乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳輪にできた膿   [管理番号:7814]
質問です。

度々こちらで、分泌液の細胞診は信頼性にかける。
無意味な検査。
と拝見するのですが、何故でしょうか?

乳頭分泌で気を付けなければいけない色に.黄色.も入ってますが膿のようなドロッとした黄色ですか?さらっとした透明な黄色ですか?

膿の出た場所の乳輪の所をつまむとシコリになってます。
以前は膿が出たら正常に治ってたと思います。

10月受診の日に先生に診て頂いて必要であれば造影して頂けますか?
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

治療の薬について   [管理番号:7324]
2016年にステージ2の乳がんが見つかり、手術しました。

ルミナールAです。

その後フェマーラをずっと服用していましたが、2018年12月に、腰の骨への転移が見つかりました。

今年1月に放射線を12回して、フェソロデックスとゾレドロンを4月までしてました。

腫瘍マーカーが、12月の39から47にあがっていたので、薬を変更することになりました。
ペットCTでも。
腰の骨の癌が増大していました。

薬は、ベージニオとアリミデックスを使うことになりました。

そこで気になったのですが、骨折予防のゾレドロンのことは何も言われませんでした。

ゾレドロンはしなくてもいいんでしょうか?
よろしくお願いします。
■病名:乳癌 第五腰椎骨転移
<女性:62歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の脇の下のしこり   [管理番号:7813]
9月はじめに田澤先生に温存手術とセンチネル生検をして頂きました。

リンパ節転移はないとのことで郭靖はしていません。

まだ術後2週間で、傷周りは浮腫んでいる状態ですが痛くはありません。

1つ気になるのが、脇の下、ちょうどセンチネル生検の手術跡の下の所が術後からポコッと腫れていて気になっていましたが、最近大きさは変わりませんがそこが硬くなってきました。
痛みはありません。
手を挙げた時に引き攣れる感じはあります。

病理結果の診察まであと2週間ですが、このままで大丈夫でしょうか?
新たなしこりが(リンパ節転移)出来たのではと少し心配です。
■病名:乳がん
■症状:術後の脇の下のしこり
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

造影CTで癌の周辺にひろがる大きな画像   [管理番号:7812]
ご意見をお伺いしたいのは、
1、CTで映った部分はエコーで指摘されていたものと位置的には同じですが、大きさが大きく異なります。
これほど大きなものでも、エコーでもマンモでも映らないのでしょうか。
それともエコーで指摘された部分がさらに広がった状態なのでしょうか。

2、このCTで映ったものはMRIで映った3か所と同じものを見ている可能性はあるのでしょうか。

3、癌と診断された腫瘍はエコーやMRIでは孤立しているように見えましたが、CTで広がって見えた部分と連続している可能性はあるのでしょうか。
その場合、主治医の説明のように、浸潤部分だけの大きさで評価するのでしょうか。
それとも1つの浸潤癌として評価するのでしょうか。

針生検の結果説明の時は、1cm程度の早期乳癌と思われるとの説明にどこか安心していたのですが、今回の画像を見せられ、その広がりの大きさから早期とは思えず、動揺してしまいました。
画像がないのでお答えにくく申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
■病名:乳癌
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。