Site Overlay

3月10日(火)① 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

診察ありがとうございます。   [管理番号:8360]
今後の皆さんの参考になればなのですが、

① 線維腺腫になる原因はあるのですか?
② 今回受診のきっかけが毎月の自己診断はしていたのですが、
ふと触った時にしこりがあると感じたからですが、寝転がって手を滑らすだけでは分からない日もあり、あの触診感覚の画像の大きさは何センチなのでしょうか?
少なからず、昨年の地元の病院では、その前の年の画像と見比べてすでに黒い画像が映っていた(説明もないので聞けなかった)ので3年前には見えていました。

③ 希望が有れば針生検ということで不安に過ごすのも嫌なので希望しました。
先生のメールの回答で何回も目にする良性、悪性の確定診断をいただけると考えればいいでしょうか?
■病名:線維腺腫
<女性:45歳> ……【詳しく読む】診察ありがとうございます。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗ガン剤なしのハーセプチンの単独投与の有効性について   [管理番号:8318]
2/(上旬)に左乳房切除術+エキスパンダーを挿入しました。

術前診断は非浸潤だったのですが、術後4ミリの浸潤が見つかりました。
サブタイトルはトリプルポジティブです。
ER85%、HER2
強陽性です。
センチネルリンパ節は9個とりましたが、転移はなく、脈管侵襲もありませんでした。
主治医は、補助療法として、
ホルモン剤療法と、抗ガン剤なしのハーセプチン単独投与を勧めてあります。
私自身はホルモン剤だけでお願いしようと思っていま
すが、正直、再発転移が怖いです。
(47歳で閉経しています)
果たして、ハーセプチン単独投与の有効性はあるのでしょうか。
■病名:浸潤性乳管がん
<女性:49歳> ……【詳しく読む】抗ガン剤なしのハーセプチンの単独投与の有効性について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤で薬疹が出た場合の判断   [管理番号:8359]
R1.12に右乳癌全摘手術を終えました。
浸潤癌硬性型,ステージ1,グレード2,浸潤径10×6mm,ki67
60%,リンパ転移無し,リンパ侵襲無し,ホルモン陽性,Her2 2+→fishにて陰性です。

R2.2よりTC4回のうち初回を終えました。
投与後8日頃から手の甲や膝上に湿疹、顔中にも湿疹が出ています。
顔は薬疹ではないかと皮膚科の先生から言われています。
このまま2回目以降もTCを投与するか、90%程度に減薬するか、抗がん剤を止めてホルモン治療だけにするか悩んでいます。
田澤先生のご意見をお聞かせください。
■病名:乳癌
<女性:45歳> ……【詳しく読む】抗がん剤で薬疹が出た場合の判断

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

手術跡の壊死   [管理番号:8358]
治療は基本的に膿(壊死した組織)を出すだけで、全て出し切れば良くなるはずだが、
正直なところ、どのように治療したら良いか分からず困っているという感じでした。

少し気になるのは、皮膚の上から触れるしこりが増えてきていることで、
1年前には焼き跡のしこりの横に繋がって、触った感じでは1cmぐらいのしこりが新たにでき、
1~2週間前から、それとは反対側の横に繋がって、同じぐらいのしこりができてきました。

1年前には生検もして悪性でないことは確認しましたが、何かは分からないとのことでした。
<女性:48歳> ……【詳しく読む】手術跡の壊死

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

腫瘍の手術について   [管理番号:8357]
質問なのですが、
・組織診で『問題ない』と言われても、このような経過から葉状腫瘍の可能性はありますか?
・また、3cm以下の腫瘍の場合、外来にて日帰り手術される方が多いとネットでは書かれているのですが、
急激に成長した腫瘍の場合も日帰り手術になることが多いのでしょうか?
わたしは少しでも葉状腫瘍の可能性があるならしっかり大きめの範囲で切除してほしいと思っているため、全身麻酔下での手術を希望しております。
■症状:胸のしこり
<女性:26歳> ……【詳しく読む】腫瘍の手術について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ki67の数値が非常に高い   [管理番号:8356]
先日、乳癌の診断を受け、今後、CT検査を受ける者です。

病期はⅠ、浸潤性乳管癌、硬癌、サブタイプはトリプルネガティブです。

気になることは、ki67が75.2%であることです。

ネットで見ると、増殖度がグレード3できわめて危険で再発度が高いとありましたが
どのように解釈し、今後のCT検査結果と併せて考えていったら良いでしょうか。
■病名:乳癌 浸潤性乳管癌、硬癌
<女性:66歳> ……【詳しく読む】KI67の数値が非常に高い

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up