Site Overlay

ホルモン療法中の生理について

[管理番号:8228]
性別:女性
年齢:42歳
病名:乳がん 粘液がん
症状:
投稿日:2020年1月21日

 田澤先生いつもサイトで勉強させていただいています。

三年前に左乳がん全適をしました。
ホルモン陽性です。
その後はノルバデックス単独で治療中です。
副作用もあまり感じず続けることが出来ています。

生理は多少遅れてくるときもありますが、毎月来ています。
実は、今月は生理が少量から始まり10日程経っても出血が止まりません。
婦人科へ行き子宮体ガン検査をして
をして二週間後の結果待ちとなりました。

ノルバデックスによる影響だとしますと休薬か、リュープリン追加なのか、しばらく【次の生理の様子をみるか】治療の変更を検討したほうが良いのでしょうか。

  

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ノルバデックスによる影響だとしますと休薬か、リュープリン追加なのか、しばらく【次の生理の様子をみるか】治療の変更を検討したほうが良いのでしょうか。」
→出血の程度によります。

酷いなら…
 まずタモキシフェン休薬+LH-RHagonist開始→ (出血が収まったら)タモキシフェン再開(LH-RHagonist併用)

そうでもないなら…
 タモキシフェンを継続のままLH-RHagonist併用



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up