Site Overlay

6月8日(火)② 4件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

腫瘍マーカー上昇(基準値内)   [管理番号:9227]
乳ガンで四年前に右全摘、腋窩リンパ節隔清しています。

現在はホルモン治療中です。
(ノルバデックス、リュープリン)

2018/9 CEA*1.6 CA15-3*12.6
2019/9 CEA*1.6
2020/9 CEA*2.8 CA15-3*17.6
2021/3 CEA*4.1 CA15-3*18.8

上記通り、基準値内ですがこの一年半で腫瘍マーカーが上昇しており、非常に不安です。

マンモ、エコーは異常ありません。

半年後に採血とCTと骨シンチ検査予定と言われましたが、(元々行う予定の定期検査)
半年も様子を見て大丈夫なのでしょうか。

主治医は、私が数値が連続で上昇していることを申し出るまで気付かれていませんでした…
あまり気にしないで、と言われました。
■病名:乳ガン
■症状:腫瘍マーカー上昇
<女性:40歳> ……【詳しく読む】腫瘍マーカー上昇(基準値内)

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

オンコタイプDX受けるべきですか   [管理番号:9018]
11/中に左全摘手術を受け、病理検査の結果が返ってきました。

1.5cm×1.5cm(浸潤径1.5cm×0.6cm)
INFβ、sci、ly1、v0、pn1
核:1(3点)=核 atypia:2点+Mitosis:1点(1/10HPF)
切除断片(-)
ER(+)100% PgR(+)100% HER2:score1+(-)
Ki67:30% Geminin:5%

主治医からはホルモン剤が効きやすいので、抗がん剤不要と言われました。

Ki67が30%とのことで、不安なのでオンコタイプを受けるかどうかとても迷っています。

(術前の病理検査ではKI67は40%でした)
先生のコラムを見ても、30は受けるかどうかの境界であると思います。

上記の病理検査の結果を含めて先生はどう思われますか?
Gemininとは何ですか?
■病名:浸潤性乳癌
<女性:43歳> ……【詳しく読む】オンコタイプDX受けるべきですか

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ乳がん再発について   [管理番号:9126]
告知された時より乳がんプラザを必死に読み大変お世話になりました。
初めてご質問させていただきます。
3年前の2018年にトリプルネガティブ乳がんI IB(術前抗がん剤を受けた為確実ではありません…)との告知を受け、術前抗がん剤→温存手術→放射線治療を受け、病理結果は完全奏功でした。
先月頃より左の術側の腕が少し痺れるのと背中辺りがこる様な気がしており、先日乳腺内科の受診日の血液検査ではCA15/3の数値が今まで8だったのが一気に80まで上がってしまいました。
今月(下旬)日にCTの予定ですが、
積極的な治療を諦めたくはないと思いますが再発の場合どの様な治療が可能でしょうか。
CT前ですが今は何も手につかない状態です。
■病名:トリプルネガティブ乳がん
■症状:腕の軽い痺れ、背中辺りのこりの様な違和感
<女性:60歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ乳がん再発について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

石灰化   [管理番号:9444]
先日、マンモ・エコーで診てもらい「100%石灰化です。定期検査でいいんじゃないですか」と先生に言われましたが、100%石灰化と言うのは、何もしなくてほっといて良いと言うことでしょうか?
また、定期検査とは、一年に一度、先生に診てもらえると言う解釈で大丈夫でしょうか?
お忙しい所すみませんが、よろしくお願いします。
<女性46歳> ……【詳しく読む】石灰化

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up