乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6971]
性別:女性
年齢:64歳
病名:非浸潤乳管がん(2013年手術時)
症状:2013年時も現在も自覚症状無し。

2013年に右側乳房非浸潤乳管癌0期で温存手術を受けました。

手術後25日間放射線療法も受けております。

年に一度の検診で今まで何も問題なかったのですが、今回6年目の検診で右側乳房手術痕のあたりに石灰化がみられ、来月にMRI検査を受けることになりました。

主治医の話では手術の際は断端検査(ー)でその他問題はありませんでしたので主治医も首をひねっていたくらいです。

毎回MMGと超音波を受けているのですが2013年の発見時も超音波検査では何も発見されず、MMG, MRI,マンモトーム検査で確定し、手術を受けました。

今回も超音波検査では何も発見されず、MMGに石灰化が映っておりました。
そろそろ安心出来るかな…と思っておりましたので石灰化がある・・・と聞いて落ち込んでおります。

こちらのサイトを隅々まで読み、勉強させていただきましたがその中で「キズ痕に起こる無害の石灰化」「術後の修復過程で起こるガンとは無関係な石灰化、異栄養性石灰化」という言葉を発見し、すがる思いでご質問させていただいております。

私の事例にも当てはまる可能性はありますでしょうか?
詳しい資料も写真もなく、お尋ねするのは無理な質問かと思いますが先生のご意見を賜りたく、宜しくお願い致します。

 

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「「キズ痕に起こる無害の石灰化」「術後の修復過程で起こるガンとは無関係な石灰化、異栄養性石灰化」
→普通は、そう考えます。

「主治医も首をひねっていたくらい」とありますが、異栄養性石灰化は、(粗大に成長するまでは)「pleomorphic多形性=怪しげ」に見えるのです。

「来月にMRI検査を受けることになりました。」
→全く無駄な検査。
 ST-MMTすれば100%確定診断となります。(診断目的でMRIを撮影することはナンセンス)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。