乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

乳癌術後   [管理番号:7792]
今年8月の検査で採血にてCA15-3が上昇していた。

CEAはほぼ0に近い。
それまでの腫瘍マーカーは?
8月の受診で9月に再診となった(6ヶ月定期から1ヶ月に)
術前は17台 今年8月21台 今月24台
次回も来月再受診で、更に上がる様ならPET検査をするとの
主治医の話でした。

また、自覚症状?が今年6月頃から腰痛(骨盤あたり)
があり、痛みが収まらず・・・(その頃に何となく家事で痛めた様な?)
体動時の痛みと長く座っていると痛み+。
歩行時は特に感じない。

これまでの定期検査からはその部位は画像には入って
おらず、過去の画像も比較して何度も見て貰いましたが
異常は発見できず・・・
Drより骨転移であればCAが上がるとの事ですが、9台で基準内。

他の一般検査(血液)は特に異常はなく、CA15-3のみ上昇。

骨及び他への転移は考えられるでしょうか?
■病名:乳癌術後
■症状:CA15-3上昇及び腰痛(骨盤あたり)
<女性:57歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

診断について   [管理番号:7568]
2018年3月(下旬)日 しこりが痛く通院→マンモグラフィ→線維腺腫といわれる。

外科を受診し、呼吸器科の医師に診断される。

2018年6月(上旬)日 しこりが大きくなってきたので通院→CT
2018年7月(上旬)日 結果を聞きに通院→線維腺腫といわれる。

2018年12月(下旬)日 しこりに痛み、大きさに不安を感じ通院→特に検査なし
手術で取ることもできると聞く。

2019年1月(中旬)日 手術で取ってもらおうと相談のため通院→CT
2019年1月(下旬)日 病院から来るよう電話があり通院→画像にリンパの腫れが見られるた
め針生検
2019年1月(下旬)日 乳ガンと告げられる。

良性のものとばかり思っていたので、別の病院にかかることもなく
安心しきっていました。
乳腺の先生に診てもらうべきだったのでしょうか?
後悔しても後悔しきれません。

現在抗がん剤治療中で、リンパの腫れということはステージが上がってはじめて気づいたということに…誤診でしょうか?
■病名:トリプルネガティブ
■症状:T4N2M0 ステージ3B 8cmのしこり皮膚浸潤 増殖マーカー80% ki-67-20
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療方法について   [管理番号:7791]
医師からはホルモン療法と再発予防に抗がん剤(やるかどうかは私次第)ということで勧められました。

ホルモン療法はタモキシフェンとリュープリンです。

術前は腫瘍の大きさが30mm弱、リンパへの転移がなければホルモン療法のみで治療する予定でした。

術後の病理結果で腫瘍の大きさが38mm、脈管侵襲が見られたということで抗がん剤の話が出てきました。
リンパへの転移がなかったのに腫瘍の大きさが大きかった、脈管侵襲があったということで抗がん剤治療をやるのか疑問に思っています。

1、田澤先生ならどのような治療をされますか?
2、微小の癌が残っていた場合、ホルモン治療のみと抗がん剤治療を併用した時に大きな差があるのでしょうか?
■病名:浸潤性乳管癌
<女性:44歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳がんと併発するがんはあるのか   [管理番号:7790]
昨年12月に検診で見つかった左乳がんを
今年1月に温存手術し3月に放射線治療を受けました。

術後の病理検査では
ステージ1、ルミナルa とのこと、
現在はノルバデックスを服用中です。

主治医からは、今後10年以内の再発率は
10%以下と言われました。

ところで、この2週間ほど、歯茎が喉の方まで腫れてきていて、
歯科で抗生物質を処方されましたが
あまり効果がありません。

今年春ごろに、堀ちえみさんが
口内炎だと思っていたら
口腔がんだったというニュースがあったことを思い出し、
もしかしたら自分もそうなのかと不安になってしまっています。

乳がんでありながら、ほかのがんにも罹患する可能性というのは、
先生のご経験の中では、どのくらいの確率で起きるものでしょうか?
またその場合に、起きやすい部位というのはあるのでしょうか?
■病名:左乳がん(硬がん)
<女性:54歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌と診断され怖くて パニックです。   [管理番号:4249]
結果が出ました。
浸潤性乳管癌、18㎜、間質への浸潤見られる。
脂肪組織への浸潤は認められず。
核異けいスコア1核
分裂スコア1グレード1、
ki67 30%。
細胞質が広く、核異形の比較的軽度の腫瘍細胞が線管形成ないし、小胞巣を形成して増殖生しています。
と記載して有りますが、どのような事でしょうか?
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。