Site Overlay

6月30日(木)① 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

男性乳がん ルミナールB HER2陰性 について   [管理番号:10404]
①センチネルリンパ節に転移があっても転移個数が1個または微小転移であれば郭清省略すると言われましたが、郭清しなくて予後の再発、転移などに影響は無いと考えてよいのでしょうか。

②術後5週間程度で、病理結果がわかると言われています。

予後不良なタイプと言われる、ルミナールB HER2 陰性、Ki67 45でしたので、予めOncotyoe DXを依頼して、術後5週間後の最終病理結果がわかる時に、Oncotyoe DXもわかっているほうがその後の治療にすすみやすいのではないかと思ったのですが、主治医からは、術後結果をみてから考えましょうと言われました。

Oncotyoe DXを術後5週間後から、依頼した場合、結果が出てからだと、抗がん剤治療をするのが遅すぎにはならないでしょうか。

Oncotyoe DXをやりたい旨、再度主治医にご相談したほうがよいでしょうか。
■病名:浸潤性乳管癌
<男性45歳> ……【詳しく読む】男性乳がん ルミナールB HER2陰性 について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん手術の麻酔について   [管理番号:3373]
両側の手術を同時に行いましたが手術の時、麻酔の点滴を左腕にやりました。
後日、普通 両側手術の場合は足から点滴をすると知りました。
これはリンパ浮腫の問題だけのことですか。
私は左腕でやってしまいましたがリンパ浮腫の心配はないのでしょうか。
<女性:47歳> ……【詳しく読む】乳がん手術の麻酔について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

全摘後局所再発の術後療法について   [管理番号:9623]
術後病理結果が出るのが来週になる見込みで、主治医からは、今後の治療として考えられるのは
①放射線治療はした方が良い
②ホルモン療法に効果ありと出れば、タモキシフェン再開?生理
を止める注射を検討
③化学療法(抗HER2療法)の追加を検討
と言われました。

タモキシフェン服用だけでは抑え切れなかったということなの
で、全身治療は見直しが必要とのことでした。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性51歳> ……【詳しく読む】全摘後局所再発の術後療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

局所再発   [管理番号:10403]
2年前に左胸を手術(乳頭乳輪のみ温存)したのですが先日手術した
左胸の乳輪の横にニキビのような赤い出来物が出来ました。

とってみないとわからないという事で、来週局所麻酔で日帰り手術することになりました。

もし、局所再発だった場合は放射線治療をするようです。

私はもう再発させたくないので乳頭乳輪も切除した方がいいのでは?
と思うのですが、必要ないでしょうか?

主治医は乳頭乳輪を切除してもしなくても再発には関係ないと言っています。

2年前は癌が小さく乳頭にも離れているので全摘しなくてもいいと言われていたのですが、取り残しがないか今後が不安です。

またニキビのようなシコリは10㎜以下ですがこれは早期発見に入るのでしょうか?

根治は可能でしょうか?
■病名:乳癌
■症状:乳輪横にニキビのようなシコリ
<女性36歳> ……【詳しく読む】局所再発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療についてご相談です。   [管理番号:10402]
術後の治療などについてご相談です。

・化学療法+ホルモン療法、化学療法はせずにTAM+注射のみ、などどのような治療が最適でしょうか。

・化学療法+ホルモン療法をした方がよい場合、化学療法はどのお薬をどれくらいの期間した方がよいか、ホルモン療法もどのお薬をどれくらいの期間した方がよろしいでしょうか。
注射もプラスした方がいい場合はどのお薬が適していますか。

・浸潤径0.6cmの周辺にも浸潤箇所が複数あったのですが、浸潤が0.6cmの1箇所だけだった場合と浸潤箇所が複数ある場合とでは遠隔転移・再発率に違いはありますか。
浸潤箇所が複数ある場合は遠隔転移・再発率は上がりますか。

・私のように浸潤径0.6cmとその周辺に浸潤箇所複数ありの場合でもオンコタイプの結果のように9年遠隔再発率はTAM単独19%と高めになるのでしょうか。

オンコタイプの結果を見てショックと恐怖で愕然としてしまいました。
■病名:浸潤性乳管癌
<女性39歳> ……【詳しく読む】術後の治療についてご相談です。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療法について   [管理番号:10401]
2020年乳癌告知 トリプルネガティブ パクリタキセル12回 全摘手術、AC療法4回 放射線治療25回。
局所再発したためゼローダ6ヶ月。
今年2月に肺転移、リンパ節転移発覚。
ハラヴェンで一度は縮小したものの6月のCTで再増悪しハラヴェンは効果が弱くなってきたと言われ次の治療法を提示されました。

しかし、すごく迷っています。

提示されたのは、ジェムザール、ナベルビン、PDL-1が陽性だったためアブラキサン+アテゾリズマブの3つを提示されました。

ただ、パクリタキセルがあまり効果がなかったのでアテゾリズマブ+アブラキサンは効果がないかもということでした。

主治医に聞くと3つとも同じぐらいの薬剤の強さだと聞き余計に迷ってしまいました。

先生ならどの薬剤を勧めますか?
また効果がありそうなのはどれでしょうか?
■病名:乳がん
<女性45歳> ……【詳しく読む】治療法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up