Site Overlay

今週のコラム 219回目 針生検でのFEA / ADHの診断 vol. 2

適応外診療にご注意!

8209 術前化学療法しても完全奏功しなかった場合の再発率」を回答していて…

情報化社会で、中途半端な情報が届くようになって(不完全な)情報の一人歩きが問題となっています。

カドサイラの術後補助療法(術前抗がん剤で完全緩解しなかった場合の)の申請は2019/8月にされていますが、いまだ未承認です。(通例では1年位はかかるとのこと)

ご注意ください。

 

〇前回(今週のコラム 218回目)では、FEA/ADHについて解説し、更に「腫瘤非形成性病変においての病変の分布」を示しCNBでは確定診断が難しいことを示しました。

今回のコラムでは、MMTEによる確定診断及び、外科的生検(incisional biopsy 及びexcisional biopsy)またその延長線上にある「部分切除」について解説します。

 

MMTEによる診断 手順

 

1.③の奥から狙います。

奥まで針を入れ、ここで吸引をかけます。

実際には、この場で、通常針を90℃ずつ回転させながら計4本採取します。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.この黄色い領域が(吸引され)採取されます。

 

 

 

 

 

 

 

3.少し引き抜いて、このポジションでも(同様に回転させて)4本吸引します。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.この部位でも黄色い領域が採取されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

5.更に引き抜き、ここでも同様の操作を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

6.ここでも(図の)黄色い領域が採取されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.さらに引き抜き、吸引をかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

8.同様に(黄色い部分が)採取されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9.更に針を引き抜き(最も浅い層で)吸引圧をかけると、

 

 

 

 

 

 

 

10.この部分が採取されます。

 

 

 

 

 

 

 

この1~10の操作にて採取された領域

 

 

病変の中心領域が隈なく採取できることが解りますね。

実際の、この操作(1~10)は5分程度で完了できます。

 

 

 

 

 

同様の操作を①②にも更に行うと

 

このようになります。

実際には「1カ所につき、90°ずつ回転させて4本採取」しているので

①の病変に対し「2か所」x4 =8本

②も同様に「3カ所」x4 =12本

③  〃 「5カ所」x4 =20本

★この腫瘤非形成性病変に対しては8+12+20=40本採取してます。

この操作で15分程度で完了できます。

 

 

なるほど!

MMTEって、ずいぶん広い範囲から採取できるんだねー。

 

 

 

 

もちろん、道具は「使い方」次第です。

上記のような病変に対し、(私なら)上図に示したように40本採取しますが、

(せっかくの)MMTEなのに2本とか3本しか採取しない医師もザラです。

無論、病変によっては「均質な球体ならば、(私でも)4本」で十分なケースはあります。

 

 

なるほど!

相手(病変)次第なんだね。

 

 

 

 

 

それが重要な点です。

相手(病変)に合わせない限り十分な診断とはなりません。(均質な腫瘤なら4本で十分、腫瘤非形成性病変なら最低でも10本以上は必要です)

この「十分な診断」を極限まで高めて、(私は)『100%確定診断』としているのです。

 

 

〇MMTE  3次元的採取

実際の病変は(当然のことながら)平面ではなく、立体的なものであるため以下のような採取が必要となります。

 

病変(正面から見た図)

 

 

 

 

 

 

 

赤線の部分の断面はこうなります。

 

 

 

 

 

 

最大の断面である(図の中央)での採取は大原則ですが、

同じ刺入部からでも、角度を変えて

頭側(図の赤太線)での断面や

尾側(図の黒線)での断面でも同様に採取します。

 

これにより(針跡は1か所でも)より病変から「満遍なく」採取できるのです。

 

 

 

 

〇外科的生検と(乳腺)部分切除

 

腫瘍に「切り込んだ」場合には全て「in」cisional biopsyとなりまず。

上図のように「ごく一部」でも2番目の図のように「大部分でも」切り込めばincisionalです。

 

 

これに対して、腫瘍に「切り込まない」場合に「ex」cisional biopsyとなります。

「incisional」も「excisional」も両方とも「外科的生検」と呼ばれます。

 

 

biopsyが「純粋に診断目的」であるのに対し、「margin」をつけて取りきることを目的とした場合

乳腺「部分切除」と呼ばれます。

 

 

 

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up