乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

2019年8月(上旬)日、右乳房全摘出手術を受けた。   [管理番号:7856]
術後病理結果は、pCR n0と良好な結果であった。
抗がん剤の化学療法開始前の
リンパ節転移(腋窩リンパ節)が5個腫大
いずれも小さいが転移があった。
そのため、6個郭清した。
リンパ節は、Ax
level I 0/6で癌の転移は、なし。
浸潤性病変及び乳管内病変の残存はなし。

それでも、「予防のための放射線治療であるPMRTは、必要ですか。
<女性:65歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

DDAC抗がん剤   [管理番号:7855]
7月に乳がん告知、8月末右胸部分切除+腋窩リンパ節郭清をしました

術前は、ステージ2b核グレード1 ki67ー15%ER95%PgR75%HER2陰性
CTにてリンパ節3個転移の可能性のルミナルA
リンパ節転移の為抗がん剤投与の予定でした

病理結果は、核グレード3ホルモン感受性陽性HER2陰性ki67ー25%
リンパ節レベル1 5/9 レベル2 0/3 (12個の5個転移)
浸潤径25×15mm
血管やリンパ管への浸潤 ly1 vo

再発転移リスクを下げる為、DDAC抗がん剤投与を進められ、来週投与開始予定です。
どの位のリスク回避がありますか?ハードな投与方法になると思うと不安です。

先生なら、どの様な術後治療をしますか?
<女性:52歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

追記です。すみません。   [管理番号:7854]
Ki-67についてなのですが、他の方の書き込みだと【37とか55】みたいにキッカリした数字が書かれておりますが、この数字は平均値、またはホットスポットのどちらなのでしょうか?

私の通っている病院は、先程書いた通り、
【平均値が15%で、10%~20%までバラつきがある】
みたいに書いてあったので、他の方はどちらなのか物凄く気になっております。
<女性:32歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

造影CTで癌の周辺にひろがる大きな画像   [管理番号:7812]
ご意見をお伺いしたいのは、
1、CTで映った部分はエコーで指摘されていたものと位置的には同じですが、大きさが大きく異なります。
これほど大きなものでも、エコーでもマンモでも映らないのでしょうか。
それともエコーで指摘された部分がさらに広がった状態なのでしょうか。

2、このCTで映ったものはMRIで映った3か所と同じものを見ている可能性はあるのでしょうか。

3、癌と診断された腫瘍はエコーやMRIでは孤立しているように見えましたが、CTで広がって見えた部分と連続している可能性はあるのでしょうか。
その場合、主治医の説明のように、浸潤部分だけの大きさで評価するのでしょうか。
それとも1つの浸潤癌として評価するのでしょうか。

針生検の結果説明の時は、1cm程度の早期乳癌と思われるとの説明にどこか安心していたのですが、今回の画像を見せられ、その広がりの大きさから早期とは思えず、動揺してしまいました。
画像がないのでお答えにくく申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

最大径5mmのHER2ガンの化学療法について   [管理番号:7853]
乳管内に広く散らばっている非浸潤がん(針生検の結果では非浸潤と言われました。
ただ、針生検で取るのは一部なので取ってない部分に浸潤の可能性があるからと言われ、リンパ節生検はしました。)と言われ、
左全切除手術をしました。

術後病理結果は、5mmの浸潤がん。
ホルモン感受性なし、HER2が2+、FISHで増幅あり、グレード3、Ki6712%、リンパ節転移なし、脈管侵襲なしでした。

浸潤径5mm以上からが化学療法の適用になるので、抗がん剤とハーセプチン併用の治療になると先生から言われています。

5mm以下(未満ではなく)は化学療法の対象ではなく、5mm以上は対象。
では、ちょうど5mmはどうなのか尋ねたところ、一応5mmあるので化学療法の対象になると言われました。

少し以前のガイドラインでは、1cm以上が適用となっていますが、最近5mmに変更されたのですか?
HER2陽性でグレード3なら、やはり術後の化学療法はするほうが良いのでしょうが、正直やりたくなくて悩んでおります。
<女性:69歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。