Site Overlay

9月8日(火)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

集団検診の乳腺エコーで要精密検査でした。   [管理番号:8856]
診察室に呼ばれ、マンモグラフィーは正常で特になにか写っているってものもないから、経過観察で良いでしょうといわれました。

病院行く前に携帯で色々調べてしまっていて、乳管内乳頭腫はがんとの判別が難しくきちんと精査すべきとみていたので、針生検する覚悟だったのですが、臨時の先生だった為、院長先生とお話しするよう言われ、再度院長先生にもエコーとマンモグラフィーの画像を見ていただいたのですが、院長先生には乳管内乳頭腫ではなく乳管が拡張しているように見えるし、このようなエコーの人はざらにいるし、針なんかさせないからといわれました。

臨時の若い先生には乳管内乳頭腫(1.4ミリ)でしょうといわれたので少しモヤモヤが残っていて、違う病院でもみてもらった方がいいのか悩んでいます。
とりあえず半年後もう一度というお話しだったのですが、半年じゃ長い気がして3ヶ月後に予約をとりました。

乳管内乳頭腫と乳管拡張は同じように見えるのでしょうか?
病院の先生のように針生検せずに3ヶ月後の受診でよいのでしょうか?
■病名:乳管内乳頭腫の疑い
<女性:33歳> ……【詳しく読む】集団検診の乳腺エコーで要精密検査でした。

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳管癌全摘後の創部下に嚢胞多発   [管理番号:7481]
昨年11月末に非浸潤性乳管癌で左乳房全摘しました。
5月半ば頃傷跡部分に湿疹と痒みがあり塗り薬で治りましたが 次に手術痕中央部分に白く扁平なな隆起に気付きました。
6月半ばに超音波検査の結果 皮下の嚢胞との事事でした。
取り残した乳腺に嚢胞ができたのでしょうか?全摘後半年位でこのでこの様な事が起こるのでしょうか?下記が検査結果です。

左乳房:切除後皮膚直下に 最大27.6×11.8×5.0mm 他6個程度 ?数~6.3mm程度のcystic~mixed pattern lesion多数あり。
その他D区域に?4.7mm B区域に?6.2mmのcystic lesionあり。
いずれも明らかな内部流血信号は認めず。
(op後変化susp)
右乳房:CD区域に 1.5mmのcystic lesionあり。
その他明らかなmassや点状高エコーは認めず。

診察は(再発なし。皮下の嚢胞)で次回は11月にエコーと診察で良いとの事でした。
術後半年の出来事で理解できず取り残しの不安もあります。
■病名:神経内分泌能を有する非浸潤性乳管癌
<女性:70歳> ……【詳しく読む】非浸潤性乳管癌全摘後の創部下に嚢胞多発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

複数のしこりは転移ですか?   [管理番号:8855]
8月の下旬に右胸の上部のしこりに気づき、乳腺外科を受診しました。

マンモグラフィーと超音波の結果、自分で気づいていたしこり(1.9cmだそうです)の周りにも複数ちいさいしこりがあり、それとも別で乳輪の下にもしこりがあると言われました。

1.9cmのしこりだけだと良性:悪性が5:5だけども、周りに散らばっていることを考えると4:6ということで、一昨日(8/31)に太針生検をしてもらって診断待ちの状態です。

診察してくださったお医者さんからは「悪いものであったとしてステージ1になります」ということを言われました。

自分でも少し調べていてしこりの数ではなく一番大きいしこりの大きさでステージが決まるというのは知っていたのですが、複数できているということはすでに転移し始めている・もしくは癌の顔つきが悪いということなのでしょうか?
■症状:胸に複数のしこり
<女性:36歳> ……【詳しく読む】複数のしこりは転移ですか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

her2 タイプ、再発   [管理番号:8854]
2014年 左乳癌腋窩リンパ節、肝臓転移発覚。
3月からドセタキセル、ハーセプチン、パージェタ4回その後、臨床試験で手術群になったので左乳房全摘、腋窩リンパ節はそのまま。
その後また同じ治療を続け計11回行いましたが、ドセタキセルの効果が出なくなった為、2014.11からハーセプチン、パージェタのみを続け、また肝臓の腫瘍が小さくなり始め、完全に消える事はありませんでした。
2016.1脳転移発覚。
放射線治療で完治。

2019.5まで変わらず過ごしていました。
主治医が転勤の為に変わり、新しい医師がもう5年経つから治療を止めるか判断する為にPETを撮ると言い、結果は肝臓もリンパも癌細胞は残ってないと言われました。
その後無治療で半年に一度CTを撮り、2020.5も異常なしと言われました。
その2週間後、左手親指の先が痺れだし、段々と人差し指にも広がり、整形でMRIを撮り軽度の頸椎ヘルニアと言われるも、首を上から圧迫しながら倒しても痺れが強まらない等で、典型的な症状ではないと言われるも、リリカを処方。

その後もどんどん痺れ痛みが酷くなり7月末に左脇を自分で触ると腫れていて乳腺外科に行く。
造影剤CT撮ると左脇リンパ節が腫れていて再発と言われる。
その後、造影剤PET撮ると縦隔リンパ節と肝臓にも転移発覚しました。
先生にお聞きしたいのは、治療は現在ロゼウス、ハーセプチン、パージェタを1クール終わった所ですが、もし先生でしたらどの薬剤を選択しますでしょうか。
■病名:左乳癌、肝臓多発転移、脳転移、縦隔リンパ節転移
■症状:左手、特に親指、人差し指、手のひら、膝下の内側の痺れ、痛み
<女性:42歳> ……【詳しく読む】HER2 タイプ、再発

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

5センチのしこりについて   [管理番号:8793]
ステージが予後と関係していることと
よくお見かけしております。

1、
自分自身のステージが明確でないことの不安
ステージが知りたいです。

主治医に、再発率は80%
抗がん剤をしても50%と言われ
何度も聞き直したのですが……

2、
術後の病理検査の結果
再発率が抗がん剤しても50%もあると
言うことなのでしょうか?

3、抗がん剤は、この種類で間違いないでしょうか?

4、ホルモン70もあったのに陰性になることがあるのですか?
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:46歳> ……【詳しく読む】5センチのしこりについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up