Site Overlay

12月9日(月)③ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

AG(オーソライズド ジェネリック)について   [管理番号:8106]
AG(オーソライズド ジェネリック)について教えてください。

2017年に乳がん手術、術後にホルモン薬を飲んできました。

今まではアリミデックス(先発品)でした。

転居したため、かかりつけ医が遠方になってしまい、別の近医で処方されたのがAGでした。

しかも、アリミデックスよりもずいぶん安価(3分の1くらい)です。

AGは先発品と全く同じと聞きますが、こんなに安いのが逆に不安です。

信頼して大丈夫なものでしょうか。

AG自体、まだ歴史が浅いようですが、先生の病院でも処方されていますか?
■病名:乳がん
■症状:術後補助治療中
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

局所再発の手術、治療について   [管理番号:8012]
2013年に温存した右乳がんの再発が見つかり、1週間後に手術を控えています。

初発は術前にパクリタキセル12回を行い、術後も含めてハーセプチンを1年間行いました。

(Therapy effect grade2b)
術後の病理は
IDC(sci)0.3×0.2cm
リンパ郭清なし(センチネルでmicrometa)
ER 3+ PR 3+ HER2 2+
組織学的グレード1
脈管浸潤、断端共に陰性
KI-67 35%

今回の再発場所は前回切ったところの下で、エコーでDCISと言われ、
MRIでは乳房下部に広がっていました。
4か所ほど1cmから2cm未満のものがのものが映っていて、細胞診で浸潤と出てしまいました。
DCISで一部浸潤があると思うが、手術してみないと程度は分からないと言われました。

リンパと全身転移はPET-CT上なし。

センチネルの結果によってはリンパ郭清になると言われています。

術式は先生は乳頭温存乳房切除術で、上の方の脂肪は残して乳腺を切除するというお話でしたが、私は少しでも再再発を減らすために胸筋温存乳房切除術の方がよいと思うのですが、田澤先生はどうお考えですか。

局所再発で多発乳がんとは予後も心配です。

もしかしてコメド型のDCISが浸潤がんになったのでしょうか。

また今回は同じトリプルポジティブですが、HER2が3+に、KI-67が60%に上がっていたのも気がかりです。

腫瘍の大きさによっては術後、前回と同じパクリタキセル、ハーセプチンをやるかもしれないと言われています。
■病名:右乳がん局所再発
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳頭のただれ?膿?   [管理番号:8105]
6年前の検診で左胸にしこりが見つかり、
定期的に経過を診ていただいていましたが、この10月までしこりのサイズの変化がないことから、晴れて卒業となりました。

そのすぐ後、乳頭に黄色っぽい膿のようなものがこびりついているのを発見しました。
よく見ると乳頭の2箇所から出ているように見えます。
また、乳頭がひと皮剥けたように赤みがあり、亀裂が入っていて心配になった為、11月に乳腺外科を受診し、
ステロイドの塗り薬を処方されました。
3週間ほど1日2回薬を塗っていますが、症状は変わらずよくなる兆しがありません。

乳頭パジェット病ではないかと心配しているのですが、ステロイドが効かないとなると可能性はかなり高くなってしまうのでしょうか?

ちなみに出産経験はありません。
■症状:乳頭分泌、乳頭亀裂?、乳頭赤み、乳頭ただれ?
<女性:38歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療法について   [管理番号:8104]
私も10月(中旬)日に受けたマンモトーム生検で乳癌がわかり、治療を始める予定です。
そこで先生のご意見を是非、伺いたくメールさせていただきました。
術前の組織の検査では腫瘍は1.8ミリ、ER陽性、PgR陽性、HERⅡ3+、リンパ節転移なし、遠隔転移なしで、治療方針は、放射線治療(5日×5週間)、抗がん剤(6か月)、分子標的薬(1年)、ホルモン療法(5~10年)の予定だと言われました。
その後、11月(中旬)日に乳房温存手術を受け(リンパ節転移なし)ました。
術後の治療方針の説明では、放射線治療後、抗がん剤なしの分子標的薬(ハーセプチン)とホルモン療法を提案され、抗がん剤治療をしなくてもいいのか不安になりました。
ルミナルbの治療には、一般的には放射線治療、抗がん剤(AC.T C)、その後分子標的薬、ホルモン療法がなされていると思いますが、主治医の先生の提案通り、抗がん剤治療をしなくても良いのでしょうか。
抗がん剤治療をした場合としなかった場合の再発、転移率は変わらないのでしょうか。
私としては再発率、転移率を下げたいと考えております。

また、術後3日くらいからセンチネルリンパ生検の傷口から1センチくらい上に小豆大の硬いしこりができました。
主治医の先生はエコーで確かめることなく生検の傷だと言われましたが、私は転移かもしれないと心配でなりません。
明らかに目に見える傷口とは別の場所です。
生検の際に出来た傷が硬いしこりになることがありますか。
先生がマンモトームの項で書かれている瘢痕なのでしょうか。
■病名:乳癌 ルミナルb グレード2
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

病理結果と今後について   [管理番号:8103]
リンパ節転移は1/12(ごくわずかだったそうです)、ステージは2Aでした。

浸潤性硬がん(20×15×12mm)
核グレードは2、ER・PgRともに3b(強陽性)、
Her2はスコア0、サブタイプはルミナルAとのことです。

ki-67は細胞診では10%でしたが、病理検査では50%に上がりショックを受けています。

担当医は(間質に豊富なリンパ球を伴うため、
tumor cellsの陽性率がやや困難)とのただし書きを受けて、
手術で取りきれている可能性が高いので気にしなくて良い、との見解でした。

私としては非常に高値に見えますし
どう捉えて良いのか分からず、先生のご見解を伺いたい次第です。

なお、今日からホルモン治療を始めています。
■病名:乳がん
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up