Site Overlay

術後の治療法について

[管理番号:8104]
性別:女性
年齢:48歳
病名:乳癌 ルミナルb グレード2
症状:

田澤先生。
初めまして。

いつもQ&Aを読んで乳癌について勉強させていただいています。

私も10月(中旬)日に受けたマンモトーム生検で乳癌がわかり、治療を始める予定です。
そこで先生のご意見を是非、伺いたくメールさせていただきました。
術前の組織の検査では腫瘍は1.8ミリ、ER陽性、PgR陽性、HERⅡ3+、リンパ節転移なし、遠隔転移なしで、治療方針は、放射線治療(5日×5週間)、抗がん剤(6か月)、分子標的薬(1年)、ホルモン療法(5~10年)の予定だと言われました。
その後、11月(中旬)日に乳房温存手術を受け(リンパ節転移なし)ました。
術後の治療方針の説明では、放射線治療後、抗がん剤なしの分子標的薬(ハーセプチン)とホルモン療法を提案され、抗がん剤治療をしなくてもいいのか不安になりました。
ルミナルbの治療には、一般的には放射線治療、抗がん剤(AC.T C)、その後分子標的薬、ホルモン療法がなされていると思いますが、主治医の先生の提案通り、抗がん剤治療をしなくても良いのでしょうか。
抗がん剤治療をした場合としなかった場合の再発、転移率は変わらないのでしょうか。
私としては再発率、転移率を下げたいと考えております。

 また、術後3日くらいからセンチネルリンパ生検の傷口から1センチくらい上に小豆大の硬いしこりができました。
主治医の先生はエコーで確かめることなく生検の傷だと言われましたが、私は転移かもしれないと心配でなりません。
明らかに目に見える傷口とは別の場所です。
生検の際に出来た傷が硬いしこりになることがありますか。
先生がマンモトームの項で書かれている瘢痕なのでしょうか。

 教えてください。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「主治医の先生の提案通り、抗がん剤治療をしなくても良いのでしょうか。」
→誤り。

 抗がん剤無のtrasutuzumab単剤はエビデンスがなく、「絶対にしてはいけない治療」です。

「術後3日くらいからセンチネルリンパ生検の傷口から1センチくらい上に小豆大の硬いしこりができました。」
「瘢痕なのでしょうか。」

→常識的に考えて…

 そう思います。

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up