乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7798]
性別:女性
年齢:53歳
病名:
症状:左側の乳頭から搾ると血性の分泌液が数日出ている。

初めて質問させていただきます。
現在53歳です。

10日くらい前に左乳頭をセルフチェックしていた際に透明な液体が出てきたことが気になり、ずっと搾っていたら薄い黄色の液体がほんの少量ずつで続け、最後に鮮血がありビックリして搾ることをやめました。

翌日、乳腺クリニックを受診し、乳管が傷ついた事によるものだと診断されました。
マンモグラフィとエコーとマンモテック(10~400の間)で問題ないとのことでした。
一応安心はしたのですが、搾ると微量の出血がまだ続く為、癌なのではないかと心配しています。
さらに乳頭造影などの検査を念の為しておいたほうが良いのでしょうか?また傷んだ乳管を少しでも搾ると出血が続くのでしょうか?
教えてください。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

乳頭分泌(特に血性だと)、過剰反応される方が多いようです。
まずアドバイスするとしたら「血液」に驚かない事!(「血液が出たから一刻も早く受診しなきゃ」的発想は止めましょう)

最近掲載したばかりの「あるあるQ」の『51 「血性分泌=癌?」という発想は止めましょう。(ネットで煽っているのかもしれませんが…)重要なのは「単孔性」と「継続性」です。』を熟読ください。

「翌日、乳腺クリニックを受診し、乳管が傷ついた事によるものだと診断」
⇒この診断は根拠に乏しいように思います。
 (おそらく)その根拠は「エコーとマンモに異常がない」ことと、「分泌液中CEA(マンモテック)が高くない」ことなのでしょうが、それは「ある程度の大きな病変が無い」ことを表しているだけであって、(十分小さな)「乳管内病変がない」ことを示しているわけではないのです。
 ★さらに、ある種の大病院ではMRIも追加することでしょう。(無駄!)

つまり、現時点では「乳管が傷ついていることが原因とは言い切れない」ことが解りましたが、それでは(質問者の心配しているような)病変が疑われるかと言うと…

それも根拠がありません。

それでは「乳管内病変を疑う状況」とは??

1.分泌が単孔性であること(これについてこのメールには記載はありませんが、どうなのでしょうか?)
2.分泌が継続性であること その医師のいうように「乳管が傷ついただけ」であれば、(手足の傷が治るように)乳管の傷も治癒して分泌も無くなることでしょう。
(逆にいうと、継続性=傷ではない=乳管内病変を疑う なのです)

「搾ると微量の出血がまだ続く為、癌なのではないかと心配」
⇒最低でも1か月(できれば3か月)継続するのか?確認しましょう。

 ここで言う「継続」とは、「出たり出なかったり」ではなく「絞ると必ず出る状態(100発100中)」の継続のことです。(勘違いしないようにしましょう)
 つまり、3日連続して出たとして、4日目に絞ってみたら出なかった=継続ではない。
 なのです。

「乳頭造影などの検査を念の為しておいたほうが良いのでしょうか?」
⇒上記通り、「継続」した場合に考えましょう。

 今週のコラムの『今週のコラム 36回目 もしも本当に「乳管内病変が存在」すれば、「浮きの方から沈んでくれる」ので心配ありません。』をよく読んでください。

「また傷んだ乳管を少しでも搾ると出血が続くのでしょうか」
⇒そもそも「痛んだ乳管」なのか不明。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。