Site Overlay

グレーばかり

[管理番号:7719]
性別:女性
年齢:
病名:
症状:

細胞診、針生検をしてグレー判定。

外科的生検を局所麻酔をして腫瘤を摘出しましたが、それでもグレー判定でした。

今後どうすることが正解なのでしょうか。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

外科的生検には「excisional incision」と「incisional incision」があります。
今週のコラム 134回目 これでADHならば「ADHは確定診断」してもいいのです。(FEAも同様)』をご一読ください。

「外科的生検を局所麻酔をして腫瘤を摘出しましたが、それでもグレー判定」「今後どうすることが正解なのでしょうか。」
⇒外科的生検は(グレーではなく)最終診断となります。

 おそらく、生検で摘出した病理が「flat epithelial lesion : fea 」もしくは「atypical ductal hyperplasia : ADH 」だったのでしょう。
 それは「グレー」ではなく「最終診断」です。

 「病変全体を摘出(外科的生検の中でもexcisional biopsy)」での診断であれば、それで終了(それ以上治療は不要)となります。

 ★但し、病変全体ではなく「病変に切り込んで(外科的生検の中でもincisional
biopsy)」診断ならば、きちんと(今度こそ)病変全体を摘出する必要があります。
(残存病変の中に癌があるかもしれないからです)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 乳腺外科 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up