Site Overlay

これからの治療について

[管理番号:9107]
性別:女性
年齢:40
病名:乳がん 縦隔リンパ節転移
症状:自覚症状も全く無く、定期検査で発覚しました。

投稿日:2021年1月12日

先生こんにちは。

以下に今までの治療を書かせていただきます。

アドバイスをお願い致します。

●2016年5月~2016年10月
【術前化学療法】
・ドセタキセル+ハーセプチン
・FEC100

●2016年11月
【手術】
・左乳房全摘出手術
・腋窩リンパ節郭清(レベルⅢ)

●2016年12月~2017年5月
【術後化学療法】
・ゼローダ

●2016年12月~2017年8月
【術後化学療法】
・ハーセプチン

●2017年1月~2017年2月
【放射線治療】
・左乳房(全摘出手術後)
・左鎖骨上窩

以降3ヶ月ごとの定期検査を受けておりましたが、今年8月のCTで縦隔リンパ節に腫れがあるとのことでした。
そこでPET検査を受けることになりましたが、結果は【再発の可能性を否定できない】という、曖昧な結果でした。
その際、左頸部にもしこりがあり、そちらの方は細胞針を行ったのですが、悪性ではないとの診断でした。
よって、経過観察をすることになったのですが、11月にCTをやったところ縦隔リンパ節が肥大しているとのことで、白黒ハッキリさせたかった私は、切除を希望しました。
この度、12月10日に【胸腔鏡下左縦隔リンパ節生検】という手術をしました。

術中診断で【悪性】とのことで、後日、病理結果も出ました。
やはり乳がん術後再発とのことでした。
その他の所見【骨転移・遠隔転移など】は今のところ無いと思われますが、完治する可能性は低いですと言われました。
1月(上旬)日~ドセタキセル+ハーセプチン+パージェタの化学療法が始まりましたが、終わりが見えず不安です。
そこで、これからの治療についてですが、可能な治療は抗がん剤治療だけでしょうか?他にできることはないのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「これからの治療についてですが、可能な治療は抗がん剤治療だけでしょうか?他にできることはないのでしょうか?」
⇒放射線です。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

放射線治療について
性別:女性
年齢:40
病名:乳がん 縦隔リンパ節転移
症状:
投稿日:2021年2月7日

先日は質問にお答えいただきありがとうございました。

治癒する可能性は低いと言われたものの、何とかならないものか?どうしたらいいものか?と考えておりました。

そこで、手術、化学療法、放射線について主治医と話をしてみました。

手術は行わないということは残念ですが、とりあえず納得しております。
また化学療法についても、すでに治療が始まっております。

そこで、先生からもご回答をいただいておりました放射線についてですが、主治医に聞いてみたところ【やらない】ということでした。
何故やらないのか?聞いてみたところ…

他に転移を増やさないため、まずは全身治療。
化学療法優先。

そして化学療法をしている間は放射線はできないとのこと。

痛みや自覚症状が無いことや、今すぐ生命の危険が無いこと。

放射線で部分的治療をしている間に他に転移したら?ということで、化学療法優先なのだとおっしゃっていました。

そこでまた色々考えているうちに疑問が出てきました。

化学療法をしている間に放射線ができないのは、どうしてなのでしょう?

また、痛みや自覚症状や今すぐ生命の危険が無ければできないのでしょうか?

私としては、生命の危険が出てきてからでは希望が持てません。

やはり疑問があるのであれば、セカンドオピニオンは受けてみるべきでしょうか?

治癒する可能性は低いにしても、治癒に近づきたいと思って、辛い化学療法も頑張っているつもりです。

生きるために、やれる治療は全てやりたいと思っておりますので、お忙しいところ申し訳ありませんが、ご回答とアドバイスをいただけましたら幸いです。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

いろいろ考えすぎのようです。
主治医のいうように「抗がん剤で、まずは全身」というのは極めて妥当な考え方です。
しかも、抗HER2療法は奏効率が極めて高いので期待しましょう。

ある程度、抗HER2療法を行い画像診断(PETなど)を行い、その上で「縦隔リンパ節に照射すべきか?」改めて考えればいいのです。

★ 何事もステップバイステップ(にじゅーも歌っていますよ!) 「先の先まで考えて悩む必要は無いのです)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
47+
Scroll Up