Site Overlay

3月10日(木)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の服用について   [管理番号:10136]
右乳房乳がんにより、2020年12月末に部分切除を行いました。

<病理結果>
・腫瘍サイズ2.1cm
・ホルモン受容体陽性
・HER2陰性
・センチネルリンパ節へ微小転移(1/1)
・Ki67 10%
・脈管侵襲なし

乳がんの治療薬として、がん細胞増殖を抑える経口分子標的薬であるベージニオ(アベマシクリブ)は、
「ホルモン受容体陽性で、かつHER2陰性(HER2陽性より再発リスクが高い)の早期乳がん。」が対象という認識でいます。

さらに再発リスクが高いという条件に、腋窩リンパ節転移1~3個という条件がありますが、
センチネルリンパ節への微小転移の場合はこの1個にカウントされますか?(対象でしょうか?)

また、服用にあたって推奨年齢等はありますか?

ベージニオ服用により、明らかに浸潤性無再発生存率が高くなったというエビデンスを目にしたので、
再発してからでは服用できないことから、対象である場合は、主治医にベージニオについて話をしてみようと思います。
■病名:右乳房浸潤性乳管がん
<女性42歳> ……【詳しく読む】新薬ベージニオ(アベマシクリブ)の服用について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

HER2陽性 浸潤径5mmの術後治療について   [管理番号:10135]
術後の治療についてご相談します。
1月末に、非浸潤乳管癌(腫瘍は無く石灰化、針生検では癌組織認められずタイプ等は不明のまま)で右胸全摘とセンチネルリンパ生検をしました。

【術後病理検査結果】
■組織型・・・浸潤がん(浸潤性乳管癌)
■リンパ節転移・・・なし (センチネル5個中0)
■ホルモン治療の有効性・・・ER(-)PgR(-)
■ハーセプチンの有効性・・・3+
■がんの浸潤径・・・5ミリ×4ミリ(8箇所あり最大値)
■核異型度・・・2
■脈管浸襲・・・なし
■ki67・・・15%
今後は、無治療で良いとの診断でしたが、希望があれば、パクリタキセル+ハーセプチンの薬物療法の提案がありました。
パニックになり、無治療を伝えて帰宅はしたものの、色々調べてしまうと、HER2陽性で浸潤径5mmで治療対象となっている方もあり、5mm未満や以下の情報もあり、5mmはどうなんだろうと困惑しています。
このまま、無治療で良いでしょうか。
再発率は、無治療だと3%ぐらいと主治医が言っていたように思うのですがそのような数字でしょうか。
■病名:乳癌 浸潤性乳管癌
<女性56歳> ……【詳しく読む】HER2陽性 浸潤径5MMの術後治療について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

温存手術後のモンドール病について   [管理番号:10134]
約3週間前に乳房の部分切除とセンチネルリンパ節生検を受けました。

センチネルリンパ節生検は術後の後遺症は無いと思っていたのですが、脇の下にボコっと筋が数本あり、その筋がつっぱって腕や脇が伸ばしきれません。

色々と調べてみてモンドール病かなと思うのですが、センチネルリンパ節生検でも、このような症状が出る事はよくあるのでしょうか?

主治医からは、腋窩郭清ではないので重い物を持ったり、予防接種をしても問題ないと言われましたが、大丈夫でしょうか?

また、筋が自然と消失するのであれば、無理に伸ばしてリハビリする必要はありませんか?
■病名:乳癌
■症状:術後の脇のつっぱり
<女性45歳> ……【詳しく読む】温存手術後のモンドール病について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ご意見お聞かせください   [管理番号:10133]
手術が終わり、左乳房に16ミリのがんが見つかり、ルミナールbher2でした。
まもなく治療が始まります。

MRIで他にも0期の広がりも見つかり全摘となりました。

これはありがたいと思っています。

毎年検診を受けていて、もっと小さい段階で見つからなかったことにくやしい気持ちがあるのですが、これは仕方のないことでしょうか?
<女性48歳> ……【詳しく読む】ご意見お聞かせください

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

左の乳がんに関して   [管理番号:7018]
①針生検の結果をいただきましたが、英語のためよくわかりません。
見ていただけますか?
IHCsubtype luminal A-like
ルミナールAタイプということでしょうか?
Estrogen receptor (ER):positive, strong, >80%
Allred PS:5, Allred IS:3, Allred score (PS+ IS):8 J score: 3b Progesterone receptor (PgR): positive, intermediate, >80%
Allred PS:5, Allred IS:2, Allred score (PS+ IS):7 J score: 3b
上記、まったくわかりません。
どのような意味ですか?
HER2: score 1+ (弱陽性細胞率が10%程度)
これも、わかりません。

ki67(MIB-1)labeling index 12%
これは、調べてみると、14%以上になると高値になる(=良くない)のですか?
術後の病理検査結果を見ないと、抗がん剤をやるかやらないかもわからないと言われています。
可能性はどれくらいでしょうか。

②センチネルリンパ節生検で転移がなくても、実は次のリンパ節にスキップ転移がある場合が稀にあるそうですが、その場合、どのように発見され、治療はどうなりますか?
③まだ術後の痛みが結構あります。
動く時、歩く時、胸が揺れる時、ズキズキします。
いつ頃まで続くのでしょうか?腕を上げるなどの運動は、積極的にやった方が良いですか?
④術後の病理検査結果によって、断端陽性だった場合には全摘の再手術を受けなくてはなりませんか?その覚悟もしなくてはいけないのでしょうか。
局所再発や遠隔転移の心配も考えると、精神的にきついです。
■病名:左乳がん
<女性:42歳> ……【詳しく読む】左の乳がんに関して

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up