乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

エコーで5ミリのシコリのような影   [管理番号:7537] 
エコーの最中に 「特に異常はないよ。後日マンモグラフィ と併せて改めて結果説明するね。
多分大丈夫だから~」と仰って頂いたのですが、
結果説明で改めて受診をすると
「エコーとマンモ両方に気になる5ミリのシコリのようなものが見つかった、次の検査に進んでもいいけど 60歳なら生検するけど あなたの年齢を考えると半年様子を見よう。
生検するか凄く迷ったけど今は医学的に生検するべきではないと判断した」と仰いました。

不安が残ったので、後日改めて受診をし、別の病院へ行きたい事を伝えると「だからすぐ生検しようと言ったでしょ。あなたが嫌がったからやらなかった。明らかに嚢胞ではないいし。他の医師にこのシコリのようなものを見つけられるとは思えない。エコーもマンモの読影も世界一だと思っている」と言われてしまいました。
私は生検したいと伝えていたのですが、、
発言に一貫性が無いので 不信感を抱き、マンモグラフィ の画像をもらい、二つの病院へ受診しエコーをしたのですが2つとも異常ナシでした。

見落とされてしまったのでしょうか?

もし、生検の必要のあるシコリであれば一刻も早く詳しい検査をしたいのですが、異常なしと診断されてしまったので 生検できません。
シコリを見つけた一つ目の病院へもう一度行くべきでしょうか?
■症状:胸の痛み 張り
<女性:30歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

トリプルネガ ステージ1   [管理番号:7514] 
右 部分切除
0.8×1.2×0.7 ki 60%グレード2 リンパ転移なしとの事でした。
pT1N0M0
ステージ1
シコリの側に1ミリの娘結節がありました。

今後の治療として、トリネガと言う事で抗がん剤治療がはじまります
が、治療が終わった後の再発転移が不安です。

娘結節があった事で、予後が変わるのでしょうか?
<女性:49歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ホルモン療法中の脱毛について   [管理番号:7607] 
私は2年前に乳がんの手術を受けました。
(温存手術・ステージⅡa・リンパ覚醒)
オンコDX検査の結果を経て抗がん剤は使わず、放射線治療後、ホルモン療法を続けております。

当初はアリミデックスを服用していましたが、脱毛が多くなり、1年後フェマーラに変更しました。

多少は減ったものの脱毛がまだ続いております。

手術前は毛量がかなり多かったのに、現在はかなり薄くなってきました。

主治医には、「薬の副作用も考えられるが、原因はわからない。さらに薬を変更する事も出来る」と言われました。

このままでは、ウィッグを付けないと外出出来なくなるのではと、とても心配です。
■病名:乳癌
■症状:脱毛
<女性:59歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ルミナールAなのか   [管理番号:7606] 
次回診察時(8月初め)に聞こうと思いますが、
・上記の結果だけではルミナールAとは判断出来ない。
であっていますか。

・Ki67値がわからなかった場合、検査をお願いするつもりですが、通常、術後時間がたった場合でも検査できるものでしょうか。

・Ki67値が曖昧だった場合などオンコタイプDXも考えていますが、どこの病院でも出来るわけではないと過去のQ&Aで読んだ気がします。
治療していただいてる病院がやっていない場合、オンコタイプDXはあきらめるしかないでしょうか。

・オンコタイプDXをお願いできて結果が出るまでの間、処方されたノルバディックスは飲んで構わないのでしょうか。
■病名:浸潤性乳管癌
■症状:術後
<女性:46歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

ki高値で不安です。   [管理番号:7405] 
病理結果です。

硬がん

A、Bに癌細胞の不規則胞巣状浸潤性増生および乳管内での増生がみられます。
癌細胞は脂肪組織に浸潤しています。
乳管内成分には部位により
コメド状の壊死がみられます。

浸潤径:11mm×7mm、pT1c、Ly0、V0、波及度f、EIC-、Comedo
component+、nucler grade:1、histological grade:2

レセプター等について
ER:90%程度の癌細胞が陽性、ER判定基準:j-score Score 3b
PgR:40%程度の癌細胞が弱陽性~陽性、PgR判定基準:j-score Score 3a
HER2 2+(ASCO/CAP) 不完全および/または弱~中程度の完全な細
胞膜の陽性所見が10%をこえる癌細胞に観察される(30%程度)
mib-1… 高い部分で70%程度
EGFR-、CK5/6-

☆質問なのですが、ki67 がすごく高く、主治医には、しこりは小さいけど(状態が)すごく厳しいよ、と言われています。
10年再発率もTC治療を終えて、注射+ホルモン治療10年で生理が止まったと考えての再発率は50%と言われました。

私のこの病理結果を見て、先生から見た10年の無再発率と10年の生存率を教えてください。
■病名:乳がん、硬がん
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

TC療法か、AC療法で迷っています。   [管理番号:7586] 
化学療法で迷っています。

右乳がん 温存手術後、放射線→化学療法予定です。

ステージ1、1.3×1.2センチ、リンパ転移なし、断面陰性、
脈管侵襲なし、グレード3、kei67が90%、トリプルネガティブです。

主治医にTC療法を薦められました。

ただホルモン療法もきかないし、グレードも増殖度も高いので再発がこわいと言うと、
若いうちにガツンとやっておいてもいいかもしれないと、
AC療法+パクリタキセルでも良いと言われました。

それぞれメリット、デメリットが知りたいです。

先生ならどちらを選ばれますか?

また末端神経の副作用がドセタキセルの方がマシだと書いてあってので
EC療法+ドセタキセルがやりたいですが、
主治医からの提示はありませんでした。
提案しても良いものでしょうか。
■病名:乳癌
■症状:ステージ1グレード3トリプルネガティブ
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。