Site Overlay

3月10日(木)② 6件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

骨転移かどうか心配です   [管理番号:10141]
2019年11月に右乳房温存手術を受けました。

浸潤系乳管ガン腫瘍径0.9cm
リンパ転移無し
ステージ1
ルミナルAタイプで、ホルモン治療中です。

最初に乳がんと分かった時に、
PET検査はしましたが、それ以降は3ヶ月ずつの触診と年1でエコーとマンモ、血液検査、他に半年に一度卵巣と子宮の検査をしてもらっています。

10日くらい前から骨盤右側が痛み出し、押してみたり階段を上ったりすると特に気になっています。

これは骨転移なのでしょうか?
<女性53歳> ……【詳しく読む】骨転移かどうか心配です

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

検査結果は全てグレー、部分切除をした方がいいのか。   [管理番号:10140]
質問
1:20代から子宮頚がんの異形成3b(健康診断判定D)でしたが、ここ数年でA判定にかわりました。

時間をおいて、いい方向にいく場合と癌が進行していく場合とどちらかの方が可能性が高いですか?

2:グレーでも先生も同じ様な治療をお考えになりますか?
外科的生検も部分切除も切開するのであれば、部分切除の方がいいかと考えています。

3:切開せずに凍結療法なども検討したい。

癌と診断されていない場合でも可能でしょうか。

切除のほうが治療方法としては、安全面、再発リスクを考えると間違いないのでしょうか。
■病名:乳がんの疑い
■症状:左胸(内側、下部)しこり、マンモグラフィーの際に赤茶色の分泌液
<女性54歳> ……【詳しく読む】検査結果は全てグレー、部分切除をした方がいいのか。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ステージ2aルミナールBの予後、ki67高値への恐怖   [管理番号:10139]
質問したい事は
①10年生存率、無再発率
主治医は80~90%なおるからね!とおっしゃって下さいます。

②ki67値が高いことが気になり治療が落ち着いた今、気持ちが沈んでしまう事がたまにあります。
ネットなどで予後不良と書かれていますが、それほど気にする必要はないのでしょうか?

③上記の治療は妥当なのでしょうか?

④定期検診が半年毎にエコー、CT(薬はなし)、血液検査なのですが妥当でしょうか?
■病名:右浸潤性乳がん
■症状:乳がん
<女性47歳> ……【詳しく読む】ステージ2AルミナールBの予後、KI67高値への恐怖

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

副乳なんでしょうか?   [管理番号:10138]
断乳して2ヶ月弱です。

妊娠9ヶ月の時に左脇にしこりを発見して乳腺外科にて技師さんのエコーと医師の診察により、副乳腺だろうと言われました。

出産2週間くらいで左脇が大きく腫れ、その後腫れは治ったものの、まだコリコリとしたしこりは残ってる状態でした。

現在産後8ヶ月になり、まだ左脇にしこりが残っている状態です。

先日乳腺外科の院長にエコーしてもらったところ、
「ほんとに副乳~?確かにあるが、小さくて副乳かどうかもわからない」と言われました。
■病名:副乳なのか不明
■症状:左脇のしこり
<女性26歳> ……【詳しく読む】副乳なんでしょうか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がん晩期再発   [管理番号:8884]
2004年ステージ1の乳がんホルモン陽性HEA2マイナスでリンパには転移なく温存で手術しました。
断面がマイナスのため放射線はしませんでした。
2年間ゾラテックス抗がん剤EC療法4クールしてノルバテックスを四年半くらい服用しました。

その後検診受けておりましたが再発なく過ごしておりました。
2019年たまたま他の理由でCTをとったところ大腿骨が溶骨と軟部組織にも腫瘍がみつかりPETCTをしまして仙骨や肋骨、胸腰椎に骨転移がありました。
痛みとかはなく気が付きませんでした。
溶骨していたところは放射線をあてアナストロゾールを服用しました。
その後PETCTしたら放射線の効果で大腿骨や仙骨の腫瘍は薄くなりました。
<女性:61歳> ……【詳しく読む】乳がん晩期再発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法による肩の可動域   [管理番号:10137]
■質問①
これはホルモン療法による副作用なのでしょうか。

もし、ホルモン療法による副作用であれば休薬や漢方治療など方法はありますか?

■質問②
それとも手術後の後遺症である関節炎という可能性はありますか?
もし関節炎である場合は、ヒアルロン酸の注射を打てば改善されると言われたのですが、
私のようなホルモン受容体陽性の乳がんの場合、ヒアルロン注射は問題ないのでしょうか?

ストレッチはするように心がけていますが、
可動域が狭くなっていっているので、できるストレッチもどんどん限られてきてしまっています。

■質問③
最悪の場合を考えてしまうのですが、再発・転移も視野に入れるべき(CTやPET検査など)でしょうか。
■病名:右乳房浸潤性乳管がん
<女性41歳> ……【詳しく読む】ホルモン療法による肩の可動域

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up