乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

ルミナルAライクから中間型の補助化学療法の必要性   [管理番号:7477] 
2019 6/(上旬) 左乳癌全切除術+センチネルリンパ節生検施行。
濃厚な乳癌家族歴あり、
遺伝子検査検討中。

浸潤性乳管癌(硬癌)0.9cm
浸潤径17mm f,ly(+),v(-)
核グレード分類 2
内分泌反応性あり ER100% PgR10-50%
HER2過剰発現なし1+
Ki-67 15-20%

腫瘍は、胸壁側剥離面にきわめて近接して浸潤している。
既割しており、正確な評価は困難。

①主治医より補助化学療法はなしでよいと言われましたが、Ki-67 20%であることと、年齢50歳以下である事で不安に感じています。
先生の意見を聞きたいです。

②腫瘍が近接していた胸壁部分への放射線治療は必要ないのでしょうか?
■病名:左乳癌全切除術後 T1N(sn)M0 ステージ1
<女性:47歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

エコーに写らない米粒大のしこり   [管理番号:7476] 
現在、授乳中です。

右胸の脇側、やや上寄りに米粒大のしこりを見つけました。

硬く、授乳後も大きさは変わらないように思います。

総合病院でエコー検査をしたところ、確かに触診では触れるが、小さす
ぎてエコーには写らないとのこと。

エコーに写らないので生検もできないとのことでした。

様子見、もし大きくなったらもう一度受診するようにと言われました。

しこりが米粒大もあれば、すぐに検査の必要があると思っていたのですが…本当にこのまま様子を見ていていいのでしょうか?
別の病院も受診すべきでしょうか??
■症状:胸のしこり
<女性:33歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

センチネル生検   [管理番号:7475] 
センチネル生検を術中にする病院と手術前日に痛い思いをしてまでやる病院の違いは何ですか?
私は何も知らず術中だったのですが、田澤先生はどちらになりますか?
■病名:乳がん
■症状:左乳房部分切除手術済み。放射線終了しタモキシフェン服用中。
<女性:50歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

浸潤性小葉癌とiga腎症術後の治療   [管理番号:7474] 
質問1
*抗がん剤について
現在オンコの結果待ちです。

Ki67の数値が20%以下であれば、上乗せ無しのように思うのですが、病理結果から高リスクとなる可能性はありますか。

腎機能低下のリスクがある抗がん剤治療は絶対にしたくないのですが、医師は抗がん剤の減量を提案しています。

もし、高リスクとなった場合、先生は抗がん剤を勧めますか。

質問2
*ホルモン剤について
アリミデックス1㎎を予定しています。

副作用に腎機能低下とありますが、その場合には、しばらく休薬して、
再開するなど、腎臓内科の先生と相談しながらの服用方法でよろしいでしょうか。

質問3
*無治療の再発率について
副作用で薬の服用ができないなど、治療が続けられなくなった時の再発率を教えてください。
■病名:浸潤性小葉癌
<女性:56歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

骨転移の治療について   [管理番号:7473] 
骨転移が増大しています。
現在の治療が効き目なしと判断、次の治療方法が提示され迷っています。

2016年3月乳がん告知、ステージ2A、同3月末に右乳房部分切除(腫瘍径1.8cm)、リンパ節転移あり(2/15)、リンパ管侵襲あり、グレード3、Ki30%以上でルミナールBでした。

術後、放射線治療25回、抗がん剤はEC4回、ドセタキセル4回を2016年11月中旬に終え、アナストロゾールを服用していましたが、ホルモン治療も3年というとろで、2019年1月に骨転移しました。
転移箇所は左恥骨と左腸骨でした。

早速1月中旬より、イブランス+フェソロデックスを始めましたが、痛みはおさまらず放射線治療を4月下旬より14回行いました。
その時には
右恥骨にも転移がみられました。
さらに先日MRIで腰椎(L1とL3)、仙骨
(S1)への転移。
イブランス+フェソロデックスは効いていなかったということで中止。
現在肺や肝臓への転移の有無を調べています。

主治医は今後、抗がん剤のハラヴェン投与を提示しています。
もしくはゼローダ+エンドキサンかと。
いずれにしても脱毛もあり、終わりのない抗がん剤治療に突入するのかと思うと判断が出来ません。
他に選択肢はないのでしょうか?
■病名:乳がん骨転移
<女性:53歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。