乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7069]
性別:女性
年齢:37歳
病名:非浸潤性乳菅癌
症状:乳頭分泌

はじめて質問させていただきます。

11月上旬より左乳頭より赤褐色の分泌物があり、乳腺外科受診しエコー、マンモ、針生検をしました。

その結果、DICSとの診断をうけました。

手術は田澤先生が以前勤務されていた東北○○病院にお願いしようと思い、そこで術前検査でCT検査を行ったところ、「副腎腺腫の疑いあり」ということで、内科を受診するよう指示があり、来週内科受診予定です。

私は長期透析をしており(18年)その影響でMRIは造影剤等リスクがあると取っておりません。

こちらで初期の癌では遠隔転移の可能性は低いと読み、転移の可能性は低いのかなとは思っているのですが、浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?

また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?

乳がんと告知を受け、全摘でとっておしまいと思っていたので他の病気もみつかり、
透析もしているため、今はとても動揺しています。

内科でどのような検査が行われるのか分かりませんが、乳がんからくる転移だったらなど不安な毎日です。

副腎や透析は乳がんとは直接は関係ないかもしれませんが、手術をたくさんこなされてる田澤先生に乳がん治療の観点からご意見を伺いたく思いきってメールしました。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

要点だけ羅列します。

1.術前診断DCISで遠隔転移の可能性は「限りなくゼロ」です。 無論CTは(そもそも)不要でした。
2.たまたま見つかった副腎腺腫は機能性腫瘍(原発性アルドステロン症、クッシングや褐色細胞腫など)なのか血中ホルモン検査をすることになるでしょう。
  ただし、(乳癌の副腎転移はもの凄---く稀なので)特に早期である質問者では10000000%ありえません。

「浸潤性だった場合は転移もあり得るのでしょうか?」
→ありません。
 ご安心を。

「また、副腎腺腫が乳がんの手術や術後のホルモン治療になった場合に影響を与えるのでしょうか?」
→万が一、上記「機能性腫瘍」だった場合には、その治療が優先する可能性はあります。(薬物療法もしくは、副腎摘出など)

「乳がんからくる転移だったらなど不安」
→それは絶対にありません。
 ご安心を。

 
 

 

質問者様から 【質問2 非浸潤性乳菅癌 ホルモン治療について】

性別:女性
年齢:37歳
病名:
症状:手術をしたのでありません

田澤先生、こんにちは。

以前に非浸潤性乳管癌CT検査について質問させていただいた者です。

その時に質問させていただいた副腎腺腫は非機能性のものだと分かり、無事に乳がんの手術をおえました。

本日、術後の病理検査の結果がでて、また疑問に思うところがありまして、是非先生のご意見をうかがえればと思いメールさせていただきます。

「術前」DCIS
「術式」左乳房切除+センチネルリンパ節生検(転移なし)
「術後」DCIS(センチネルリンパ節で採取した細胞に「独立性がん細胞)0.2㎜以下あるいは細胞200個!?が見つかったということでした。

微小なので、病理上では左浸潤癌として扱うが、浸潤していたところがあったかもしれないこと、健側の予防のために「タモキシフェン」を5年~10年服用を勧められました。

そこで質問です。

①病理結果がDCISでも「独立性がん細胞」
が見つかったからには、予防としてホルモン療法はした方がいいのか。

(以前に健側からも分泌物が出たことがあり、その時は乳管内乳頭腫の診断あり)

②タモキシフェンの副作用が心配
透析をしているので、他の薬との影響やシャント閉塞(血栓)が心配。

(以前に婦人科の治療でホルモン剤を服用した際にシャント閉塞した過去があります)
副作用の頻度や度合いは人それぞれかとは思いますが、先生がみてきてどれくらいの副作用があったのが教えていただきたいです。

③服用しなかった場合の発生率はどれくらいですか?

④微小とは言え、独立性がん細胞が見つかったら全摘をしても根治ではないのでしょうか。

以上について、田澤先生のご意見をお聞かせいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「①病理結果がDCISでも「独立性がん細胞」が見つかったからには、予防としてホルモン療法はした方がいいのか。」
→私なら、絶対にしません。

「先生がみてきてどれくらいの副作用があったのが教えていただきたいです。」
→それに悩むくらいなら…
 なおさら、タモキシフェンすべきではありません。

「③服用しなかった場合の発生率はどれくらいですか?」
→再発率のことですか?
 限りなく、ゼロです。

「④微小とは言え、独立性がん細胞が見つかったら全摘をしても根治ではないのでしょうか。」
→限りなく、根治です。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

ホルモン治療について
性別:女性
年齢:37歳
病名:非浸潤性乳菅癌 
症状:手術をしたのでありません

田澤先生こんにちは。

また質問させてください。

前回と重複してしまうかもしれませんが、
主治医の発言で不安になってしまい、迷い
や疑問が生じてしまった為、またよろしく
お願いします。

非浸潤性乳菅癌と術後の病理結果で診断さ
れたのですが、主治医の先生はセンチネル
リンパ節で「独立性がん細胞」0.2㎜があ
ったので、根治ではない、浸潤してる可能
性もあるためと、健側の予防の為にとホル
モン治療を強く勧めます。

タモキシフェン20㎎です。

しかし、私は持病があって他の薬を服用し
ていることと、子宮筋腫もあり副作用を考
えて効果と副作用のバランスからもホルモ
ン治療はせずに、定期的な検診でお願いし
たいと思っています。

そのように主治医に伝えたところ、「遠隔
転移の可能性がある」「服用することで健
側の癌の発生率を半分の確率に抑える事が
できる」という点でホルモン治療を勧めら
れており、来月の受診までに返答しなくて
はなりません。

そこで何点が質問させてください。

①「独立性がん細胞」が見つかったら、や
はり遠隔転移の可能性はあるのでしょう
か?
また、それはどれくらいの確率なのでしょ
うか。

②「独立性がん細胞」というのは転移とは
違うと説明がありました。

そこから乳癌になる可能性はあるのでしょ
うか?

③先生が手術した患者さんもこのように
「独立性がん細胞」が見つかる事はどれく
らいの頻度でありますか?

④健側の予防の為にとも言われてますが、
患側と同じくホルモンが効くタイプなのか
は分からないですよね。

⑤服用することで再発率を抑えられるので
しょうか。

前回と質問が重複して申し訳ありません
が、「独立性がん細胞」についてあまり理
解ができていないため、それとホルモン治
療との関係性がわからずに答えを出しきれ
ずに迷っています。

お忙しいところ恐縮ですが、先生のご経験
からご意見を今一度頂戴できればと思いま
す。

よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

申し訳ありませんが…
質問がほぼ全て重複しています。

要点だけ、再度記載します。(もう同じ質問はしないように「切に」願います。

1.孤立性リンパ節転移は予後に影響ない。
2.ほぼ根治
3.ホルモン療法は私は「絶対に」しない

★『このQandAはあくまでも「私の見解」を回答する場であり、「私の主治医はどうして、このように言うのでしょう?」ということを私に求める(想像させる)場ではないのです。 (それは、その主治医に聞きましょう)』をよく理解してください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。