Site Overlay

12月24日(火)① 5件の乳がんQ&Aを更新しました。

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

今後の治療と妊娠   [管理番号:8062]
①日本ではマンモグラフィー、MRI、CT検査、PET検査をするようですが、追加で検査する必要はないのでしょうか。

②ホルモン療法として最低5年のタモキシフェン投与、出来れば10年と言われましたが、リュープリン投与の事は言われていません。
セカンドオピニオンでも言われませんでした。

妊娠中だったので生理がまだ再開していないから必要ないのでしょうか。
生理が再開したら投与すべきなのでしょうか。

③第2子を希望する場合、タモキシフェン投与2年もしくは3年か5年後、休薬して妊活しても良いと言われています。

第2子は諦めて10年タモキシフェンを飲むべきなのか悩んでいます。

今生まれたばかりの子のために長生きしなければという気持ちと兄弟を作ってあげたいという欲が出てしまっています。

私の病理結果から、再発リスクと年齢と妊娠する可能性を考え、先生でしたらどのように診断されますか。
■病名:若年性乳がん
<女性:34歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

右胸の単孔性分泌について   [管理番号:6944]
乳首にぬれたような違和感を感じて確かめたところ、前回と同じ様な分泌があったので軽く摘まんだ所、小さな黄色透明な結晶がとれました。

その後気になって乳首をぎゅっと強めに摘まんで絞ると、ティッシュに漿液がつきました。

何度か乳首を摘まんで分泌を確認したところ、多分一つのところから出ている様に見えました。

今回も左胸からは出ていません。

12日右胸の乳頭を強く摘まむと一、二滴程の分泌は確認できました。

やはり単孔性の様に見えました。

前回と違い今回は生理中なのも気になります。
■症状:右胸の乳頭分泌
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ドセタキセルからパクリタキセルへの変更は可能か?   [管理番号:8167]
現在までに、手術、抗がん剤Ac4回目が終了しました。

次回よりドセタキセルがスタートするというところで質問です。

リンパ浮腫のリスクや、仕事への影響などを鑑みると、浮腫の副作用が散見されるドセタキセルの投薬に不安があります。

投薬回数が多いのは承知の上で、パクリタキセルに変更することは、可能なのでしょうか?
■病名:浸潤性乳管がん 硬性型
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

節外浸潤   [管理番号:8166]
2015年11月に乳がん硬癌ステージ2a
ki11.8 になりました。
浸潤1.5センチで最初は、リンパの転移なしのステージ1と言われました。
術中のセンチネル検査で2/11転移がわかりリンバ郭清しました。
病理検査の結果リンパの転移が2ミリの節外浸潤と判明。
ルミナールAなので本来抗がん剤の上乗せがないが節外浸潤なのでとの事でTCを4クールの予定で治療始めたのですが発熱と血圧の低下で緊急入院10日の重症な状態になったので中止になりました。

その後温存手術の為放射線治療腋窩も含めて25回、ホルモン治療その後生理も復活したのでリュープリンもしています。

先生からは、予後不良と言われていますが先生は、どう思いますか?私の場合は、5年経った時から気をつけないといけない15年20年経たないと大丈夫と言えないと言われています。
予後不良とはどの程度ですか?
■病名:左乳がん
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

細胞診の結果より針生検へ   [管理番号:8165]
細胞診の結果を受け、念のため、針生検(紹介先の病院で)へ

2019年11月 紹介先の病院で超音波エコー
右乳房9:30から14:30の領域にやはり血流信号が見られ、
乳がんの可能性を疑うので、針生検へ

明日、針生検を受ける予定になっています。

このような状況でも乳がんではない可能性が少しでもあるのかどうかお聞きしたく質問させていただきました。
針生検が決まってから、自分のエコー画像などを見ながら、インターネットなどで検索したりすると、「血流信号が多いとがんの可能性が高い」という言葉を多く見かけ、すごく不安になりました。
まだ、子供も小さいためこの先のことを考えてしまいます。

また、仮にがんだった場合、3か月前はエコー所見で何もなかった状況から、かなり進行することもあるのでしょうか?
■病名:右乳房硬結
■症状:右乳房硬結、受診時10日程度の乳房痛
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

Scroll Up