Site Overlay

6月11日(金)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

これからの治療について   [管理番号:9107]
以降3ヶ月ごとの定期検査を受けておりましたが、今年8月のCTで縦隔リンパ節に腫れがあるとのことでした。
そこでPET検査を受けることになりましたが、結果は【再発の可能性を否定できない】という、曖昧な結果でした。
その際、左頸部にもしこりがあり、そちらの方は細胞針を行ったのですが、悪性ではないとの診断でした。
よって、経過観察をすることになったのですが、11月にCTをやったところ縦隔リンパ節が肥大しているとのことで、白黒ハッキリさせたかった私は、切除を希望しました。
この度、12月(中旬)日に【胸腔鏡下左縦隔リンパ節生検】という手術をしました。

術中診断で【悪性】とのことで、後日、病理結果も出ました。
やはり乳がん術後再発とのことでした。
その他の所見【骨転移・遠隔転移など】は今のところ無いと思われますが、完治する可能性は低いですと言われました。
1月(上旬)日~ドセタキセル+ハーセプチン+パージェタの化学療法が始まりましたが、終わりが見えず不安です。
そこで、これからの治療についてですが、可能な治療は抗がん剤治療だけでしょうか?他にできることはないのでしょうか?
■病名:乳がん 縦隔リンパ節転移
■症状:自覚症状も全く無く、定期検査で発覚しました。
<女性:40歳> ……【詳しく読む】これからの治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんの体幹部定位放射線療法(SBRT)について   [管理番号:9461]
温存後の放射線治療で照射回数を減らした治療(寡分割照射)もありますが、再発した場合制限線量に達するまで追加照射できるのでしょうか?
(放射線治療を複数回できるのでしょうか?)
最近オリゴメタ転移の治療法として体幹部定位放射線治療(SBRT)が保険適用になってきています。

手術と比べると切らなくていいと思うのですが、実際にはどうなんでしょうか?
乳がんでならどういう時に有効でしょうか?
温存した場合、術後放射線療法での放射線量上限決まっていると思いますが、少数転移であるオリゴメタ転移の場合、SBRTでの治療受けられるようにするには、全摘して放射線治療無しにして、再発に備えるということになるのでしょうか?
温存も全摘も予後は同じですが、再発した時に使える治療法を残すためには、全摘の方がいいのでしょうか?
■病名:乳がん
<女性60歳> ……【詳しく読む】乳がんの体幹部定位放射線療法(SBRT)について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脂肪   [管理番号:9460]
半年経ったのでA病院受診

触診は先生
エコーは技師

シコリは少し小さくなってると言われました。

A病院の先生に心配でB病院に行ったらなにもないと言われた事を話しました。

A病院では3回エコーして3回ともあるからね。
エコーは技量によってかわってくるからって言われました。

シコリがあると言われたりないと言われたりして余計に心配でスッキリしません。
<女性32歳> ……【詳しく読む】脂肪

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

10代の陳旧性線維腺腫について   [管理番号:9433]
14歳の娘について、1ヶ月ほど前、胸にかなりかたいしこりがあり乳腺科へ行きエコーを受けました。

9年前、私が38歳の時に浸潤性小葉癌に罹患しているので14歳とは言えとても動揺しています。

エコーでは雲の様なモコモコした形に内部は真っ黒ではなく少し白っぽくモヤがかかっているような画像でした。

大きさは2センチです。

更に他に何個もあるよ、と言われました。
■病名:陳旧性線維腺腫
■症状:胸のかたいしこり
<女性14歳> ……【詳しく読む】10代の陳旧性線維腺腫について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

嚢胞内に血流   [管理番号:9369]
2年半前の乳がん検診で腫瘤が見つかり、大学病院にて細胞診をしました。

針を刺して吸い出したところ、中のものが消滅したため、これは良性のものだろうと言われ結果も嚢胞とのことでした。

今回2年半ぶりに受けた検診にて、前回の腫瘤がやや増大傾向にあり、内部に血流を認めます。
との要精密検査の結果が届きました。

以前嚢胞だったものが、今回血流ありとのことでどのようなものが考えられますでしょうか?
2年半前は5ミリ、今回は6ミリでした。

精密検査までの日がまだ先のため、不安で質問させていただきました。
■症状:嚢胞内の血流について
<女性39歳> ……【詳しく読む】嚢胞内に血流

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up