Site Overlay

オンコタイプDX受けるべきですか

[管理番号:9018]
性別:女性
年齢:43歳
病名:浸潤性乳癌
症状:
投稿日:2020年11月26日

11/中に左全摘手術を受け、病理検査の結果が返ってきました。

1.5cm×1.5cm(浸潤径1.5cm×0.6cm)
INFβ、sci、ly1、v0、pn1
核:1(3点)=核 atypia:2点+Mitosis:1点(1/10HPF)
切除断片(-)
ER(+)100% PgR(+)100% HER2:score1+(-)
Ki67:30% Geminin:5%

主治医からはホルモン剤が効きやすいので、抗がん剤不要と言われました。

Ki67が30%とのことで、不安なのでオンコタイプを受けるかどうかとても迷っています。

(術前の病理検査ではKI67は40%でした)
先生のコラムを見ても、30は受けるかどうかの境界であると思います。

上記の病理検査の結果を含めて先生はどう思われますか?
Gemininとは何ですか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「上記の病理検査の結果を含めて先生はどう思われますか?」
⇒質問者が理解されているように…

 Ki67=30%はグレーゾーンだから「OncotypeDXすべき」ですね。

「Gemininとは何ですか?」
⇒細胞分裂においてDNA複製を抑制する蛋白であり「増殖マーカー」として認識さ
れています。
 臨床的意義は研究段階と言えます。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

オンコタイプ結果出ました
性別:女性
年齢:43
病名:左乳癌
症状:
投稿日:2020年12月25日

先日はお忙しい中ご回答頂きありがとうございました。

オンコタイプ結果はRS16でした。

上乗せ効果1.6%でしたので、抗がん剤治療は見送りました。

タモキシフェン10年
閉経まで(50歳くらい?)リュープリン注射(在庫ないのでソラデックス)になりました。

タモキシフェン単独ではなく、注射も併用した方が良いのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

「タモキシフェン単独ではなく、注射も併用した方が良いのでしょうか?」
⇒不要です。

 今日、掲載した『今週のコラム 269回目 Rx PONDER (中間解析) その解釈』を熟読してください。
 因みに「40歳未満や化学療法閉経後の月経再開」であれば(上記とは別に)
LH-RHagonist併用しています。(無論、質問者はこの条件には当て嵌まりません)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
30+
Scroll Up