Site Overlay

9月6日(月)⑦ 7件の乳がんQ&Aを更新しました。【9/3受付分】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

検診で見つかった新たなしこり   [管理番号:9693]
去年9月にはじめて左胸に9ミリのしこりが見つかり針生検の結果
乳腺症と診断されました。
その後4月に右胸にもしこりがあり、針生検で乳腺症でした。

今年の9月になってエコーとマンモを受けたところ、またエコーで左胸に新たな7ミリのしこりが見つかりました。

少し血流と硬さはあるが、右胸の乳腺症と同じような形だし今回は生検せずに半年後フォローしましょうとのことでした。

先生はあまり心配いらないと言っているのですが、半年後で大丈夫なものなのでしょうか。

針生検はそんな頻繁にできないのですか?
こんなに毎回しこりが見つかるのは何か異常があるのでしょうか?
■病名:新たなしこりが乳腺症か
■症状:胸のしこり
<女性36歳> ……【詳しく読む】検診で見つかった新たなしこり

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療について   [管理番号:9660]
ご相談したいのは、
①局所手術より、全摘した方が、再発率が下がるのでしょうか。

また、そのときに、乳房の同時再建も希望しようと思いますが、
体の負担や再発に関してのデメリットはありますでしょうか。

また、近くに県立がんセンター(○○県)がありまして、重粒子線による乳がん治療の臨床試験も行っているようです。
(臨床試験段階なので、費用は病院もちで、千葉まで治療にいかなくてはならない)
手術もやはり、体には負担がかかるため(コロナもあるので)、治療条件に該当するならば、積極的に受けた方がよいのでしょうか。

②治療とはズレますが、食生活についてです。

牛乳と乳がんの関係があまり好ましくないという意見がありますが、田澤先生はどのようなお考えをおもちですか?
(当方、小学校教員なもので、給食に毎日牛乳が出ます。
豆乳に変えた方がリスクは減らせるでしょうか。)
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性40歳> ……【詳しく読む】治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

食事による予後の改善について   [管理番号:9692]
術後5年が経っていますが、最近ブログなどで食事療法の記事を見て自分の生活に不安になり質問させていただきました。

現在の食生活として平日は和食中心ですが、
週末のみお酒とつまみ、外食もします。

同じ乳がんの知り合いは、お菓子、白米、肉などは食べず、ビーガン生活を中心としております。
外食もお店選びに慎重になっている状況です。

質問
①私のような食生活と知り合いの食生活でしたら、やはりこれから先の予後に差が出てくるのでしょうか?

②ファストフードや洋食が良くないというのは、高カロリーで体重増加が予後に関係するといったイメージですか?
それともその食べ物自体に発癌性物質など、身体に良くない物が入っているからでしょうか?

③先生からみてらこのままの食生活で特に問題ないと思われますか?
■病名:乳がん
<女性38歳> ……【詳しく読む】食事による予後の改善について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

HER2陽性乳癌の術後療法について   [管理番号:9691]
2021年3月に乳癌の診断を受け、術前化学療法としてドセタキセル・ハーセプチン・パージェタを6クール行い、8月に全摘手術を受けました。
(最初は温存希望でしたが、途中で心境が変わり全摘としました。
また、術前化学療法についての田澤先生のお考え方など色々調べる前に、治療を初めてしまいました。)
摘出した胸の病理診断の結果、がん細胞が2mm残っていました。

今後の治療方針の説明があり、ハーセプチンとパージェタを11クール、ノルバデックスを5年間と聞きました。

アンスラサイクリン系の抗がん剤を使っていないので、その点を尋ねるとリンパ節転移もなく術前化学療法の効果も高かったので、アンスラサイクリン系の副作用リスクも勘案し、必要ないとのことです。

田澤先生も再発リスクが低いときは非アンスラサイクリンで進めておられると思いますが、これまでのQ&Aの事例と比べて、自分の癌が再発リスクが低いかどうかがよくわかりません。

先生はこの場合の術後化学療法についてどう思われますか?
■病名:乳癌
<女性42歳> ……【詳しく読む】HER2陽性乳癌の術後療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

病理結果が非常に悪性   [管理番号:8927]
あまりの結果の悪さに不安になってしまいました。

今までは乳がんプラザを見て、トリプルネガティブでもステージ1~2aだし大丈夫と前向きな気持ちだったのですが、病理結果の単語についてネットで意味を調べると、予後不良因子となっているもののオンパレードで…
ステージでみると抗がん剤後の5年無病生存率は90%前後かと思いますが、私は限りなく10%の方に近いのではないかと不安になっております。

特に気になっているのは、化生癌とほぼ同等ということ、SLNのisolated tumor
cells、FF、静脈侵襲v1です。

今後はの治療は、来週からEC3w×4→DTX3w×4の予定です。

①このような病理結果の場合、やはり再発転移の可能性は他の同ステージと比べると高いのでしょうか?

②主治医はSLNのisolated tumor cellsについては微小転移までもいかないもので
その先に転移している可能性はまずないとおっしゃっていました。
FFや静脈侵襲については特に説明はありませんでした。
静脈侵襲があると血行転移などしている可能性はあるのでしょうか?

③今後の治療について、田澤先生の見解を教えていただきたく思います。
■病名:乳がん トリプルネガティブ
<女性:43歳> ……【詳しく読む】病理結果が非常に悪性

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ブラジャーに黄色のシミがついた   [管理番号:9674]
8月20日頃から、1日おきに右、左、右と黄色のシミが、ブラジャーについていました。

大きさは5ミリ四方くらいです。

出産してから、ブラジャーに黄色のシミがつくことがあり、その度にエコーして、問題なしと言われていました。

年2回のエコー、年1回のマンモをしていて、異常を指摘されたことはありません。

最近は6月にエコー、マンモをして、問題なしでした。

こちらの掲示板を拝見すると、分泌は続かなければ問題ないと認識しています。

ただ、絞るのが怖くて、絞って継続を確認できません。

悪いものなら、絞らなくても下着につきますか?
20日から1日おきに3回ほど下着につきましたが、これは継続でしょうか?
もっと継続したら受診すべきでしょうか?
■症状:乳頭分泌
<女性38歳> ……【詳しく読む】ブラジャーに黄色のシミがついた

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

娘の乳癌   [管理番号:9690]
父親の母が70代で同じように検診で乳癌が見つかり全摘していたこともあり 尿検査と前回聞かれていた遺伝子検査をしていただきました
9/(下旬)にその結果を希望した医師よりどういうふうにしていくかの説明がなされることになっています 手術の日は10/(中旬)となっています がまだまだ若く未婚の娘がこのまま そうなんですか と全摘する事がどうしても不安で色々調べる中先生の事を知りました
読ませて頂く中先生にみていただきたいと切に思いました
■病名:乳癌
■症状:左乳頭分泌 発疹
<女性27歳> ……【詳しく読む】娘の乳癌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up