術せずに)置いておいた方がいい」みたいに言われて、それに「押し切られない」ように注意しましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

肝転移、骨転移
性別:女性
年齢:53歳
病名:乳がん
症状:転移

先週のご回答ありがとうございます。

PETの結果がでました。

脇のリンパと、さらに肝臓、腰骨に転移がみつかりました。

エコーでは鎖骨のリンパもあやしいようです。

来週、骨しんち、腹部エコーです。

5月に手術後の進行具合が早いので、手術は不可能、抗がん剤を早く始めたほうがよいということで、来週終盤から、EC3か月、その後パクリタキセル+アヴァスチンとの予定です。

急な展開で動揺しています。

転移がると手術は不可能、早い性質のがんだと抗がん剤しかないのでしょうか?
使用する薬も強いようなので、心配です。

田澤先生のお見立てを伺いたいので、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「転移がると手術は不可能、早い性質のがんだと抗がん剤しかないのでしょうか?」
⇒肝転移の状況が不明ですが…

 抗がん剤を先行させるべきだとは思います。(抗がん剤の中身としては、まずはアンスラサイクリンということでいいでしょう)
 ただし、ある程度コントロールがついたら手術(腋窩郭清)をするようにしましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。