Site Overlay

6月13日(月)⑤ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

脇のふくらみ   [管理番号:10356]
妊娠7ヵ月頃に、腕を上に伸ばすと右脇の真ん中あたりが膨らんでいることに気づきました。
つまむように触ってみると奥の方に少し膨らんでいる部分があるように感じます。
痛みなし、押さえるように触ってもやわらかいだけでしこりは触れません。
これが副乳なんだと思ってました。産後4日目に両胸が張ったとき、左脇に疼痛を伴うしこりができました。
胸の張りがおさまった数日後に左脇のしこりはなくなりました。

右脇の膨らみは大きくなることも、痛みが出現することもありませんでした。
■症状:脇の膨らみ
<女性28歳> ……【詳しく読む】脇のふくらみ

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

血性乳頭分泌   [管理番号:10294]
私が今、気になっているのは絞らなくても自然に分泌されてる事と、下着に付く量も6、7滴と皆さんが確認されてる量より多い?のと、増えてる感じはなく、
分泌があったら少しずつ減り3.4日で下着が汚れなくなる事です。
自然に出る分泌液なので絞って出ないか確認してる訳ではありません。
この状況を先生はどう感じますか?まだ分泌に気付いて1ヶ月そこそこなのでやっぱり3ヶ月は様子をみたほうがいいのでしょうか?
因みに分泌液の色は黄色っぽい透明です。
私的には白黒はっきりさせたいので乳管造影を希望しようと考えています。
■症状:乳頭分泌
<女性47歳> ……【詳しく読む】血性乳頭分泌

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX検査と放射線治療   [管理番号:10355]
混合型粘液癌を全摘、ルミナルA、ステージは1期
このような状態の場合、オンコタイプDX検査や術後の放射線治療は行わず、ホルモン療法のみ行うのが一般的だと思います。
しかしながら、
今後の再発リスクを少しでも低減するために、オンコタイプDX検査をお願いして再発リスクの数値がもし高い検査結果の場合は、放射線治療もリクエストしようかと思っております。1 オンコタイプDX検査を、抗がん剤の適用の要否ではなく、放射線治療の要否判断に利用するのはアリでしょうか?

2 その場合、オンコタイプDXの再発リスク数値がいくつ以上の場合に放射線治療をすべきでしょうか?

3 ホルモン療法の他に、放射線治療をプラスアルファすることのメリットとデメリットでは、どちらが大きいでしょうか?
■病名:混合型粘液癌
<女性81歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDX検査と放射線治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

妊娠できるタイミング   [管理番号:10322]
ステージ1
リンパ、遠隔転移なし
しこり7ミリ浸潤3ミリ放射線もおわり
ノルバディックス服用中。

今後リュープリンをするとおもうのですが、
何年後妊娠できますか。

再発も怖いのですが。

先生には最低2年とだけいわれてますが
その間になにかあったら怖いです。
■病名:乳ガン
<女性33歳> ……【詳しく読む】妊娠できるタイミング

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存   [管理番号:10318]
25歳の娘に乳癌の診断がありました。自分でしこりに気づき、すぐに乳腺クリニックを受診。
マンモ、エコー、針生検を行い、10日後に結果を聞きました。

クリニックの結果は、2.3センチ位、乳管癌(硬癌)、核グレード2、ホルモンは陰性、HER2は1+でトリプルネガティブとのことです。

脇の下にもエコーで気になる所見があり、クリニックの医師の見解では少なくともステージ2a以上では?とのことで、紹介状を持って病院を受診しました。

病院では初診時に採血、胸部xp、心電図、エコー、触診を行い次回造影MRIとPET CTを行います。
それで正解にステージを判断するそうです。
■病名:乳がん
■症状:胸のしこり
<女性25歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブの治療と、妊孕性温存

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up