乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7069]
性別:女性
年齢:37歳
病名:非浸潤性乳菅癌
症状:乳頭分泌

はじめて質問させていただきます。

11月上旬より左乳頭より赤褐色の分泌物があり、乳腺外科受診しエコー、マンモ、針生検をしました。

その結果、DICSとの診断をうけました。

手術は田澤先生が以前勤務されていた東北○○病院にお願いしようと思い、そこで術前検査でCT検査を行ったところ、「副腎腺腫の疑いあり」ということで、内科を受診するよう指示があり、来週内科受診予定です。

私は長期透析をしており(18年)その影響でMRIは造影剤等リスクがあると取っておりません。

こちらで初期の癌では遠隔転移の可能性は低いと読み、転移の可能性は低いのかなとは思っているのですが、浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?

また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?

乳がんと告知を受け、全摘でとっておしまいと思っていたので他の病気もみつかり、
透析もしているため、今はとても動揺しています。

内科でどのような検査が行われるのか分かりませんが、乳がんからくる転移だったらなど不安な毎日です。

副腎や透析は乳がんとは直接は関係ないかもしれませんが、手術をたくさんこなされてる田澤先生に乳がん治療の観点からご意見を伺いたく思いきってメールしました。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

要点だけ羅列します。

1.術前診断DCISで遠隔転移の可能性は「限りなくゼロ」です。 無論CTは(そもそも)不要でした。
2.たまたま見つかった副腎腺腫は機能性腫瘍(原発性アルドステロン症、クッシングや褐色細胞腫など)なのか血中ホルモン検査をすることになるでしょう。
  ただし、(乳癌の副腎転移はもの凄---く稀なので)特に早期である質問者では10000000%ありえません。

「浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?」
→ありません。
 ご安心を。

「また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?」
→万が一、上記「機能性腫瘍」だった場合には、その治療が優先する可能性はあります。(薬物療法もしくは、副腎摘出など)

「乳がんからくる転移だったらなど不安」
→それは絶対にありません。
 ご安心を。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。