乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

線維腺腫と診断されていますが、大きくなり針生検   [管理番号:7071] 
エコーでしこりが左右に0.5ミリづつ大きくなっていて、計2センチとなり、1年で約横だけ1センチ大きくなっていて、安心のためにも針生検した方がいいと言われ当日針生検となりました。

形は元が、蝶々みたいな形でしたが、その横から左右均等にもくもくと広がっている感じでした。

針生検の時、担当の先生が触った感じどうですか?と聞くと、私の乳腺はかなり固い方だから分かりにくいと、いい方を変えたのが気になりました。

2人でやった方が確実と乳がんの手術を、かなり行なっていらっしゃる
先生が針生検をやってくださいました。
担当の先生は針生検に手こずり結局刺せず、もう1人の先生は速やかにやってくださり、針生検をやる時に、しこり悪そうですか?と聞くと、エコーをやりながら、形は変わってるけど僕は大丈夫だと思うんだよね。

と言われました。

担当の先生にも帰りにも安心するために、
調べるためですから、心配しすぎないよう言われました。

2年も経ち、まさか大きくなったからと生検バタバタするのが不安になりました。

これで悪性ならかなり悪くなっているのではと恐ろしさと後悔があります。

幸い胸には違和感なく、脇も腫れたりしていません。
しこりは針生検をしてから触れている感じはありますが、ゴムボールのような手触りが左右ともにもともとあり、右の方が腫れていてなんだかコロコロ動くものがあるかな?という感じです。

昔から乳腺が発達してるのか、生理前にはチクチクしたり、ズキッとしたり、張ったり硬くなるタイプです。

固いしこりは触れませんが、触診はよくわかりません。

結果はまだ出ていなくて、本当に悪性も考えなくてはいかさきはいけないのかと、かなり不安です。
■病名:乳腺線維腺腫
■症状:右胸、しこり、2センチ、分葉、もくもく
<女性:41歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤   [管理番号:7055] 
12月に手術をし、先日病理検査がでました。

温存手術、センチネルリンパ節生検
浸潤径:1.8×1.4×0.8cm
非浸潤径:2.8×2.5×0.8cm
リンパ節転移あり(3/11個)内微小転移2個
エストロゲン 陽性90%
プロゲステロン 陽性90%
HER2蛋 陰性0
Ki-67 15%
リンパ管浸潤 陽性
静脈浸潤 陰性
核の悪性度 1
切除断端 陰性

術後の治療はホルモン治療と放射線治療は決まっています。
主治医はルミナルAだけど、リンパにいってるから抗がん剤も視野にいれているようです。
抗がん剤は出来ればやりたくありませんが、私は4年も癌を放置している状態です。
今は出ていませんが、遠隔転移が心配です。
抗がん剤は私のタイプでは効果があまり期待できないのでやらなくて大丈夫でしょうか?
オンコはやるつもりはありません。
■病名:乳癌
<女性:43歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

しこりが複数あります   [管理番号:7070] 
12月の下旬頃に右胸にしこりのような物があることに気づきました。

いつからあるのか分かりませんが、複数あります。
押すとグニグニしていたり動きます。

痛みがある時やない時があり、生理不順もあるので生理周期と関係あるのかもよく分かりません。

触る度にしこりなのか、骨なのか、乳腺なのか分からず、乳ガンではないかと不安でたまりません。

首のすじに違和感もあります。

もしリンパに転移している場合どんな症状がありますか??
未婚で出産経験もありません。
年齢的にも乳ガンの可能が高いでしょうか??
数年前に健康診断のオプションで乳腺エコーしましたが、のう胞あるが再検査必要なしでした。
それ以降はしていません。

1年前に別件で胸部のCTとMRIをしましたが乳ガンに関しては何も言われませんでした。

その頃はしこりに気づいてもいませんでしたが。

心臓の検査で乳ガンが分かったりすることはないのですか??
■症状:右胸に複数のしこり 痛い時や痛くない時がある
<女性:35歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳菅癌 CT検査について   [管理番号:7069] 
11月上旬より左乳頭より赤褐色の分泌物があり、乳腺外科受診しエコー、マンモ、針生検をしました。

その結果、DICSとの診断をうけました。

手術は田澤先生が以前勤務されていた東北○○病院にお願いしようと思い、そこで術前検査でCT検査を行ったところ、「副腎腺腫の疑いあり」ということで、内科を受診するよう指示があり、来週内科受診予定です。

私は長期透析をしており(18年)その影響でMRIは造影剤等リスクがあると取っておりません。

こちらで初期の癌では遠隔転移の可能性は低いと読み、転移の可能性は低いのかなとは思っているのですが、浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?

また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?

乳がんと告知を受け、全摘でとっておしまいと思っていたので他の病気もみつかり、
透析もしているため、今はとても動揺しています。

内科でどのような検査が行われるのか分かりませんが、乳がんからくる転移だったらなど不安な毎日です。

副腎や透析は乳がんとは直接は関係ないかもしれませんが、手術をたくさんこなされてる田澤先生に乳がん治療の観点からご意見を伺いたく思いきってメールしました。
■病名:非浸潤性乳菅癌
■症状:乳頭分泌
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤とにんようせいについて   [管理番号:7068] 
左乳癌で11月半ばに全摘手術を受けました。
病理結果、
浸潤性乳管癌+粘液癌混合、浸潤癌範囲は2.9×2.4×1.7、乳管内病変を含めた範囲は5.5×3.5、リンパ転移無し、her2陰性、ホルモン受容体強陽性、核グレード2/3、癌細胞増殖活性50%、ルミナルbタイプ、ステージ2Aとのこと。
今、遺伝子検査に出しています。
2月半ばに結果が出ます。

1 ホルモン療法(10年と言われています)
前に抗がん剤を強く進めりられています。

活性度が高いためとのことですが、やはり必要でしょうか。

2 未婚ですが、可能なら卵子凍結しておきたいのですが、医師はかなり否定的です。

年齢と排卵のためホルモンが高まるので、
リスクもあると言うことですが、諦めた方がいいのでしょうか。
そんなに変わるのでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。