乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



謹賀新年

2019年が始まりました。

この東京のいい天気は、今年の海路の日和がいいことを表しているようです。

昨年末は株価も下がりましたが(日中貿易戦争も、「いい迷惑」ですね?)、そんなもん跳ね除けて行こうではありませんか!

 

〇手術

さて、前回「何のために、自分は入院したのか?」を再確認したAさんは無事に入室しました。

 

time-out 『名前はAさん。術式は「乳房温存+センチネルリンパ節生検」です。よろしくお願いします。』

乳輪皮下に色素を注入、腋窩小切開、センチネルリンパ節生検施行。迅速診断に提出。

病理医からの術中報告『提出された、リンパ節に癌の転移を認めません。陰性です。』

私『良かった。 (追加)郭清は省略します。』

そのまま、乳腺を部分切除、手術は予定通り終了。

 

〇術後、家族への説明

 

 

『幸い、センチネルリンパ節には転移を認めませんでした。 予定通り、郭清は省略しました。

乳腺は予定通り、十分なマージンをとりながら部分切除しました。乳頭側は乳頭を超えて、末梢は乳腺の端までの切除としています。

(切除した標本をお見せしながら)それが、これです。』

 

 

 

患者さんのご家族(父)

『おぉ! これが乳腺ですか。 思ったより大きいですね。

この青いのが腫瘍ですか?』

 

 

 

『違います。 それ(青いの)はセンチネルリンパ節を染めた際の色素(インジゴカルミン)の色です。

腫瘍は乳腺の中にあり、脂肪が覆っているので視認することはできません。

触れば、その(腫瘍の)部分が硬いので認識できます。』

 

 

 

『それにしても、思ったよりも随分大きいですね!

こんなに大きく切除したのでは、変形凄いんじゃない?』

 

 

 

 

『この位、きちんとしたマージンをつけないと安全な切除にはなりません。

それと(変形は)心配しなくても大丈夫です。

乳房を形作るのは乳腺だけではなく、その表面と裏の脂肪の体積も大きいのです。

それら(脂肪)を必要ない部分を残すように気を付けるようにすれば、それほどのvolume lossにはなりません。』

 

 

『手術は成功ですか?』

 

 

 

 

 

『もちろん。 手術は成功です。

手術が失敗することはありません。

それ(手術が成功とか失敗とかいうのは)はテレビの見すぎですね。』

 

 

 

『麻酔、覚めるのに何時間かかかるのですか? 本人と話がいつできます?』

 

 

 

 

 

 

『今、(麻酔科医が)麻酔を覚ましていますが、だいたい10分、15分くらいで覚めます。

完全に麻酔が覚めてから退室するので、部屋に戻ってすぐに話せますよ。』

 

 

 

 

『術後は、ICUですか?』

 

 

 

 

 

 

『一般病室です。

乳癌の手術で、そんなもの(ICUなど)必要ありません。

呼吸もしっかりしているし、尿管も入っていません。

4hしたら、歩いてトイレに行ってもらいます。』

 

〇その日(術当日)の夜

 

『痛みどうですか? 歩きました?』

 

 

 

 

『歩きました。歩いたら吐いちゃいました。 吐いたらスッキリしたけど…

痛みは(少しはよくなったけど)あります。 こんなに痛いのに明日退院できるの?』

 

 

 

『一晩寝て、起きると(嘘のように)痛みは良くなります。大丈夫です。

それでは、腕を挙げてみましょう。』

 

 

 

『えっ? 無理。無理でーす。』

 

 

 

 

『はい、力を抜いてください。

いつまでも動かさないと、肩関節が硬くなって大変ですよ。

はい、そこでそのまま(腕を伸ばしたまま)耳につけて。 やればできるじゃないですか。 優秀です。』

 

 

 

『本当だ! こんなに動くんだ!

でも、動かしていいの?(安静にしなくてもいいの?)

傷が開いたりしない?』

 

 

『全く、心配ありません。

溶ける糸(吸収糸)で縫合しているので傷が開くなど、あり得ないことです。

今日寝るまでに、あと5回くらいは頑張って動かしてくださいね。

明日になったら、驚く程「楽に」動かせるようになりますよ。』

 

〇翌朝

 

『おはようございます。 痛みどうですか?』

 

 

 

 

『随分良くなりました。

(先生の言うように)本当に一晩経つと「見違えるほど」良くなりました。

起きてから練習していました。

腕もこーんなに挙がります!』

 

 

『合格です。その調子で(退院してからも)頑張ってください。

それでは創部を貼り換えますね。

(交換しながら)創部に問題ありません。

それと、(昨日もお話ししましたが)溶ける糸で縫合しているので抜糸は無いし、傷が開くこともありません。

更に、その糸は中縫い(表面に出ていない)なので、消毒も一切不要です。

今日明日だけ濡らさない。(シャワーがかかる程度は気にしなくてもOK)明後日からは気にせずに方まで入浴してください。』

 

 

『えーと、食事とか注意点は?』

 

 

 

 

『このプリント 注15 )をお渡しします。

ザックリいえば、「2日間濡らさない」以外に注意点はないのです。

次回、外来は4週間後「病理結果」が出た日です。すでに予約しているので、もしも都合が悪い際には電話で変更してください。

その間に(消毒などで)受診する必要は全くありません。』

 

 

注15 )退院時、皆さんにお渡ししているプリント (全摘の場合には2日間→5日間に変更しているだけの違い)