乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

胸骨の腫れについて   [管理番号:7212] 
■質問
①胸骨にがんが認められた場合、乳がんの転移と考えるのが妥当でしょうか?もしくは別のがんが同じタイミングで見つかったと考えるのか、または違う見立てになるのか、田澤先生でしたらどのようにお考えになりますか?

②MRIのみ胸骨に所見ありの場合、PET-CTでわかることは「胸骨の腫れが何なのか」だけでしょうか?ステージ4に該当するがんが見つかる可能性はどれくらいあるとお考えでしょうか?

③一連のプロセス(手術→PET-CT→治療開始)について、例えば手術前にPET-CTを受け、胸骨にがんが認められられた状態で手術に臨んでいたら、もしかしたら何かしら手を打つことができたのではと考えてしまいます。
田澤先生でしたらどうアプローチされますか?
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

母の病状について   [管理番号:7211] 
母の乳がん病状及び治療方針について、よろしくお願いします。

2019年1月末に左乳がん、腋高リンパ節転移、鎖骨下リンパ節転移と診断されました。

針生検、CT、PET-CT等の結果(2月上旬時点)
・胸の腫瘤の大きさ: 16㎜、11㎜
・腋高に複数リンパ節腫大、鎖骨下に周囲組織と、境界不明瞭な5cmのリンパ節転移
・遠隔転移は認めず
・細胞の顔つき: 2
・ホルモン感受性: 弱い
・HER2: 2+(→精密検査後:陰性 1.2)
・Ki67: 40-50% 高い
ホルモン感受性の低い、活発なタイプの乳がんです。

術前治療(腫瘍を小さくして手術を行える様にする)
・ホルモン療法: 少し効果があるかもしれない
・化学療法: 術前に行う 中心静脈ポート留置
①タキサン系: 3ヶ月
②EC: 4回 3ヶ月
・放射線治療: 手術を施工した場合に予定

主治医の先生曰く、鎖骨下の腫瘤が大きく手術が出来ない状態なので、
抗ガン剤治療で腫瘍を小さくなったら手術をする、との事です。

2/(下旬)に1回目のパクリタキセルの投与が始まり、今後週1回ペースだそうです。

昨日、2回目の投与の際に鎖骨下腫瘍が更に1cm大きくなっていたそうで、大変心配しております。
■病名:乳がん
<女性:72歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤について   [管理番号:7210] 
抗がん剤をすすめられております、ご意見おきかせ願えますでしょうか。

アポクリンがん
リンパ、静脈侵襲なし
グレード1
浸潤癌の部分6ミリ×6ミリ×6ミリ

リンパ節転移なし
ER 90
Pgr 80
HER2 陽性(2+)(増幅あり)
KI67 10パーセント以下

HER2陽性のため、抗がん剤TC3ヶ月 ハーセプチン9ヶ月 その後ホルモン治療10年をすすめられております。

手術は2月上旬です。

抗がん剤をはやはり推奨でしょうか?
先生のお考えをご教示いただけましたらありがたいです。
■病名:乳がんアポクリンがん
<女性:48歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

細胞診の結果   [管理番号:7181] 
細胞診の結果が2/(下旬)になるのですが、気になる事があります。

しこりを発見する前から、時々右の二の腕に痛みがありました。

精神的な事もあると思うのですが、2/(上旬)エコー以降 右指先のしびれがとてもひどいです。

脇の下などを調べたところ、腕の付け根付近に先生の言う『ごろりと触れる』かわかりませんが、何かある様に思えてきました。

リンパ節転移のしこりなら、素人でもすぐにわかる感じですか?
エコーの際、担当の先生には何も言われませんでした。

微熱も1週間続いていて、先生の言う『女性ホルモンによる刺激症状』だと良いのですが、どう思われますか?

あと万が一、細胞診の結果が悪性の場合は、田澤先生に手術をお願いしたいと思っております。

大阪に住んでいるので、あまり伺う回数を掛けれないのですが、どこまで地元で検査してから伺うと効率が良いとかありますか?
あと手術をお願いするとなれば、今ならどれ位先になりますか?
■症状:しこり 腕のしびれ
<女性:42歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。