Site Overlay

2月5日(水)④ 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ステージⅢAの小葉がんについて   [管理番号:6879]
病理検査の結果が出たので、相談させて下さい。

浸潤性小葉がん
浸潤径 15x12x10mm大
断端陰性
核異型度1 組織学的異型度 2
脈管侵襲 リンパ管・静脈 +
リンパ節転移 14個中10個陽性
エストロゲン受容体 強陽性
プロゲステロン受容体 強陽性
HER2 陰性
Ki67 7.1%
ルミナールA
ステージⅢA

抗がん剤治療 アンスラサイクリン系とタキサン系
アンスラサイクリン系はFEC(5-FU、エピルビシン、エン
ドキサン)3週毎4回
タキサン系はドセタキセル3週毎4回もしくはパクリタキセ
ル毎週計12回
早ければ今月末から始まる予定です。

局所療法
照射部位は胸壁と鎖骨上。

胸の内側のリンパ節にも照射の追加を行う予定。

全身治療
ホルモン療法 タモキシフェン10年間
閉経を迎えた場合は閉経後のホルモン剤に変更。

先生はがんそのものだけなら悪くはないが、脈管侵襲が良くなかった、
小葉がんは黙って散らばっていくので・・・
と、抗がん剤治療も薦められました。
■病名:浸潤性小葉がん
<女性:44歳> ……【詳しく読む】ステージⅢAの小葉がんについて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガティブ術後最新治療   [管理番号:8269]
今年の1月(下旬)日に左胸温存手術が終わり術後の最終タイプ待ちです。

術前生検検査はトリプルネガティブでした。

癌の種類はまだ聞いていませんが手術前は1.6ミリでした。

術後はまだ聞いていません。
(大きさ)
センチネルリンパ節転移は無かったと聞きました。

予定通りトリプルネガティブ後の先生ならではの治療を聞かせてください。

PD-L1テセントリクが昨年中外製薬より承認されたとの記事を見ましたが。

先生のコラムにも武器が増えつつあるとの事よろしくお願い申し上げます。
■病名:左胸乳がん
<女性:55歳> ……【詳しく読む】トリプルネガティブ術後最新治療

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

しこりらしきもの   [管理番号:7898]
本日いつもより丁寧に自己触診をしていて二箇所気になるところが出てきました。

【気になるところ】
①右乳房の内側横から下あたりを撫でていて、右腕をたまたま下ろした時に、しこりらしき物に一瞬触れたような気がします。
その後何回も再現してみたのですが、見つかりません。
腕を上げた状態ではしこりらしきものはないようです。

②左乳房の外側の脇の下あたりを撫でると全体的に右に比べて少し硬い気がします。
筋肉かとも思います。
気にしすぎのような気もするのですが…
<女性:45歳> ……【詳しく読む】しこりらしきもの

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

両胸全摘後の注射など   [管理番号:8273]
両胸非浸潤がんで、過去に全摘しています。

胃カメラの時の静脈麻酔は、腕からしても大丈夫なのでしょうか?
インフルエンザの予防接種は、腕からしても大丈夫と主治医には言われましたが。
■病名:非浸潤乳がん
<女性:46歳> ……【詳しく読む】両胸全摘後の注射など

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後1年検診にて   [管理番号:3948]
左側の乳がんの診断を受けました。
浸潤癌
腫瘍の大きさは2.3センチ
ホルモン受容体陽性
HER2は3+
癌の顔つき グレード3
ki67 27.3%
遠隔転移は無し
エコーで左脇のリンパにも肥大があり、生検をしてリンパ節転移も確定しました。
ステージは診断時は2bでした。
<女性:39歳> ……【詳しく読む】術後1年検診にて

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up