Site Overlay

6月22日(月)⑨ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

断乳後の血乳   [管理番号:8669]
2人目出産後、2年ほど授乳をし、5ヶ月半前に断乳しました。
搾ると少しですがいまだに母乳が出ます。
今までは搾っても母乳だけだったのに、今回初めて1ヶ所から赤黒い出血がありました。
数回、搾ったらにじむ程度になり、その後出なくなりました。

1人目出産後から、乳腺症と言われ半年に1回エコーを受けていて、問題なし。
最後は、昨年の9月に、授乳中ではありましたがエコーを受けて問題なしと言われました。

断乳して半年近く母乳も出ているので、母乳に関連した血乳なのでしょうか。
早めに受診はするつもりですが、乳がんなのではないかと心配です。
■症状:血乳
<女性:30歳> ……【詳しく読む】断乳後の血乳

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法について、アロマターゼ阻害薬かタモキシフェンか   [管理番号:8668]
田澤先生が私の主治医であったら、どのようなホルモン療法をご提案くださいますか?

<ホルモン療法経緯サマリー>
2017/3月 タモキシフェン服用開始
2019/8月 LH-RHアゴニスト薬(ゴセレリン) 月一で追加
2019/11月 血液検査にて閉経と判断、タモキシフェンからアロマターゼ阻害薬(レトロゾール)に変更
2020/3月 副作用が酷いので、アロマターゼ阻害薬(エキセメスタン)に変更し継続中。
手首腱鞘炎にもなり副作用は変わらず辛い。
■病名:粘液がん (混合型)
■症状:アロマターゼ阻害薬の副作用と思われる手足のこわばり、皮膚炎、腱鞘炎
<女性:45歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法について、アロマターゼ阻害薬かタモキシフェンか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤における白血球低下および、病理についての質問   [管理番号:3642]
ウィークリーパクリタキセルを点滴していますが、わずか2回受けたところで白血球が
基準範囲の7割程度
(3300μL~のところ2802)になり、1週空けたものの今度は好中球が低く(42%~のところ40.9%)足踏み状態です。
主治医からは次回受けることができる状態なら、75%の量でやりましょう、と言われましたがそれでも効果があるのでしょうか。
<女性:43歳> ……【詳しく読む】抗がん剤における白血球低下および、病理についての質問

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

断乳後のマンモグラフィー結果について。   [管理番号:8667]
2016年12月に、自分で左胸に胸のしこりを見つけたため、初めて乳腺科に行き良性線維腺腫との診断を受けました。
その他にも数個の良性線維腺腫が見つかりました。

その後半年~1年に一度のペースで超音波検査をうけてきましたが、その度に大きな変化は無しと診断されてきました。

2018年に初めて出産し、2019年10月に断乳後5か月でマンモグラフィーと超音波検査を受けました。
超音波は大きな変化なしでしたが、マンモグラフィーの結果が右乳房腫瘤、両側石灰化と言われ、評価判定は3.恐らく良性でした

マンモグラフィーの検査の時にまだ少し母乳が出てきたので、母乳の影響もあったのかなと自分では思いますが、その可能性はありますか?マンモグラフィーをする時期が少し早かったのでしょうか?
経過観察になっているので、近々また病院に行かなければなりませんが、その際又マンモグラフィーをとる必要があるのでしょうか。
1年に何度もするのが不安もあり気になっています。
■症状:良性線維腺腫
<女性:28歳> ……【詳しく読む】断乳後のマンモグラフィー結果について。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤治療を受けるか迷っています   [管理番号:8474]
温存手術後、一か月になり、今後の治療方針を主治医と相談する段階です。
病理検査の結果は以下になります。

硬がん、核異型グレード2、切除断端ー、脈管侵襲ー、しこり
3.5cm、ER90%、PgR40%、HER2は1、KI67 30%、T2N1miM0ステージ2B 主治医からは放射線治療、ホルモン療法の前に上乗せの抗がん剤治療を進められておりますが、迷っております。
田澤先生のご意見の中にKI67 30%はグレーゾーンとありました。
自分の中では年齢的にも体力的にも避ける方向に傾いておりますが、ご助言を頂ければ幸いです。
■病名:乳がん 浸潤性乳管がん
■症状:精神的に少しうつ状態、食欲不振
<女性:71歳> ……【詳しく読む】抗がん剤治療を受けるか迷っています

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up