Site Overlay

3月23日(月)④ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

手術か化学療法か   [管理番号:8371]
2019/1~現在
イブランス(100mg)+フェソロデックス+ゾラデックス +エキセメスタン
肝臓右葉の癌は見えなくなる。

乳房は2017年は外側にあり、2019年も変わっていなかった。

現在は、その部分は触れなくなっており、内側に直径2cm位のしこり触れます。

ここ二ヶ月乳房のみマーカーが若干悪化傾向にあり、次の治療について考え始めています。

相談・質問
肝臓が落ち着いているので、乳房全摘考えています。

どう思われますか?
それ以外で良さそうなアプローチありますでしょうか。

主治医は手術か、化学療法(タキソール)かな、と。

ハラヴェン もまだ使えると思います。

イブランス継続でも、感覚的には半年くらいはもちそうですが、
そのうち効かなくなると思います。
■病名:乳がん
<女性:43歳> ……【詳しく読む】手術か化学療法か

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

今している治療についてご意見を伺いたいてます   [管理番号:8397]
質問させてください。

1.抗がん剤前に、造影MRをしていませんが、小さくなった、消滅した場合に、ちゃんと腫瘍が取れるのでしょうか?全摘ですが、とりきれない可能性はないのか。

AC抗がん剤をして、腫瘍がエコー上1.0センチ位になりました。

その間、主治医以外の先生にたまたまみてもらった際、反対側乳房に4ミリのしこりがあることがエコーでわかり、結局右側のしこりをみるために造影MRをしました。

本来メインは左乳房なのですが、腫瘍が小さくなっている中間にとっても、広がり具合は最初と変わってるのではないでしょうか? そもそも本当に最初に造影MRをやらずに手術は可能なのですか?
■病名:左乳房の乳がん トリプルネガティブ
<女性:39歳> ……【詳しく読む】今している治療についてご意見を伺いたいてます

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脇副乳のしこりをどこで?   [管理番号:8396]
皮膚科で再度触診したところ、粉瘤だから問題無いという前回と同様の診断でした。

その後3ヶ月たち、(現在8mm、9mm位に感じます)
痛みもあり、分泌物があるような気がするので、再度その大学病院の皮膚科を受診し、切除したい旨伝えたところ、今まで一度も検査されなかったエコー検査をしました。

その結果粉瘤では無く、副乳であるという事を初めて知りました。

ここで私がこのしこりの切除を希望している事から位置と深さを確認し、この皮膚科で切除出来るか確認するという事でMRIを撮り、
今その結果を待っているところです。

そこで、
副乳であるのであれば、乳腺やリンパ?の切除となるのでは?
それを皮膚科で取って貰って、もし仮に悪性だった場合乳がんという事になるが、そのしこりだけを診て良いのか?
そもそも皮膚科で良いのか?
と不安に思っている次第です。
■症状:脇副乳のしこり
<女性:49歳> ……【詳しく読む】脇副乳のしこりをどこで?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

私はこの治療で大丈夫でしょうか?   [管理番号:8395]
年末に乳ガンが発覚して
一月にオペ(左全摘)リンパ転移なし
腫瘍三センチ予定→ 結果1センチ七ミリ
核異型度1 ホルモン剤無効 抗がん剤有効
抗HER2療法有効 kei67→41、1と言われドセタキセル四回 ハーセプチン一年とのことで治療してます!抗がん剤二回目終わり副作用のせいからこれでよかったのかな?
とたまに不安になります。

先生に思ったより.暴れん坊がいたと言われ気になってます。
■病名:乳ガン
<女性:46歳> ……【詳しく読む】私はこの治療で大丈夫でしょうか?

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Her2リッチタイプ乳がん3cの予後と遺伝子検査について   [管理番号:8394]
私は今Her2リッチタイプ乳がんステージ3cで術前化学療法中です。

5月(上旬)日に手術が決まっていますが術式などはまだ未定です。
鎖骨下リンパや胸骨リンパにも転移が認められている為、術後放射線は必須です。
ステージや手術で取り切れない部分がある事などからやはり予後が気になり、4月から保険適用になる遺伝子検査を受けてもし陽性であれば対側も予防切除したいと主治医に話ました。
するとher2タイプは遺伝子検査陽性でない場合が多い為、予防切除できるまで辿りつかないかもしれないし、
治療の為の手術と予防切除の治療は同時にできるかわからないとおっしゃいました。

小さい子供もいる為長生きはしたい、再発防止や新たにできるがん予防などできることはしたいと思っております。

先生のご意見はいかがでしょうか。
■病名:左乳癌
<女性:32歳> ……【詳しく読む】HER2リッチタイプ乳がん3Cの予後と遺伝子検査について

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up