Site Overlay

今週のコラム 224回目 乳癌診断の実際 vol.2 組織診断(生検)

今週のコラム 223回目 乳癌診断の実際 vol.1 画像診断(後編)

今週のコラム 222回目 乳癌診断の実際 vol.1 画像診断(前編)

今週のコラム 221回目 確率だけでは不安な場合には、やはりOncotypeDXをお勧めします。

今週のコラム 220回目 30までは(抗がん剤の対象となる可能性が)十分に低く、OncotypeDXの恩恵を受ける中核は「31-45」だと理解できます。

今週のコラム 219回目 針生検でのFEA / ADHの診断 vol. 2

今週のコラム 218回目 針生検でのFEA / ADHの診断 vol. 1

今週のコラム 217回目 ST-MMTとは逆に「乳腺が厚い(かつ硬い)」ことと、胸壁に近い(深い)こと、これがMMTEの難関症例と言えます。

今週のコラム 216回目 「癌の可能性が無ければ」濃縮嚢胞でも線維腺腫でも、どちらでも構わない(どうでもいい)のです。

線維腺腫、生検不要と言われて迷っている人は8136『線維腺腫』をご覧ください。 8143『カテゴリー3』も参照のこと

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up