Site Overlay

6月14日(火)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ルミナルB her2陽性の術前化学療法レジメンについて   [管理番号:10357]
4月にルミナルBher2陽性左乳がん、
しこりのサイズ4.5センチ、CT画像上腋窩リンパ節転移なしと診断を受けました。
はっきりステージは言われていませんが
ステージ2aにあたると思います。

温存希望とpcrしなかった場合にカドサイラを使用できると分かり4月末から術前化学療法を受け始めて今ドセハーパーの3クール目を行っている所です。

ここからが質問なのですが、 3クール目を受ける前の主治医の診断の際に今のドセハーパーをあと3回、計6クール後手術をし、病理結果によりカドサイラを考えていると言われました。

自分で調べている中で her2陽性の標準治療としてはアンスラサイクリン系4クールとタキサン系+ her2治療4クールと思いこんでいたとこがあり、てっきりドセハーパー4クール後はEC療法をするものと思っていたので戸惑っています。
■病名:乳がん
<女性43歳> ……【詳しく読む】ルミナルB HER2陽性の術前化学療法レジメンについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療方法、遠隔転移の可能性について   [管理番号:10310]
現段階でCTの結果はまだです。
看護師さんに相談したら、手術を先にして、術後治療については先生に相談できますよ。
と言われました。
ただし、手術を先にすると、予定が6月の下旬から7月だそうです。
その後の抗がん剤治療はさらに1ヶ月後ようで、その間に転移してしまったらと不安に思い、どうしたらいいのか分からないでいます。
また、CT検査の結果を月曜日に聞きます。
遠隔転移していないか恐怖心でいっぱいです。
治療方法、遠隔転移の可能性について先生のお考えを伺いたいです。
■病名:乳癌 トリプルネガティブ
■症状:胸のしこり 腋窩リンパ腫れ
<女性43歳> ……【詳しく読む】治療方法、遠隔転移の可能性について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールB HER2陽性での術前化学治療   [管理番号:10331]
4月の終わりに悪性との診断。
某病院に紹介となりました。

検査の結果、腫瘍は2.2センチ、 HER2はFISH検査で陽性(Group3と記載)、ER陽性90%、PgR10%弱、Ki67は28.1パーセントです。

もう3週間ほど前の検査ですが、エコーと造影CT上ではリンパや遠隔転移は無さそう。
その後の造影MRIで元々の腫瘍の他に判別がつかない小さい濃染がある為、念の為全摘でとの話でしたが、その後で出たHER2陽性から、術前化学療法(ドセタキセル、トラスツズマブ、ペルツズマブ)を4クール後に手術という流れに変更となりました。

全摘のつもりで心の準備をし、まずは手術で悪い所が無くなる!と喜んだ所での術前化学療法で、「万が一それが効かなかったら、その間に進行してしまうのでは?」と不安になりました。
その旨主治医にもお伝えしましたが、「術前なら薬の効き具合も目で見て分かるし、術前に効かないなら術後も効かないから同じ」との事。
現状、折角転移が無さそうなのに、今取らないで転移や進行の心配はないのか?を聞きたかったのですが、結局その辺りは明確にならないまま話は終わってしまいました。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり、少しずつ肌の表面に赤みが出て来たのが心配
<女性36歳> ……【詳しく読む】ルミナールB HER2陽性での術前化学治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉癌   [管理番号:10214]
2月の針生検では、E R5.7%スコア2 Pg R0.0%スコアなし
HE R2スコア2 K i67 1.3% 核グレード1 組織学グレード2となっています。
ルミナルAと言われましたが、Bではないでしょうか?
また、画像では約1センチ、部分切除で良いとのことですが、全摘にしようか悩んでいます。
リスクを考えると不安です。
よろしくお願いします。
■病名:浸潤性小葉癌
■症状:肩から首と耳の痛み熱感
<女性51歳> ……【詳しく読む】浸潤性小葉癌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がん   [管理番号:8924]
今回田澤先生にお伺いしたい事は。

①トリプルネガティブ、増殖高ですが、シコリに気付いて手術までに1月半近く空いてしまいますが、進行してしまう可能性は高いでしょうか?遺伝性の検査をしてしまい2週間程、手術の期間が延びてしまった事を後悔しております。

②初診のエコーで12mmから2週間後のMRIで20mm無い位と言われましたが、8mmも大きくなったとの事ではなく機械の測定での誤差だと認識していいのでしょうか?

③画像診断で温存可能ですと言われて、いざ手術したら広がりが大きく全摘になってしまう可能性は、あるのでしょうか?
命が優先である事は間違いないので、全摘でも構わないと思ってはおりますが。

④遺伝性乳がんの結果、陽性の場合、抗癌剤が効きにくいとの記述をネットで見てしまったのですが。
実際はどぉですか?

⑤画像診断では、リンパへの転移所見は無しとの事でしたが、センチネンタル生検時に転移有りの可能性は低いでしょうか?

⑥手術後の病理検査で浸潤径が今の20mmより大きくなる事は多いのですか?
担当の医師はMRIの画像を見てツルッとしてて広がってる感じはしないとは言われていましたが。
■病名:乳癌 浸潤生乳管癌
<女性:36歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ乳がん

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up