乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7481]
性別:女性
年齢:70歳
病名:神経内分泌能を有する非浸潤性乳管癌
症状:なし

いつも勉強させて頂いております。
よろしくお願い致します。
昨年11月末に非浸潤性乳管癌で左乳房全摘しました。
5月半ば頃傷跡部分に湿疹と痒みがあり塗り薬で治りましたが 次に手術痕中央部分に白く扁平なな隆起に気付きました。
6月半ばに超音波検査の結果 皮下の嚢胞との事事でした。
取り残した乳腺に嚢胞ができたのでしょうか?全摘後半年位でこのでこの様な事が起こるのでしょうか?下記が検査結果です。

左乳房:切除後皮膚直下に 最大27.6×11.8×5.0mm 他6個程度 ?数~6.3mm程度のcystic~mixed pattern lesion多数あり。
その他D区域に?4.7mm B区域に?6.2mmのcystic lesionあり。
いずれも明らかな内部流血信号は認めず。
(op後変化susp)
右乳房:CD区域に 1.5mmのcystic lesionあり。
その他明らかなmassや点状高エコーは認めず。

診察は(再発なし。皮下の嚢胞)で次回は11月にエコーと診察で良いとの事でした。
術後半年の出来事で理解できず取り残しの不安もあります。
ご多忙の所申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「6月半ばに超音波検査の結果 皮下の嚢胞」
「取り残した乳腺に嚢胞ができたのでしょうか?」
「全摘後半年位でこのでこの様な事が起こるのでしょうか?」

→これは乳腺にできる「嚢胞」ではなく、(全摘後に皮下脂肪と大胸筋との間にできる)「嚢胞(乳腺にできる嚢胞とは全く別物)」のようです。

 術後皮膚皮下組織と大胸筋の間で癒着し瘢痕となる際に、融解した脂肪などが液体として皮下に取り残されて存在することがあります。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

嚢胞多発について再質問お許しください
性別:女性
年齢:70歳
病名:神経内分泌を有する非浸潤性乳管癌
症状:

先日はご多忙にもかかわらず わかりやすくご説明頂き有難うございます。
先生のおかげで不安が少しずつ和らいで落ち着いてきます。
この様なな質問の場を設けて下さる事に感謝申し上げます。
再度の質問をお許し下下さい。

乳腺の取り残しの不安にばかり気を取られてお聞きするのを忘れてしまいました。

主治医が診察の際(皮膚がんの可能性もゼロではない)と言われた事を思い出しました。
エコー検査結果でそれは否定されましたが。

 
(1)私の様に手術痕の皮膚直下に嚢胞が多発する例は稀な事なのでしょうか?あまり多くはないのでしょうか?
(2)今ある嚢胞が悪性に変化する事も考えられるのでしょうか?
(3)次は11月の検診時にエコー検査をしますが 今後はどの様な事に注意していけばよろしいでしょうか。

申し訳ございません。
診察の場では頭が混乱して何も考えられずお手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「主治医が診察の際(皮膚がんの可能性もゼロではない)と言われた」
→可能性はゼロです。(頻度的に)
 ご安心を。

「私の様に手術痕の皮膚直下に嚢胞が多発する例は稀な事なのでしょうか?あまり多くはないのでしょうか?」
→極めて…
 よくあります。

「今ある嚢胞が悪性に変化する事も考えられるのでしょうか?」
→そもそも「嚢胞」とは正常乳管が閉塞して液体が貯留したものです。
 「正常乳管」は癌には決してなりません。
 ご安心を

 ★今回は、そもそも乳腺にできる「嚢胞」ではなく、皮下と筋肉の隙間に溜まった
「脂肪融解など」でしょう。(癌に変わるという発想自体ナンセンス)

「次は11月の検診時にエコー検査をしますが 今後はどの様な事に注意していけばよろしいでしょうか。」
→特に注意を要する状況にありません。
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。