乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:3642]
性別:女性
年齢:43歳
先生、初めてご相談申し上げます。
私は5月末に乳がんと診断され、7月末に皮下全摘、同時再建術を受けました。
トリプルネガティブとのことで、現在は抗がん剤治療中です。
御相談は2点あります。
ウィークリーパクリタキセルを点滴していますが、わずか2回受けたところで白血球が
基準範囲の7割程度
(3300μL~のところ2802)になり、1週空けたものの今度は好中球が低く(42%~のところ40.9%)足踏み状態です。
主治医からは次回受けることができる状態なら、75%の量でやりましょう、と言われましたがそれでも効果があるのでしょうか。
もう1点が、病理診断の件です。
術後、病理診断が出て、主治医からは「断端に近い所まで癌があった。
部分切除じゃなく、全摘にしてよかった」と言われました。
病理報告書を下に記します。
Breast(rt):Invasive ductal carcinoma
Papillotubular carcinoma with an intraductal component involving the mammary tissue and the adjacent adipose tissue(2,4,7,12),20×13×22mm in size,pT2 nuclear grade2,ly1,v1,Immunohistochemically,the carcinooma cells are negative for estrogen receptor(0%) or progesteron receptor(0%).HER2 is not expressed(score 0).
MIB-1 labeling index is approximately 10%.
The lateral surgical margin seems to be partly involved by the intradutal component of the carcinoma cells(2).
これは断端陽性、ということではないのでしょうか。
残った癌細胞があるということでは…?
抗がん剤も足踏み中ですし、大変心配です。
先生のご意見をお伺いできればと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「ウィークリーパクリタキセルを点滴していますが、わずか2回受けたところで白血球が基準範囲の7割程度(3300μL~のところ2802)になり、1週空けたものの今度は好中球が低く(42%~のところ40.9%)足踏み状態です。主治医からは次回受けることができる状態なら、75%の量でやりましょう、と言われましたがそれでも効果があるのでしょうか。」
⇒weekly PTXであれば白血球は2000以上あれば十分だと思いますが…
「これは断端陽性、ということではないのでしょうか。残った癌細胞があるということでは…?」
⇒全摘しているのだから問題ありません。
 Intraductal componentというのは「乳管内」成分だから「乳腺を全摘している」のだから残っている筈がありません。(病理医は、手術の状況を見ている訳ではないので仕方がないのです)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。