Site Overlay

Oncotype DX

Oncotype DXに関連するコラムの紹介

OncotypeDXの解釈はコラム269回目をご確認ください。
 

今週のコラム53回目 Ki67が「30未満」ならホルモン療法単独、Ki67が「30以上なら、Oncotype DXを推奨」しています。

今週のコラム 98回目 ♯このグレーゾーンを「AとBに分ける」ためにOncotypeDXがあるのです。

今週のコラム 99回目 ★グレードは「参考程度」ということでいいですね?

今週のコラム 100回目! 「若いから」抗ガン剤をしましょう。は過ちなのです。

今週のコラム101回目 (Ki67が20代はluminal Aの可能性が圧倒的に高く)本当に「Aなのか、Bなのか迷うのは30代以降」と言えるのです。

今週のコラム 145回目 その意味ではKi67≧35にこそ、OncotypeDXの真価がある。そう言っては言いすぎでしょうか?

今週のコラム 146回目 今回の解析では「Ki67は20代中盤以降では当てにならず、やはりOncotypeDXすべき」となるのです。

今週のコラム 188回目 このデータを見ても、まだ「リンパ節転移があると(ルミナールAでも)化学療法が必要だと思いますか??」

今週のコラム 189回目 「リンパ節転移があれば抗がん剤をすべき」という古い考えが完全否定される日も近いのです。>

今週のコラム 220回目 30までは(抗がん剤の対象となる可能性が)十分に低く、OncotypeDXの恩恵を受ける中核は「31-45」だと理解できます。

今週のコラム 221回目 確率だけでは不安な場合には、やはりOncotypeDXをお勧めします。

今週のコラム 269回目 Rx PONDER (中間解析) その解釈

今週のコラム 327回目 Oncotype DX 無料提供!(期間限定)<2022年2月6日記事>

 

Scroll Up