Site Overlay

6月20日(土)① 1件の乳がんQ&Aを更新しました。【女性46歳】

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

トリプルネガティブ治療方法について   [管理番号:8650]
5月下旬、左胸のしこりで診察を受け、マンモグラフィとエコーでは、穿刺吸引式細胞診で乳癌と診断されました。

紹介された総合病院にて、マンモグラフィ、エコー、CTと針生検を行いステージ2aの乳癌でありトリプルネガティブと診断されました。

腫瘍の大きさは触診で3.5センチ位です。
(5月下旬より大きくなっています)
術前に化学療法で治療を開始する事で、小さくなるようであれば温存も出来る場合もあります。
と説明されました。

温存出来るという言葉に気持ちが傾いたのですが、この大きさであれば、術後の治療や再発、転移全てのリスクを考えた場合、全摘が最善なのでは?と悩んでいます。

現状の大きさでは温存はしない方が良いのでしょうか?
術前の化学療法なしで全摘した方が明らかに予後は良いのでしょうか?
先生のアドバイスを頂ければ助かります。
■病名:乳癌
■症状:胸のしこり
<女性:46歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ治療方法について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up