Site Overlay

8月27日(火)⑤ 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

術後の治療について   [管理番号:7721] 
田澤先生にお伺いしたいのですが

主治医から「手術で95%完治しているので ホルモン治療も有効ですが 治療をしたとしても再発のリスクは2~3%アップするだけですよ」

と言われ嬉しい反面 「術後の治療を無しでも大丈夫なのかな」と不安も過ります。

主治医は術後治療はいらないと思っている様です。
「放射線は照射した左胸の汗腺も
焼いてしまうので発汗しなくなるので生きている間は ずっと続きます」と

説明を受け 経過観察を選択するかホルモン治療や放射線治療を選択するか悩んでいます。
■病名:浸潤性乳管ガン 硬性型
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

生検結果が届きました   [管理番号:7720] 
次回の検診は半年~1年の間に地元でしようと思っていますが、今まで行っていた病院には行きたくありません。
新しい病院を探して行くつもりですが、その時に今回のマンモトーム痕はエコーでどのようにうつるのでしょうか?今回私はもともとしこりを触れていなかったので、どの位置にエコーの病変があるか正確にわからない状態でした。
田澤先生のエコーで当初思っていた位置より下にあることがわかりました。
新しい病院で半年~1年後のエコーでもしも今回の痕を病変と指摘されたとしても私自身、正確な位置がわからないのでまた新たな病変だと思うでしょうか?それともマンモトームの痕は、要生検となるような病変とは明らかに違う映り方をするものなのでしょうか?
■病名:乳腺症
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

グレーばかり   [管理番号:7719] 
細胞診、針生検をしてグレー判定。

外科的生検を局所麻酔をして腫瘤を摘出しましたが、それでもグレー判定でした。

今後どうすることが正解なのでしょうか。
<女性>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療の薬について   [管理番号:7324] 
2016年にステージ2の乳がんが見つかり、手術しました。

ルミナールAです。

その後フェマーラをずっと服用していましたが、2018年12月に、腰の骨への転移が見つかりました。

今年1月に放射線を12回して、フェソロデックスとゾレドロンを4月までしてました。

腫瘍マーカーが、12月の39から47にあがっていたので、薬を変更することになりました。
ペットCTでも。
腰の骨の癌が増大していました。

薬は、ベージニオとアリミデックスを使うことになりました。

そこで気になったのですが、骨折予防のゾレドロンのことは何も言われませんでした。

ゾレドロンはしなくてもいいんでしょうか?
よろしくお願いします。
■病名:乳癌 第五腰椎骨転移
<女性:62歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

リンパの再々発の手術について   [管理番号:7718] 
H、30,1月
右腋下リンパ筋廓清術を行う。

9個中6個に転移あり。

治療 レトロゾールを服用中「のみ」
H、31,3月
また、右側のリンパの腫れにきずき現在に至っています。

取り残したリンパだろうということです。

今、3,4センチに大きくなっています。

治療としては、手術かファイバーナイフでもといわれましたが3回目になるのでもうこれ以上再発しないように
選択したいとおもっています。

先生ならどちらの方法がよいとおもいますか。
■病名:再々発右リンパ転移
■症状:右脇リンパの腫れ 3,4センチ
<女性:65歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術後の腫瘍マーカーの上昇について   [管理番号:7642] 
本日(8/(上旬))腫瘍マーカーを測定しCEA 8.1、 CA15-3 9.6でした。
手術後1年と3ヶ月です。
前回値(1/30)はCEA 3.1、CA15-3
9.4でした 。
CEAのみ上昇しています。
来週腹部CTの予定です。

質問が3つあります。

1)3月の腹部CT検査で他腫瘍の発生や乳がんの転移が指摘されていな
いにもかかわらず、8月の検査で腫瘍由来のCEAの上昇はありうる
か。
それほど感度が高いものか。

2)現在の肝酵素値が基準値であっても、過去に肝障害の履歴があった
場合CEAは上昇するか。

3)CA15-3が上昇していないのであれば、乳がんの転移の可能性より
消化管等の新たな悪性腫瘍の可能性が考えられるか。
■病名:右側乳がん
■症状:CEAの高値
<女性:53歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up