Site Overlay

トリプルネガティブ乳がん再発について

[管理番号:9126]
性別:女性
年齢:60才
病名:トリプルネガティブ乳がん
症状:腕の軽い痺れ、背中辺りのこりの様な違和感
投稿日:2021年1月19日

告知された時より乳がんプラザを必死に読み大変お世話になりました。
初めてご質問させていただきます。
3年前の2018年にトリプルネガティブ乳がんI IB(術前抗がん剤を受けた為確実ではありません…)との告知を受け、術前抗がん剤→温存手術→放射線治療を受け、病理結果は完全奏功でした。
先月頃より左の術側の腕が少し痺れるのと背中辺りがこる様な気がしており、先日乳腺内科の受診日の血液検査ではCA15/3の数値が今まで8だったのが一気に80まで上がってしまいました。
今月(下旬)日にCTの予定ですが、
積極的な治療を諦めたくはないと思いますが再発の場合どの様な治療が可能でしょうか。
CT前ですが今は何も手につかない状態です。
何卒よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

まだ(再発)診断前なので、あくまでも参考ですが…
「積極的な治療を諦めたくはないと思いますが再発の場合どの様な治療が可能でしょうか。」
⇒まずはPD-L1抗体及びBRACAnalysisを調べることになります。
 それらが陽性の場合には、それぞれatezolizumab+nab-paclitaxel / Olaparib の適応が出てくるし、
 それらが陰性でも bevacizumabやeribulinなど、いい治療があります。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

トリプルネガティブ乳癌の両肺多発転移について
性別:女性
年齢:60
病名:両肺多発転移
症状:
投稿日:2021年4月5日

前回はお忙しい中ご回答下さり有り難うございました。

原発乳癌が完全奏功してから2年以上経過した頃に腫瘍マーカーが80になり、遺伝子検査、骨シンチ、CTなどの検査後、両肺多発転移とリンパ節にも少し転移が見られ、肺の1番大きな癌細胞は2.2センチとの事でした。

遺伝子検査の結果は陰性でした。

セカンドオピニオンも検討しましたが今はコロナ禍で予約を取るにも時間がかかり担当の先生からは出来ればすぐに抗がん剤を始めた方が良いとのお話もあり、間をあけずに2月1日よりパクリタキセル+アバスチンの治療をスタートしました。

3月下旬の腫瘍マーカーでは80まで上がっていた数値が26になり、咳や背中の痛みなども無くなりました。
抗がん剤の副作用も余り強くない様で普通に生活が出来ています。

4月中旬にCTの予定ですが、
①もし状態が改善しているなら今後どの様な治療を進めたら寛解(根治)を目指せるでしょうか。

体が応えてくれる限り積極的な治療を選択していきたいと思います。
出来れば手術や放射線治療も保険外の治療を含めて受けていきたいと思います。

②抗がん剤はいずれ耐性が出来てしまうそうで、今受けているパクリタキセル+アバスチンは効果が出ているため有効な薬として使える様に私は残したいと思っていますが、耐性ができるまではずっと同じ薬を使い続けるのでしょうか。

③抗がん剤のスケジュールはどう組み合わせていけば1番効果をあげていく事ができ、長い寛解を迎えることが出来るのでしょうか。

④寛解してから次に癌細胞が出てきてしまう迄の間は経口薬を服用する様ですが、それしか手段は無いでしょうか。

担当の先生は寛解してもまた出てきてしまうからと言っておりますが、そうなると治療というのは少しでも死を先延ばしにする位の意味しか無いのでしょうか。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

Bevacizumab+paclitaxelはいい治療です。
あまり「先の先」を見るのはお勧めしません。

まずは(現在の)bevacizumab+paclitaxelを3か月⇒
1.(画像上完全緩解なら)⇒eribulin3か月
2.(完全緩解まで至らないなら)⇒bevacizumab+paclitaxel(更に3か月)

まずは、半年を考えるべき、その後は第2のステップと捉えるのです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
97+
Scroll Up