Site Overlay

HER2陽性について AC療法しなくてよいのですか?

[管理番号:6949]
性別:女性
年齢:51歳
病名:右側浸潤乳癌
症状:

10月(中旬)日右側乳癌全摘出手術
病理結果が出て
非浸潤3cmのなかの
浸潤1・1cm
リンパ節転移なし
血管リンパ菅侵襲なし
ホルモン陰性
HER2+3
タキソール+ハーフセチン1週間に一度を12回
その後ハーフセチン単独3週間に一度を14回といわれました。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

早期乳癌ですね。
担当医の方針に(私も)大賛成です。

「非アンスラサイクリン」レジメンが適切です。

 
 

 

質問者様から 【質問2 HER2陽性について AC療法しなくてよいのですか?】

性別:女性
年齢:51歳
病名:右側浸潤乳癌
症状:

先日は返答ありがとうございました。
心配症で主治医に何度もAC療法しなくてよいか聞いてしまいましたが田澤先生の回答も主治医と同じで安心しました。
病院によってはAC療法もするところがあると言ってましたが主治医は再発低リスクなんで有毒性のあるAC療法はできればしないほうが良いとの意見です。
ホルモン陰性でホルモン剤が効かないタイプなんで治療も一年間で終わ
ってしまうのが怖くて仕方ありません。
再発率とかは確率的にどのくらいですか?
浸潤径1・1cm
リンパ節転移なし
リンパ菅脈菅侵襲なし
ホルモン陰性
HER2+3

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「再発率とかは確率的にどのくらいですか?」
→早期だから10%以下なのは間違いありません。(HER2タイプは抗HER2療法の登場により全てのサブタイプの中で最も予後が良いと思います)

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
5+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up