乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

乳がんに関するQ&Aを更新しました。

 

HER2陽性について AC療法しなくてよいのですか?   [管理番号:6949] 
10月(中旬)日右側乳癌全摘出手術
病理結果が出て
非浸潤3cmのなかの
浸潤1・1cm
リンパ節転移なし
血管リンパ菅侵襲なし
ホルモン陰性
HER2+3
タキソール+ハーフセチン1週間に一度を12回
その後ハーフセチン単独3週間に一度を14回といわれました。
■病名:右側浸潤乳癌
<女性:51歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

温存手術後の石灰化   [管理番号:6971] 
2013年に右側乳房非浸潤乳管癌0期で温存手術を受けました。

手術後25日間放射線療法も受けております。

年に一度の検診で今まで何も問題なかったのですが、今回6年目の検診で右側乳房手術痕のあたりに石灰化がみられ、来月にMRI検査を受けることになりました。

主治医の話では手術の際は断端検査(ー)でその他問題はありませんでしたので主治医も首をひねっていたくらいです。

毎回MMGと超音波を受けているのですが2013年の発見時も超音波検査では何も発見されず、MMG, MRI,マンモトーム検査で確定し、手術を受けました。

今回も超音波検査では何も発見されず、MMGに石灰化が映っておりました。
そろそろ安心出来るかな…と思っておりましたので石灰化がある・・・と聞いて落ち込んでおります。

こちらのサイトを隅々まで読み、勉強させていただきましたがその中で「キズ痕に起こる無害の石灰化」「術後の修復過程で起こるガンとは無関係な石灰化、異栄養性石灰化」という言葉を発見し、すがる思いでご質問させていただいております。

私の事例にも当てはまる可能性はありますでしょうか?
詳しい資料も写真もなく、お尋ねするのは無理な質問かと思いますが先生のご意見を賜りたく、宜しくお願い致します。
■病名:非浸潤乳管がん(2013年手術時)
■症状:2013年時も現在も自覚症状無し。
<女性:64歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

術後化学療法後の肺転移について   [管理番号:6910] 
術前検査骨シンチ、CT、乳房MRI、心エコーを受けて遠隔転移なしでした。
5月下旬に左胸全摘手術を終え、 TC療法4回後ホルモン療法と言われました。

TC療法3回目辺りから喉、胸のつかえ感がありました。
主治医の先生はおそらく抗がん剤の副作用だろうとの事で、今はつかえ感もきにならなくなりました。
TC療法を9月(上旬)日に4回目を終えて、三週間後にCTで問題なければホルモン療法と言われたのですが、CT検査で肺に何個か1ミリの白いものが気になると言われ、PET検査を受けました。
結果、何も写っておらず、1ミリだから写ってないだけなのか抗がん剤の影響という事もあるので、11月(下旬)日に再度CT検査をします。

術前でのCT検査では問題なかったのにしかも抗がん剤治療中に肺転移するものなのでしょうか?
毎日不安で不安で子供もまだ小さく、これからどうなるのだろうと気が気ではありません。

来月のCT検査も考えるだけで怖くて仕方ありません。

TC療法4回目が終わって、今では脱毛した髪も生え始め、辛い足の浮腫みもだいぶ軽減され、治療頑張り抜いたと思った矢先に肺転移してたらと考えただけで眠れません。

全摘決断して、術前化学療法を勧められてましたが、田澤先生のサイトで、田澤先生のコメントを拝見してましたので、手術先行で全摘の気持ちが強い事を主治医の先生に伝えました。

術後4ヶ月、抗がん剤治療中に転移するものでしょうか?
納得がいかず毎日気が気でなく、田澤先生のご意見をお聞きしたいと思い質問させて頂きました。
■病名:乳がん
■症状:術後化学療法後、症状なし
<女性:45歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

脇の違和感   [管理番号:6970] 
数週間前から左脇に違和感があります。

最初は腕を上げた時に腕~脇にかけて違和感を覚え、今は脇に何かを挟んだような感覚がずっと続いています。

違和感なので”この辺に違和感があるような…”という感じで”ここが痛い”という明確な場所はありません。

自分の触診ではしこりは確認できません。

ただ脇が少し腫れている気がします。
<女性:26歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。

 

乳癌発覚後のリンパの痛み   [管理番号:6969] 
健診のマンモで要検査となり、乳癌クリニックにてエコー(触診なし)、針生検の結果、右乳房右下、浸潤性乳管癌、浸潤径1センチ、グレード1、ER+、PR+/-、HER2陰性、Ki67低、と10月中旬診断されました。
リンパへの転移はないだろうとの所見でした。

手術のため提携の大きい病院に移り、マンモ、エコー、MRI検査をしました。
クリニックとこれらの検査データから遠隔転移はほぼない、この癌ではリンパ転移の可能性は少ない、癌の顔つきから4個以上ある可能性はあまり考えられない、との担当医の診断でした。

質問は、乳癌発覚後、癌側乳房に鈍痛が続いており、時々ピリッと電気が流れるような痛みやズキンとする痛みがあり、癌から続く同側リンパ節が腫れていて、ある部分に圧痛があり(皮は摘まんでも痛くはなく、
米粒程のしこりのようなものを感じる)右上腕にだるさや違和感を感じます。
クリニックでの検査の時も伝えたのですが、健診のマンモの時に(右側と脇の下が酷く痛かったので)、どこか炎症をおこしたのかもしれないとの事でした。
この痛みの現状について、担当医に伝えた所、痛みについては問題視していません。

毎日自分で軽く揉んで、痛みを散らしているのが現状です。

手術の日は決まっています。
この痛みの原因がわからないまま手術の日を迎えることが不安で仕方がありません。
この癌側乳房の痛みとリンパ節の腫れや圧痛は何なのでしょうか?
また、このまま手術をして大丈夫でしょうか。
■病名:乳癌
<女性:59歳>

⇒ 更新内容はこちらをクリックしてください。