Site Overlay

1月22日(水)③ 7件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

抗がん剤の選択   [管理番号:8230]
4年前に右胸に乳がんが見つかり2センチ以下のしこりが2つとそのまわりにも小さいがんが広がっていたため全摘をしました。

病理検査の結果リンパ節転移はなかったのですが、ホルモン剤が効かないタイプ、異形度III、KI67 80%以上で転移再発のリスクが高いので、FEC100を3週間ごと6サイクルやりました。
そして去年今度は反対側の胸に2センチ以下のしこりが見つかったので今回も全摘しました。

今回もリンパ節転移はなかったのですが、前回同様
ホルモン剤が効かないタイプ、異形度III、KI80%以上のため、抗がん剤をすることになったのですが、主治医の先生からはTCをすすめられています。

今回はしこりのまわりにがんがあしを伸ばしていて全体として5センチ以上リンパ管侵襲もあったと聞き、とても不安です。

前回アンスラ抗がん剤選択はTC以外にはないのでしょうか?
<女性:40歳> ……【詳しく読む】抗がん剤の選択

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

再発時期について   [管理番号:8229]
浸潤径 約9センチ
ki67 60%
ER,PgR 90%
her2 陰性
T3N1M0

術後3年半を迎えます。

このような病理結果ですが、再発については、やはりこれからが勝負ですか?
3年で一山…というのはルミナールタイプ以外の事なのでしょうか?
先生のご経験上、浸潤径が大きいルミナールタイプは、傾向として何年以内の再発が多いですか?

また、現在注射で生理を止めていますが、
ルミナールタイプは生理が来ることで予後が悪くなるということですか?
<女性:31歳> ……【詳しく読む】再発時期について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法中の生理について   [管理番号:8228]
三年前に左乳がん全適をしました。
ホルモン陽性です。
その後はノルバデックス単独で治療中です。
副作用もあまり感じず続けることが出来ています。

生理は多少遅れてくるときもありますが、毎月来ています。
実は、今月は生理が少量から始まり10日程経っても出血が止まりません。
婦人科へ行き子宮体ガン検査をして
をして二週間後の結果待ちとなりました。

ノルバデックスによる影響だとしますと休薬か、リュープリン追加なのか、しばらく【次の生理の様子をみるか】治療の変更を検討したほうが良いのでしょうか。
■病名:乳がん 粘液がん
<女性:42歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法中の生理について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左乳頭からの出血   [管理番号:7798]
10日くらい前に左乳頭をセルフチェックしていた際に透明な液体が出てきたことが気になり、ずっと搾っていたら薄い黄色の液体がほんの少量ずつで続け、最後に鮮血がありビックリして搾ることをやめました。

翌日、乳腺クリニックを受診し、乳管が傷ついた事によるものだと診断されました。
マンモグラフィとエコーとマンモテック(10~400の間)で問題ないとのことでした。
一応安心はしたのですが、搾ると微量の出血がまだ続く為、癌なのではないかと心配しています。
さらに乳頭造影などの検査を念の為しておいたほうが良いのでしょうか?また傷んだ乳管を少しでも搾ると出血が続くのでしょうか?
■症状:左側の乳頭から搾ると血性の分泌液が数日出ている。
<女性:53歳> ……【詳しく読む】左乳頭からの出血

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ドゥイブス・サーチ MRI乳がん検診   [管理番号:8227]
ドゥイブス・サーチという名前が正式名称か分かりませんが、MRIで高濃度乳腺でも鮮明に写るという記事を新聞で読みました。

マンモは胸が小さい私には痛くて痛くて苦痛です。

マンモと超音波がセットの病院が多いので痛みなく検診が受けれるならいいなと思いました。

ただ、あまり馴染みがないだけに精度はどうなのか気になり田澤先生の意見を聞いてみたいです。
<女性:37歳> ……【詳しく読む】ドゥイブス・サーチ MRI乳がん検診

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん手術について   [管理番号:7328]
3月の人間ドックで右胸にしこりが見つかり、浸潤性乳管ガンと診断されました。
5月に手術予定です。

針生研、Ctで乳管の下の筋肉に少し浸潤がみつかりました。

,MRI済でリンパ節への転移はなし。
小さいしこりはあるようですが、
手術の時にセンチネル生研するようです。

生研の結果は2.7センチ。
CT2
ルミナルBタイプ、HER2陰性。

ホルモン受容体ありER10~30% PGr0%
Ki67 35%

温存か全摘はどちらでも変わらないと言われたのですが、どうでしょうか?
ちなみに、どちらでも浸潤があるので、術後は放射線、その後ホルモン療法、化学療法が必要のようです。

自分の判断でと言われ、困惑しています。
■病名:浸潤性乳管ガン
■症状:胸のしこり
<女性:52歳> ……【詳しく読む】乳がん手術について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

半年以上続く茶色っぽい分泌物   [管理番号:8226]
①私の症状は両胸共に”多孔性分泌”で間違いないのでしょうか?
※”多孔性分泌”だとしても茶色っぽい分泌が半年以上も続く場合は悪性の可能性が高いのでしょうか?
左胸には1年前に6ミリの嚢胞がみつかり半年後5,7ミリと小さくはなりましたが経過観察中です。

乳管造影や針生検などしたほうがいいのでしょうか?

②カバサールの服用を止めた後、分泌物が増えた気がするのですが、高プロラクチンの経過検査は必要でしょうか?

③右胸に関してですが、去年2月の細胞診後1ヶ所からずっと茶色っぽい分泌物がでています。
出始めの黒っぽい色から比べればだいぶ黄白色に近くなってはきましたが…
ちなみに去年8月の乳腺外科でのエコーではしこりはなくなっていました。

偶然を度外視したとしても、現状両胸かの一ヶ所ずつ茶色っぽい分泌物はでていることは確かです。

乳管内乳頭腫など怖い病気が書いてあったりと不安でたまりません。
■症状:乳頭分泌
<女性:32歳> ……【詳しく読む】半年以上続く茶色っぽい分泌物

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up